貧乏だった同級生の毛糸のパンツと黒タイツ

純愛・青春

子供の時の思い出です。
たぶんどの学校のクラスに1人か2人はいますね、貧乏な家の子。
小6の時、S子ちゃんがそれでした。
小さな工場を潰して夜逃げした両親に代わり、おばあちゃんと弟と暮らしていました。
使われなくなったバラックのような自治会館から通学していました。
無口で成績も悪く、友達もいないようでしたが、平和な田舎町なのでひどいイジメとかはなかったです。

S子ちゃんは古ぼけたピンクのジャンパーに小豆色のスカート、左右の長さが違う靴下、いつもこの格好でした。
たまに1日中、体操服とブルマー(冬でも)の日がありました。
たぶん洗濯の日だったのでしょうね。
休み時間はいつも1人で壁にもたれてしゃがみ込んでいました。
僕はスカートの中の紺色か赤(この2種類のみ)の毛糸のパンツを盗み見るのが密かな楽しみでした。
だからブルマの日は残念でした。
たまに毛糸のパンツからはみ出している白い生パンを思い出して、家で覚えたてのオナニーに耽っていました。
エロ本をオカズにするよりも、S子ちゃんのパンチラを想像してする方が、激しく射精するような気がして、彼女の貧乏臭いスカートを捲ったり、(毛糸のパンツに手を入れたい・・・)と、そんな事を考えるようになりました。

秋の席変えでS子ちゃんの隣りになりました。
近くで見ると彼女の服は想像以上にボロでした。
僕が話しかけると友達のいないS子ちゃんは最初、少し驚いた様子でした。
でも、すぐ嬉しそうにしゃべりだしました。
小さい声でしたが意外とテンポよく話す表情は、地味だけどやさしそうな顔をしていました。
小豆色のボロスカートから見える太ももがとても白くて柔らかそうに見えました。

すっかり仲良くなった僕らは休み時間中、ずっとおしゃべりをするようになりました。
S子ちゃんは足を開いたまま僕の方を向いて夢中でおしゃべりをしてきます。
毛糸のパンツも毛玉だらけのボロな物でしたが、僕はS子ちゃんに気付かれないように盗み見るのがとても楽しみになりました。

ある日の休み時間、いつものような小豆色のスカートを盗み見すると、ピンク色の毛糸のパンツが見えました。
紺色と赤しか持ってないと思っていたのでちょっと驚きました。
でも、とても新品には見えず、しかも少し大きめな感じがしました。
さすがにS子ちゃんは僕の視線に気づき、「えっち~」と足を閉じました。
そして顔を赤らめて、「見てもしょうがないでしょ?」とかなり恥ずかしそうに笑い、俯きました。

僕「いや、可愛いね、ピンク。また見せて」

S子「ばか」

僕「でも少し大きいね」

S子「・・・うん。お姉ちゃんのお下がり。うち貧乏だから・・・」

彼女にお姉さんがいるのを初めて知りました。
聞けば、両親側で暮らしているそうです。

田舎だったので、小学生の男女が2人きりで下校するなど恥ずかしくてできませんでしたが、帰り道が途中まで同じだったので、ある小さな神社で待ち合わせをするようになったのです。
缶ジュースを1本だけとお菓子を少し持ち、社の縁側に座り、薄暗くなるまでおしゃべりをして過ごしました。
本当は2本買う程度のお金はありましたが、S子ちゃんと間接キスをしたくて、わざと1本だけ持っていったのです。
最初は嫌がるかなと思いましたが、S子ちゃんは「美味しいね」と嬉しそうに飲みました。
1本のジュースを2人で飲む行為が、なんか大人のカップルのようでドキドキしていました。
そして僕はS子ちゃんに激しい妄想を抱くようになっていったのです。

僕は左手に手術の縫い傷があるのですが、ある日S子ちゃんが、「痛くないの?触っても平気?」と聞いてきました。
僕が、「ウン、平気だよ」と言うと、彼女はそっと触ってきました。
S子ちゃんの手はとても冷たく感じました。

「私もね、お腹に縫い傷があるの。全然消えないんだ」

そう言いながら、僕の左手の傷を擦ったり撫でたりしました。
僕はドキドキしながら、「お腹に?見てもいい?」と聞くと、S子ちゃんは顔を赤らめて、「えっ?今ここで?」と無言になりました。

「寒いね」

そう言いながらS子ちゃんの身体に寄り添うと、彼女はとても恥ずかしそうに・・・。

「うん。W君なら・・・見せてもいいよ。でも恥ずかしいから、絶対に秘密だよ」

そう言うと、薄汚れた小豆色のスカートを自分で捲り上げたのです。
お姉さんのお下がりの毛糸のパンツが僕の目の前に至近距離で現れた瞬間、ビリビリと衝撃が走りました。
S子ちゃんはピンクの毛糸のパンツを太ももまで下げました。
白だと思っていたS子ちゃんのパンティは水玉模様でした。
何度も洗濯したらしく、模様は色褪せて、あそこの部分は少し黄ばんでいました。
僕はパンティの黄ばみには気が付かないフリをしようと決めました。
しかし太ももまで下げた毛糸のパンツ、やはりボロっちいパンティ、S子ちゃんの白い足とお腹に僕は興奮してしまい、ズボンの中ではチンコがカチンカチンに硬くなっていました。

「恥ずかしいな」

そう言いながら、なんとS子ちゃんはパンティも少し下げたのです。
病気なのか怪我なのかわかりませんが、S子ちゃんのおへその少し下に、10センチくらいの縫い傷がありました。
白いお腹にピンク色の傷がとても目立っていました。

「触ってもいい?」

S子ちゃんはコクンと頷き、僕から目を逸らしました。
指で傷口をドキドキしながらなぞりました。

「今でもね、寒くなると少し痛いの」

S子ちゃんが言うので、僕は手のひらで傷の部分を触り、「こうすると暖かいだろ?」と言いながら指をパンティの中に入れました。

「うん・・・あったかい」

S子ちゃんは僕の左手の傷を擦り、僕はS子ちゃんのお腹の傷に手を当て(指はしっかりパンティに入れ)、しばらく無言でいました。
僕が指をパンティの奥へ少し入れるとS子ちゃんは太ももをキュっと締めて身体を固くしました。

「そろそろ帰ろうよ」

頷くS子ちゃん。
僕は彼女の毛糸のパンツを上げてやりました。

「W君、やさしいんだね」

薄暗い神社の石段を手を繋ぎながら下りました。
家に帰るとS子ちゃんのボロっちい下着や、柔らかいお腹の感触を思い出しながら激しくオナニーをしました。
地味で貧乏臭いS子ちゃんの薄汚い洋服、毛玉だらけの毛糸のパンツ、そして洗いすぎで色褪せたクロッチの黄ばんだシミ付きパンティ・・・。
それらに僕は異常な興味を持ちはじめていました。

それから神社でのデートではS子ちゃんが僕の腕の傷をなぞり、僕がパンツに手を入れて彼女お腹の傷を触り、おしゃべりをするのが楽しみになりました。
借金取りに追われて家族がバラバラになったこと。
お姉さんが高2で中退して靴の工場で働くようになったこと。
洋服はもちろん、パンティやスリップもお姉さんのお下がりで、何年も新品を買ってもらってないことなどをS子ちゃんはなんでも話してくれました。

「今日はウチ、誰もいないんだ」

S子ちゃんがそう言ってきました。
両親の所へおばあちゃんと弟が泊りに行くみたいな内容でしたが、僕には『ウチに来ない?』と言っているように聞こえました。
僕はひどく興奮して、S子ちゃんの下着類を見たり、もっとエッチなことがあるかもと妄想状態に。

「へえ、じゃあ帰りに寄っていい?神社は寒いし」

平然を装いましたが、心臓は激しく高鳴ってました。

「うん、来て来て」

顔を赤らめながらS子ちゃんは嬉しそうに言いました。
すでに僕はS子ちゃんを好きになっていましたが、それ以上に彼女の貧しさ、洋服や下着などの薄汚さに執着していたのです。

やはりクラスのみんなに知られたくないので、S子ちゃんが先に帰り、僕が後から行くことにしました。
使われなくなった自治会館は古く、戦争映画に出てくる病院のようです。
なぜかS子ちゃんは裏口から出てきて僕を家に招き入れました。
借金取りが来た時、玄関をクギ止めしたそうです。
S子ちゃんは、『◯◯学園女子ソフトボール部』と刺繍してあるボロっちいジャージで、「これもね、お下がりなんだ」と言いながらタンスから小銭を集めていました。
そして、「ジュース買ってくる」と言って、チャリンコで出かけました。
古くてオンボロの部屋でしたが、キチンと片付いてスッキリしていました。
僕は先程からタンスの下の方の引き出しが気になっていました。

(あの中にS子ちゃんの下着が・・・)

妄想が加速しました。
僕は家に誰もいないことをもう一度確認すると、タンスの引き出しに手をかけました。
一番下はやはりボロっちい弟の服などでした。
下から2段目を引くとS子ちゃんの下着類が現れ、胸が高鳴りました。
体操服とブルマ、毛糸のパンツ、スリップとパンティが4枚。
そして、なぜか黒いタイツがありました。
パンティはどれも穿き古したもので、白地に地味なプリントがしてあり、花柄や水玉模様は色褪せていました。

(いけないことをしてる。僕は変態だ)

そう思いながらスリップやブルマも手に取り、感触を楽しみました。
あわよくば盗もうとも思いましたが、あまりにも数が少ないのでやめました。

やがてコーラとお菓子を持ってS子ちゃんが帰ってきました。
何事もなかったように僕が、「おかえり、寒いだろ?」と言うと、S子ちゃんは横にピタっと座り寄り添ってきました。
僕らは抱き合って不馴れなキスをしました。
すぐに唇を離すと、S子ちゃんの口から涎が少し垂れていました。
またすぐにキスをして、僕はS子ちゃんの涎を吸いました。
S子ちゃんは嬉しそうな、泣き出しそうな、なんとも言えない表情で・・・。

S子「W君、涎・・・舐めたら汚いよ」

僕「S子ちゃんのなら平気」

S子「ばか・・・。好き」

小学生のぎこちないキスでした。
僕の下腹部は痛くなるくらい勃起していました。
ジャージを脱がそうとしても、S子ちゃんは何も抵抗しませんでした。
スリップと毛糸のパンツ姿の彼女に激しく興奮し、抱きついて何度もキスをしました。
ブラをするほどではありませんが、S子ちゃんの少し膨らんだおっぱいが自分の胸に柔らかく感じとれました。
僕は射精してしまいました。
僕がズボンの前を押さえて「うう!」とうずくまると・・・。

S子「どうしたの?お腹痛い?平気?」

僕「うん・・・ちょっとね。なんともないよ」

S子「出ちゃったの?」

僕「えっ?」

僕はS子ちゃんが射精を知っていることに驚いたのです。
考えてみれば高校生のお姉さんがいるのです。
その手の本が家にたくさんあって、S子ちゃんも盗み見ていたそうです。
S子ちゃんは恥ずかしそうに言いました。

S子「あたしもね、エッチなこと考えるとパンツが濡れるよ」

僕「うん・・・。そうらしいね女の子は」

僕は射精したことが恥ずかしくてS子ちゃんの顔が見れませんでした。
2人で照れ笑いをしながら、また抱き合ってキスをしました。

S子「中学に行っても仲良くして」

僕「うん・・・」

帰り際、S子ちゃんはスリップ姿のまま、裏口でキスをしてくれました。

S子「中学に行ったら毎日チュウして」

オンボロの家の出口で薄汚い下着姿でニコニコしているS子ちゃんが愛しくてたまりませんでした。

僕はクラスメイトにS子ちゃんとの関係がバレなければいいなと思っていました。
髪型の乱れたコケシのような地味な顔、薄汚い洋服、ビリに近い成績。
何ひとつパッとしない彼女と仲良くしていることを知られたくありませんでした。
なのに僕は、無抵抗なのをいいことにS子ちゃんにいやらしい行為を続ける自分がたまらなく嫌でした。
しかし2人きりでおしゃべりをしたりすると、必ずと言っていいほどキスをしたり、毛糸のパンツの中に手を入れたりしていました。
S子ちゃんもそれを待っているかのようでした。
僕にスカートを捲られても抵抗もせず、真っ赤な顔でされるがままでした。

卒業式の日、教室でS子ちゃんを見つけて驚きました。
彼女は新品のセーラー服でした。
運動靴も新品で黒いタイツを穿いていました。
ちょっぴり大人っぽく見えるS子ちゃんに、僕はなんとも言えない淋しさを感じたのです。
後で分かったのですが、生活保護で制服や文房具などが市から支給されたそうです。
新品のセーラー服で小奇麗に見えるS子ちゃんに多少の淋しさを覚えましたが、“黒タイツ”という新たなアイテムに、僕の妄想は膨らみました。

退屈な卒業式を終えると、校庭の外トイレの前でS子ちゃんと話しました。
春休みにどこかへ行こうと。

田舎の無人駅のホームに少し遅れてS子ちゃんがやって来ました。
タイツと新品の運動靴以外はジャンパーに小豆色のスカートといういつものスタイルに、なぜかほっとしました。

(黒タイツの下は・・・)

列車の車内でもそんな事ばかり考えていました。

僕たちは無料で入場できる市営の動物園に行きました。
まあ公園に動物がいるだけって感じのしょぼい所ですが。
園内には高校生はもちろん中学生と思われるカップルも数組いて、僕はなんとなく気楽になりました。
S子ちゃんとの関係が不純に思えていたからです。
デートそのものは新中学生らしく、手を繋いでクマやライオンを見たり、低い観覧車に乗ったりヤキソバを食べたりと平凡ですが楽しく過ごし、S子ちゃんも満足そうでした。
しかし僕の視線はS子ちゃんの黒タイツに集中して、頭の中は青いエロスでいっぱいでした。

僕「タイツ、あったかそうだね」

S子「うん、お姉ちゃんのパクッてきたwあたし、早く中学生になりたかった。制服があれば洋服を気にしなくていいし」

僕は胸が詰まりました。

S子「貧乏って私のせいじゃないよね?」

僕は頷きました。

S子「お金持ちにね、なりたいわけじゃないけど・・・せめて・・・」

しばらく2人とも無言のままベンチに座って遠くを見ていました。
貧乏って子供のせいじゃないんだよなと僕は納得していました。
気分を直そうと、「帰り、ウチに寄ってく?」と言うと、S子ちゃんは「うん、行きたい」と少し恥ずかしそうに頷きました。
さっきまでの胸の痛みはどこへやら、頭の中がスケベモードに変換されました。

駅から自分の家までがとても長く感じられました。
僕も母親がいないので週末などは、父は外泊、兄もバイクの免許を取ったばかりでやはり外泊と、1人で過ごすことがほとんどでした。
裕福ではありませんが、物置を改造した自分の部屋もあり、淫らなことをする環境は整っていました。

田舎の貧しい中学生同士、慰め合うように抱き合いました。
小豆色のスカートを捲り上げると、S子ちゃんは黒タイツの下に毛糸のパンツを穿いていました。
僕は、なぜかほっとしたのです。
少しずつ大人になるS子ちゃんに多少の淋しさを感じていたのですが、いつもの見慣れた紺色の毛糸のパンツを確認すると安心しました。
パンティもいつものヤツで、やはりオマンコの部分が黄ばんでいました。
オシッコの匂いが僕の鼻を突きました。
パンティの汚れもオマンコの匂いも、僕は例によって気付かないフリをしました。
僕ができる唯一の思いやりでした。

薄っすらですが陰毛も生えており、エロ本で見た通り指を入れたり舐めたりとスケベの限りをしてもS子ちゃんは無抵抗でした。

S子「ふん・・・ふん・・・」

S子ちゃんの鼻息が僕をさらに興奮させました。

童貞VS処女のセックスは激戦でした。

「大丈夫だよ・・・」

そう言いながらも痛がるS子ちゃんが気になったり、ピストン運動がものすごく気持ちよかったり。
でも、S子ちゃんが涙をポロポロとこぼすのを見ると、僕は急いでペニスを抜きました。
その瞬間、激しい快感がキンタマの裏あたりに走り、S子ちゃんのお腹の上に射精しました。

抱き合ったままS子ちゃんは父親について語りはじめました。

「いつも競艇ばっかりで、競艇場の駐車場でずっと待たされるの。風の強い日に最後のレースまで待たされるから、寒いしお腹は減るし。父さん、平気で1人でから揚げを食べながら帰ってくるんだ」

僕は驚きました。

(そんな親もいるんだ、自分は恵まれてるな)

そう思いながら、なぜS子ちゃんがおばあちゃんと暮らしているのかがなんとなくわかりました。

僕は、このみすぼらしい少女の幸せって何だろう?と子供ながらに考えました。
貧しいS子ちゃんにいやらしい行為をし続ける自分、何もしてあげられない自分、色々なことを思うと涙が出てきました。

中学になるとクラスは別になりましたが、放課後などはいつもの神社でおしゃべりをしたり、僕の部屋でラジオやレコードを聴いたりしました。
夏休みに入る頃にはS子ちゃんはブラジャーデビューをして大人っぽくなり、僕の意味不明な淋しさは増していきました。
薄汚れた小豆色のスカートも、いつしか穿かなくなっていました。
普段着はお姉さんのジャージが多くなり、身体もひと回り大きくなったようです。
パンティも布面積の小さい可愛いやつに変わりました。
お姉さんが働くようになり、色々とプレゼントしてくれたそうです。
なんとなく小奇麗になったS子ちゃんは、活発な少女に成長し始めたのです。
僕とのエッチな行為もやんわりと断るようになり、他に友達もできて、秋頃には疎遠になりはじめました。
僕は淋しさの反面、(これで良かったんだ)と自分に言い聞かせていました。

お正月が過ぎてS子ちゃんのおばあさんが亡くなりました。
S子ちゃんは母親に引き取られることになりました。
地味な存在な彼女の転校は学校でもたいした話題にはなりませんでした。
ドラマみたいな感動的なシーンもなく、誰にもサヨナラも言わず、S子ちゃんは転校していきました。
自分の所にはお別れに来てくれるだろうと期待していたのですが・・・。
無人になったS子ちゃんの家の前を通ってみたり、神社へ行ってみてはこの町から彼女がいなくなったことを改めて実感しました。

バレンタインの2日後、S子ちゃんから小さな荷物が届きました。
シワシワの紙袋の中に駄菓子屋で売っている普通のチョコがたくさん入っていて、大学ノートの切れ端にエンピツ書きでこうありました。

『W君、すごくありがとう。たくさん好きです』

すべてが彼女らしく、みすぼらしくて貧しく、それでいて心のこもったプレゼントでした。
僕は東京に出て働くようになり、その後、S子ちゃんがどこで何をしているか、まったく分かりません。
今年で40歳、きっと幸せに暮らしていると思います。
たまに僕のことを思い出してくれてたら嬉しいです。