純愛・青春

純愛・青春
大学3年次のサークルの夏合宿の話を記憶を頼りにまとめてみる。 すでにほろ酔い気分なので誤字脱字は気にしないで欲しい。 俺は1学年下の沙希が入部当初から気になっていた。 沙希のサバサバした性格と物怖じしない態度がサークル内でも評価が分かれるこ ...

純愛・青春

純愛・青春
4泊5日の修学旅行、1泊目の夜、部屋の仲間数人と喋っているうちに消灯時間。 俺の部屋の仲間はまじめな奴ばかりなので、明かりを消してボソボソと話をしていると、生活指導の体育教師が合鍵を使って入ってきた。 「ごめんな、ちょっと調べるぞ」と明かり ...

純愛・青春

純愛・青春
小学校5、6年の頃、仲のいい女の子が妙にベタベタしてきたり、エッチな質問してきたりしてきた。 まあ性に目覚めた頃だったんだろうと思う。 男子のほうも、同級生女子の生えかけの脇毛に興奮したり、体育の着替えの時に「あいつの乳首はデカい」などと騒 ...

純愛・青春

純愛・青春
高3の時に女の先生(27歳)のことが好きで告白した。 美人なのに真面目すぎて少し冷たい感じがするけど、生徒の間では結構人気者だった。 元々告白なんてする気は無かったけど、たまたま休日に街でばったり会って少し会話して、2人きりだったし、チャン ...

純愛・青春

純愛・青春
俺の嫁さんは元ヤンキーで、高校に入学してすぐ辞めちゃってからフリーターしてた。 そのバイト先の客だった俺は、初めて見かけた時にあまりにも可愛い顔立ちにイチコロで惚れちゃった。 次の日から毎日通って、さりげなく話しかけたりして1週間後に普通に ...

純愛・青春

純愛・青春
僕はある財閥系企業に勤めている。 入社以来、仕事ばかり馬車馬のようにこなしていたら実績が認められて、56歳で取締役にされてしまった。 僕は本当に仕事以外取り柄が無い。 会社に個室とパソコンが与えられたが、慣れたもので仕事なんか定時以内に終わ ...

純愛・青春

純愛・青春
土曜日にお茶の水に行った。 良く晴れて、風が気持ち良い天気の一日だった。 月曜の朝は金環日食だ。 このまま晴れてくれると良いなぁ。 得意先の人達と打ち合わせをして、その後、皆でハシゴして、俺の馴染みのママのクラブで、カラオケ会になった。 楽 ...

純愛・青春

純愛・青春
僕は失恋をした。 大好きな彼女に大切な人ができたらしい。 初めての失恋で、辛くて辛くて、その時は締め切りも近くてすごく追い詰められていた。 僕はPCに向かう仕事の合間に、あるチャットの失恋部屋に行くようになった。 みんな仮想現実だからいい人 ...

純愛・青春

純愛・青春
俺には二人の幼馴染がいた。 一人はイケメンの真人で、もう一人は美少女の真希。 幼稚園の頃からずっと一緒で、俺が中学になり柔道を始めるまではよくツルんでた。 真人はサッカー部で、真希はマネージャーをやってたから二人はいつも一緒だった。 中学生 ...

純愛・青春

純愛・青春
<スペック> 女子大生(20歳) 地方雑誌のモデルしてた。 168cm、52kg。 サトエリに似てるって言われる。 中学生ぐらいの時から地方のファッションショーとか出てて、その頃から既に高飛車だった。 そのおかげで周りからいじめられてた。 ...

純愛・青春

純愛・青春
小学生の頃、いつも一緒に遊んでた男がいた。 そいつは俺より年上で、俺と同級生になる妹『M』がいた。 男とは中学、高校と上がっていくうちに近所以外の付き合いもあって次第になんとなく疎遠になった。 しかしMとは同級生だし、周りにからかわれない程 ...

純愛・青春

純愛・青春
私は小学校の高学年頃から、近所の大人たちから、「色白で可愛い」とよく言われるようになり、中学生になると、何人もの男子生徒から告白されるようになりました。 若い頃にモデルをしていたことのある母親に容姿が似たせいかもしれません。 胸も人並み以上 ...