婚活帰りの電車の中で・・・

痴漢

〔体験談投稿者:モコモコ 様〕

今から数年前のことになります。
私は婚活の帰りに1時間近く電車に乗っていました。

その時の私は白いスーツを着ていて、ストッキングでパンプスを履いていました。
私は平均より背が低く、パンプスを履いて立っていても座席より頭が見えないぐらいでした。
私は電車の入口付近で外を眺めていました(体は正面を向いて横目で外を眺めていました)。

すると目の前に中年ぐらいのスーツを着た男性が立ちました。
かなり至近距離だったのですが、電車の中はそんなに混んでいません。

何でだろうと思いながらも特に気にしていませんでしたが、電車で揺れるたびにその男の人が持っているカバンとカバンを握っている手がちょうど私のクリトリス辺りをスーツ越しに円を描くように当たってきました。

最初は揺れて当たっているだけだと思っていたのですが、揺れていない時もクリトリス辺りを撫でてきます。
最終的には親指でクリトリス辺りをスーツ越しにカリカリと引っ掻いてきました。
引っ掻かれるたびに体が跳ねて、「んっ・・・気持ちいい・・・もっと・・・」と小声で言ってしまっていました。

そんな状態が30分以上続いていたので、自分でもわかるくらいグチョグチョに濡れていましたし(実際カリカリと引っ掻かれるたびにクチュクチュといってました)、クリトリスがスーツ越しでも分かるくらいコリコリで少し自分で腰を揺らしていました。

その時、男の人が降りる駅が近づいて来たのか、急に指を挿れようとしてきたので痛かった。
さすがに怖くなったので身をよじって抵抗すると、扉が開くと同時にその男の人は慌てて降りていきました。
もしあのままされるがままだったらどうなっていたんだろう・・・と想像しただけで体の奥が疼いて余計に濡れてしまいました。

数年経った今でも電車に乗るたびにあそこが疼いて濡れてしまいます。

痴漢

Posted by モコモコ