私と彼の「にゃあ」

純愛・青春

そのアパートに引っ越して間もないころ、夕方になると、外から猫の声が聞こえてくることに気付いた。

「にゃ~ん」って感じの可愛い声じゃなく、「にゃあぎにゃあ!」って感じで、子猫の激しい鳴き声か、発情した猫の声?それとも猫同士の喧嘩している声?って感じで耳障りな鳴き声。

ほぼ毎日聞こえてくるけど、少なくとも十匹単位の数に聞こえる割には、近所で猫を見かけたことないし、不思議に思ってた。
住宅地で、車の通りも少ないから、余計に猫の鳴き声が際立った。
その頃、夜勤もある仕事してたから、昼間寝てるときは正直少し迷惑だった。

彼氏が部屋に遊びにきた時に聞いてみたら、「猫の発情期なんじゃないの」と言ってた。

彼「ま、まあ人間は年中発情してるけどね」

と、年下で奥手で大人しい彼氏が私にくっつこうとしてくる。
彼なりに精一杯遠回しにアプローチしてきてるのがわかったけど、あまりエッチが好きじゃない私は、気付いてないふりをしてやり過ごした。

猫の発情期がいつまで続くのか知らないけど、夕方家にいる時はほぼ必ず聞こえるし、姿は見えないのに声だけうるさいのが不思議で、ある日彼氏と一緒に猫を探してみることにした。
猫の正体はすぐわかった。
アパートの近く、生活道路の向こう側は金網があって、さらにその向こうは高校の体育館になってる。
その中から聞こえてくるのは猫の鳴き声じゃなくて、女子剣道部員の“気合い”だった。
その高校は女子剣道部がそこそこ強いとこらしくて、部員もたくさんいた。
窓の向こう、細い声を一生懸命張り上げて、女の子たちが竹刀を振り回してる。

「にゃあ!」
「にゃあにゃあ!」
「にゃあ!みぇーん!めん!」

うるさい。

でも、正体を知ってしまうと、もう猫の声には聞こえなくなってくるから不思議だ。

(なーんだ、そうだったのか、なるほど)と思うと同時に、(・・・ということは、猫の発情期と違って、これがいつまでも続くのかぁ)と思ったら、ちょっとうんざりした。

ふと、サッカー部か陸上部あたりだと思う短パンの男の子と、剣道着の女の子が木陰で寄り添うように立っているのを見つけた。
私と彼氏が金網越しに見ているのに気付くとすぐに走って行ってしまったけど。
走り出す瞬間、繋いでいた手を振りほどいて、胸の前できゅっと握って恥ずかしそうにしてる女の子が可愛かった。

彼「いいなあ・・・」

彼氏がつぶやいた。
私があまりイチャイチャするのが好きじゃないので、彼が少々不満に思っていることは知ってた。
なんだか少し申し訳なく思った。

何年か前、高校生の頃、私も運動部の男子に憧れてる時期があった。
思いは実らなかったけど、あの頃の青春を思い出して急にドキドキしてきた。
外で手を繋いだことは一度もないのに、どちらからともなく手が触れ合って、彼がきゅっと握ってくれて、アパートまで何も言わずゆっくり歩いて帰った。

彼は奥手で、私もドライな方なので、どっちかがエッチを誘うってことはなくて、2人で寝る時に何となく始まるって流れが多かった。
でもその日は何となく、珍しく私から積極的になってみた。
自分が発情してるのがわかった。

発情してる猫なんて居なかったのに、居ないはずの猫に触発されてエッチな気分になってる気がしておかしくて、恥ずかしかったけど、その時は我慢したくなかった。
彼も解ってくれてて、っていうか彼も発情してて、いっぱいキスしながら脱がすのを手伝ってくれた。
脱ぐ前から濡れるってことはあまりないけど、その時はすごく濡れてた。

窓の外から、まだ「にゃあにゃあ」と聞こえてくる中、彼のが入ってきた。
思わず、「ふにゃあ?」と声が出てしまった。
いつもと違う雰囲気の中、彼が調子に乗って初めて、生で入れてきたのがわかったから。
普段はエッチの時、私はあまり声を出さない。
びっくりしたのと、(あ、ゴムありとは感触違うんだ、気持ちいいかも)って感じで、声が出てしまった。

思わず出たその声が、猫みたいだなって自分で思ったらおかしくなって、笑いを堪らえようとしたら変顔になったみたいで、彼もクスッと笑って、「にゃあ」と言った。

彼「もっと『にゃあにゃあ』言ってよ」

腰を動かしながら彼が、そんなこと言ってくる。
声を出すこと自体が私は恥ずかしいのに、でもいつもより興奮してて、頭がぼうっとして何が何だかわからなくなってきた。

私「にゃ、にゃあ?」

小さな声を出しただけなのに、体が熱くなって、見なくても体が真っ赤になってるのがわかった。
興奮って言うより、もうとにかく恥ずかしくて。
淡白なエッチしかしたことないから、「にゃあ」の一言だけで何か変態になってしまった気がして。

でもやっぱり興奮のスイッチにもなったみたいで、いつもよりたくさん濡れてるのがわかった。
出し入れする音がいつもと比べ物にならないくらい水っぽいっていうか、ちゃぷちゃぷしてるのが聞いててわかる。
もう頭の中が真っ白になってきて、外から聞こえる剣道部の声にも乗せられて、私も「にゃあにゃあ」と喘ぎまくった。

終わった後がとにかくもう恥ずかしくて、半分キレかかって彼に、「さっさと帰って!」と言って帰してしまった。
自分はツンデレかも知れないと思った。
でも彼とは、これからはもう少し素直で心地いい関係になれるのかなって嬉しくもなった。

それから、エッチしたい時の合図はお互いに、「にゃあ」の一言だった。
なるべく剣道部の練習の時間に合わせて、気合いの声に喘ぎ声を紛れ込ませた。
我慢しないで「にゃあにゃあ」声を出すようにしたら、ちゃんとイケるようになった。
(恥ずかしさが快感に繋がるって感覚も、変態なのかな?)と気にしつつ、受け入れるようになった。

数年後、彼が亡くなってからアパートでこっそり猫を飼うようになって、彼の名前をつけて可愛がっていたけど、飼ってるのがばれたから実家に預けた。
そしたらしばらくして車に轢かれて死んでしまった。

そして、久しぶりに私を好きって言ってくれる男性が現れて付き合うことになった。
前の彼とタイプがよく似ていて、しょっちゅう思い出してしまう。
猫のことも・・・。
それで目の前で泣いてしまうこともあるけど、まだ理由は秘密にしている。

そして、まだ「にゃあ」も封印している。