スカートから伸びるお袋の足にして

近親相姦

何かとやってくるお袋は、掃除やら飯やら家事をしては帰る。
自分はマザコンではないと思っていた。
毎日、自慰をしていた俺にとって、お袋が来るのは面倒でもあった。
泊っていくと何もできないし。

ある夜、いつものようにお袋が家事に来て、晩飯も終わると酒を飲んだ。
ほろ酔い加減がおかしくさせたのか?
スカートから伸びるお袋の足が気になった。
お袋は何も気付いていない。
そのまま寝ることにして、隣の布団で寝るお袋が聞いてきた。

「彼女いないの?」

「いねーよ」

「そっか・・・そのうち出来るわよ」

お袋は俺の横にある水を飲もうと、寝転ぶ俺の上を通過してコップを取った。
その時、水がこぼれて顔にかかった。

「あっ、ごめん!」

溜まった欲望のスイッチが入り、そのままお袋を抱き寄せた。

「えっ?どーしたの?」

驚くお袋。
パジャマの上から胸に顔を埋めた。

「だめ!やめなさい!ちょっと」

抵抗するお袋。
引きちぎり、白く垂れた胸に吸い付く。

「いやぁ!やめてぇ!」

そのまま押し倒し、口を手で塞ぐ。

「んんん!」

我を忘れた。
お袋を愛撫しまくった。
下に手を入れるとまた抵抗した。
構わず中に入れた。
じっとりと愛液が伝わった。

「感じてんじゃん」

「バカなこと言わないで!いい加減に・・・あっ!」

中に指が入った時、お袋の力が抜けたようだ。
夢中で掻き回した。

「あっあっあっ!やだ!ユウキ!やめ・・・」

俺は強引に中に入れようとした。

「だめぇ!それだけはだめ!親子でしょ?」

力いっぱい中に入れた。

「あああっ!」

レイプのように何度も腰を振った。
最初は泣いていたお袋も感じ始めた。

「あっあっ・・・ん!いい・・・あっあっ」

キスもした。
お袋が俺の頭に手をまわした。
完全に許したと思い、そこからバックで突いた。

「あっあっすごい!・・・ユウキ!あっあっ」

子宮が壊れるくらい力を込めて突いた。

「やだ!イッちゃう!イクイク!」

「出すぞ!」

たぶんお袋が一瞬早くイッた。
俺はお袋の顔を向かせて、顔から口、髪の毛まで精子をかけまくった。
強引にお掃除フェラもさせた。

「ん・・・ん」

終わってから激しい後悔が襲った。

「ごめん・・・」

親としての立場なのか、お袋は怒らなかった。

「どうしてなの?」
「分かんない・・・」

「こんなことして・・・どうするのよ?」
「ごめん」

それしか言えない俺をお袋は抱き締めた。

「でも・・・気持ち良かった・・・」

「・・・うん」

嘘でも救われたと思った。
やっぱり母親なんだと思った。

「ここに来る楽しみが増えたかもね」
「えっ?」

「でも、あんな強引なのはダメ!女の子に嫌われるからね。ちゃんと教えてあげるから」
「・・・あっ、うん」

「はぁ・・・なんか帰りたくなくなっちゃった・・・」
「・・・じゃあ帰らなきゃいい」

子供のぐずりのようだ。

「ふふっ・・・そうね、あと1泊延ばそうか?」

次の日は朝からハメまくった。
お袋は息子である俺の精子を美味そうに飲んでくれる。

「いつも飲んでるのか?」

「バカね、そんなこと気にしてるの?ユウキだけよ」

「また来月来るからね。今度は2泊で来るから・・・今日の下着は置いていくから、しばらくはそれで我慢するのよ」

やっぱり親ってありがたいと思った・・・。