官能小説を書いてる文学少女に頼まれて

純愛・青春

僕と彼女の亜美ちゃんは、付き合ってもう5年になる。
同じ高校に通っていたんだけど、亜美ちゃんはその頃、なんていうか・・・よく言えば文学少女、悪く言うと暗い感じの女の子だった。
授業はもちろん真面目に聞いていたし、先生にあてられたら、なんでもすらすらと答えていたのを覚えている。
休み時間はほとんど教室で読書したりしていた。

僕はその頃サッカー部で、高校生の頃ってぶっちゃけ、運動部に入っているだけでちょっとモテたりするw
いつも一緒にいるグループは男女混合で、そこそこ可愛い女子もいたし、同じサッカー部の男子が3人くらいいて、そいつらも爽やかなイケメンって感じのやつらだった。
今考えると、あの中で、僕が一番顔面偏差値が低かったかもしれない・・・。

亜美ちゃんのことを、同じグループの女子たちは、「あの子、根暗だよねww」とか言って馬鹿にしていた。
僕もその場では合わせていたけど、正直、勉強ができるのはすごいと思っていたし、(ちゃらちゃらしてる恋愛脳のお前らよりもずっとすごいだろw)って思ってた。

ある夜、宿題をしようとノート類を出していたら、見覚えのないノートがあった。
女の子らしいキャラクターのもので、亜美ちゃんの名前が書いてあった。
僕の高校では、数学の授業をレベルで分けていっている。
よくできる人たちは僕の教室を使っていて、僕はいつもその隣の教室へ移動していた。
おそらく、その数学の授業中に、亜美ちゃんが僕の机に座ることになっていたんだと思う。

翌日返すことにして、少しだけ中を開いて見てみた。

(きっと、びっしりと綺麗な字で書かれた数式とかが並んでいるんだろう・・・)

そう思ったら、並んでいるのは文字ばかり。
不思議に思ってノートの表を確認してみても、教科名を書いていない。

(もしかしたら、何か趣味のノートか?)

そう思って読み進めていってみたら、なんとそれは官能小説だった。
しかも亜美ちゃんが自分で書いているらしい。
そこで、とある部分で何度も何度も消しゴムで消して書き直した跡があるのが気になった。
前後の流れから察するに、たぶん女の子が男にフェラしているシーンなんだと思う。

翌日の放課後、用事があると言って部活を休んだ。
亜美ちゃんにこっそりついて行くと、図書室に着いた。
奥のほうの席に座った亜美ちゃんの隣にそっと腰かけて、ノートに付箋をつけて返した。
付箋には、『ごめん、読んじゃいました。小説書いてるなんてすごいね』って書いた。
亜美ちゃんは僕が差し出したノートを見て、官能小説を書いていたノートだって気づくと、耳まで真っ赤になってメガネの奥の目が一気に涙ぐんでた。

慌てて小声で・・・。

「誰にも言ってないし、言うつもりもないから。小説が書けるの、素直にすごいと思うし」

そう言った。

そしたら亜美ちゃん、無言で僕の手を掴んで、ぐいぐいと別の棟へと引っ張っていった。
そして予備の机や椅子ばかりが置いてある教室に入ると、ガチャンと鍵を締めてしまった。
なんで鍵を締めるんだろうって思っていたら、「ああいうの書いてるの、変だって思わないの?」って。

「思わないよ。だって官能小説家とかもいるし。文章が書けるのはすごいと思うし」

「じゃあ協力してくれませんか?読んだならわかったと思うけど・・・その、私、男の人のあれを見たことがないから・・・上手く描写できないの」

「え?」

まさか、そんなことを頼まれるなんて夢にも思っていなかった。
でも僕が断って、もし他の男子にお願いしたら・・・それはなんか嫌かもしれない。
そう思って、「わかったよ」ってベルトを外してズボンの前を緩めた。
パンツを下ろして机に軽く腰かけると、亜美ちゃんは怖ず怖ずと近づいてきて、じっと観察してきた。
その間にもドキドキして心臓が破裂しようになって、あそこはすぐにガチガチになったw
それがどういう意味か、官能小説を書くくらいだから亜美ちゃんもわかっているはずで。
真っ赤になりながら・・・。

「それって、そうなっちゃうと、ツラいんでしょ?その・・・私でよかったら、してあげようか?」

びっくりしたけど、でもやっぱ、高校生男子だぞ?
そんな申し出を断るはずなんてないww

「じゃ、じゃあ・・・ごめん、お願いしてもいいかな?」

「ん・・・わかった」

亜美ちゃんが僕の方へ近づいてきて、床に膝立ちになって僕の足の間に顔をうずめてきた。
長い髪を耳にかけながら、必死であそこを舐めてくれた。

「初めてだから上手くできるかわからないけど・・・痛いとかあったら言ってね・・・」

赤い舌を出して舐めあげながら、無意識なんだろうけど上目遣いで言われて、可愛くてエロくて、クラクラした。
初めての女の子の柔らかい舌と温かい口の中の感触に、勿体ないからもっと長く味わいたいって思ったのに、呆気なく射精してしまった。
僕のあれが全部精子を出し切るまで、亜美ちゃんは手で優しくしごいてくれた。
袋の裏にまで垂れてしまった精液をきちんと拭ってくれたり、ズボンに飛んでしまったところもハンカチを濡らしてきて拭いてくれた。

「ご、ごめん!こんなことまでさせちゃって・・・」

「ううん、大丈夫。ちゃんと気持ちよくなれた?」

メガネにもかかってしまって、亜美ちゃんはポケットから出したハンカチでそれを拭いながら、恥ずかしそうにそう聞いてきた。
メガネを外した素顔が思いのほか可愛かったのと、なんかすごい気遣いしてくれるのが、女の子らしくていいな~って思った。
思わず勝手に言葉が出ていた。

「ぼ、僕と付き合ってくれ!こういうことしてくれるからとかじゃなくって・・・本が好きなとことか、いいと思うんだ!高校卒業するまで、僕からはエロいことはしないって約束する!で、でも小説の手伝いとかなら、できる範囲で協力するから」

勢いだけで告白したんだけど、亜美ちゃんのあのときのびっくりした顔は、この先ずっと忘れられないと思う。
亜美ちゃんはすぐにOKしてくれて、晴れて付き合うことになった。
翌日、グループのやつに言ったら、みんなすっげ~びっくりしてたよww

成人式に出たあと、亜美ちゃんと2人だけで初めて居酒屋でお酒を飲んだ。

「私たち、付き合う前に、あそこ見たりしちゃったよね」

そんな昔話して、すっごい懐かしくなったから書いてみた。

実はあのあと、亜美ちゃんの真似して僕も官能小説書いてた時期があってさ。

「イメージが湧かないから・・・」とか言って、亜美ちゃんのあそこを見せてもらったこともあったなw

あの頃よりも、ずっと明るくなったし、お洒落にもなったけど・・・亜美ちゃんはやっぱ中身が結構エッチでさww
もう20歳だし、避妊はしっかりしつつ、めちゃくちゃセックスしてますww
正直、たいしたケンカもせずに5年も付き合っているのは、セックスが合うからかな~って気もする。
体だけってわけじゃなくって、普段はそんな雰囲気全然ないのに、セックスが始まった途端にエロいスイッチが入るっていうかww

「亜美の彼氏専用おまんこに、早くオチンチン入れてぇ」とかって、よだれ垂らしながらおねだりしてくるんだよww

まぁ僕が仕込んだんですけどねww

よだれ垂らすとか、エロゲとかAVの中だけのことだろって思うかもしれないけど。
喘ぎまくってたら垂れるっぽいよ。
口開けたまんまだから、よだれは垂れるわ、喉はカラカラになるわで大変らしいww
お互いの部屋のベッドでセックスしたら、枕カバーはびしょびしょになるし、シーツも結構濡れるし。
最初は困ったけど、最近ではラブホを使うとか、そんな余裕がないときにはベッドと枕にバスタオルを敷いてからセックスするようにしてる。
セックスが終わって、気怠い体でバスタオルをはがす作業をしてると、なんか2人して笑っちゃうんだけどさww

高校の同級生には、口が裂けても、こんなこと言えないよなw