締まりの良すぎる彼女にだいしゅきホールドされて

純愛・青春

俺がバーのバンドボーカルをやっていた20代半ば、生涯唯一のモテ期だった。
現在と違い痩せ型だった、背は低くフツメン。
そんな俺でもステージを重ねるたびに女性客が増えてチヤホヤされ始めた。
そんな中、1人の子が積極的にアプローチしてきた。

それが彼女だ。
まだ時代は携帯よりもポケベルが大半の頃、電話番号を書いた女子らしいメモ用紙を手渡してきた彼女に、俺も初めから惚れてしまった。
有名人で例えると森泉っぽい。
背は俺と同じくらいで、高いヒールを履くと彼女の方が高くなる。
艶やかなロングヘアーでセクシーさを併せ持つ可愛い子だ。
年は20歳。
ちなみに俺も彼女も地元民。

初デートのカラオケの帰り、助手席の彼女は、「次、会う約束して下さい」と目を閉じて顔を少し上げた。
キスのおねだりも積極的だ。
ある晩(といっても3度目に会った時)、様子がおかしくヤケにツンツンした態度を続ける助手席の彼女に、ちょっと俺は苛立った。
そのわけは、仕事の都合上、俺のステージを毎回見に来れるわけではない彼女は、他にもファンがいる俺にヤキモチを焼いていた。

「俺、格好つけてっけど、今のバンドやるまでモテたことないし、お前だけだから」

そう言うと彼女の方から抱きついてきた。
舌を絡ませるキスの後、深夜のホテルに車を向けた。
道中、俺の左腕にしがみついて寄りかかるように肩に頭を付ける彼女。
運転しづらいったらないが、愛おしい。
信号に引っ掛かるたびにチュッチュするバカップルになっていた。

ホテルに着くと彼女の手を引いて急ぐように部屋に入った。
実際、朝になれば2人とも仕事だから時間がなかった。
鍵をロックして彼女をベッドの前に立たせた。
抱き締めてキスをすると彼女は微笑んだ。
俺は彼女の服を手早く脱がし始めた。
アウター、トップス、タイトミニ。
まるで親が子供の着替えをさせているように。

彼女「お風呂は?」

首を横に振る俺。

俺「いいよ」

彼女「電気は?」

首を横に振る俺。

俺「いいよ」

俺はわがままモード(変態モード?)だった。
明るい部屋で彼女の全てを見ながら、風呂に入っていな彼女を堪能したかったのだ。
セクシーなコロンの香りもそのままに。

彼女をブラとショーツだけの姿にすると、俺は自分でトランクスだけになった。
再び抱き合い、キスしながら彼女をベッドに横たわらせ、覆い被さるように上になる俺。
2人は高揚し、キスはよりディープになる。
互いの舌を絡め合い、頬裏、歯茎にまで舌を這わせ、唾液も吸い合った。
キスというより口への愛撫だ。

「はぁん」

彼女の漏らす吐息が色っぽい。
目をトロンとした表情もセクシーだ。
俺の顔は彼女の耳、首筋とキスしながら少しずつ下に向かう。
勝負下着であろうフロントホックのビスチェブラは外しやすく、大きくはないが形のいい胸が露出した。
両手で揉み上げ、ソフトに擦り、先端部を軽く摘まんではまたソフトに擦り、揉み上げる。
コリっとなった先端を交互に口に含み、吸ったり舐めたりした。
可愛く喘ぐ彼女。
俺の彼女歴は元カノ2人だけだが、どちらも明るい部屋はNG、濃厚な前戯はNG、しかもマグロでつまらないセックスしか経験がなかった。
俺は、喘ぎ声すら可愛くセクシーな今の彼女にやっと出逢えた喜びに心踊らせていた。
そしてそんな彼女に俺のやりたかったセックスをぶつけていた。

俺は彼女のショーツに手を掛けた。
すると彼女は少し腰を浮かせたので、クロッチに染みの出来ているショーツを一気に脱がせた。
意外に剛毛な彼女。
そのギャップに興奮を覚えた。
彼女の脚を開き、御開帳。
ピンク色のアワビが目に飛び込んできた。
そこに顔を埋めようとした俺だったがストップ!
頭を彼女の膝に挟まれた。

「だって、お風呂・・・」

俺は拒む彼女の脚を無言で強引に開いていった。
抵抗は途中で止んだ。
そして秘部にキスをして顔を埋めた。
少しのアンモニア臭。
しかし、臭いとは思わなかった。
わざと音と立ててのクンニ。
俺の頭を両手で押さえるようにしている彼女の喘ぎ声が大きくなる。
アンモニアの匂いが取れてくると、ほんのり酸味を帯びた彼女の味に変わった。
俺はその味に犬になった。
アワビの上部の蕾を舐め上げると、中の小さなピンクの突起が露出して丸く膨らんだ。
その突起を数回舐め上げた時、彼女の喘ぎ声がかん高くなり、俺の頭を押しのけ、体をよじって横を向いてしまった。

「ダメ~、イッちゃうからダメ~」

息の荒い彼女を立ち膝の姿勢で見下ろした俺は、立ち上がりながら彼女を引き起こした。
仁王立ちだ。
彼女は、自分の顔の前に突き出されたギン立ちの肉棒をしなやかな右手で握った。

(ヤベ、自分で握るのと違う。気持ちいい)

彼女ははにかんで「なんか出てる」と言った後、肉棒を優しくしごきながら先端にキスを数回してソフトに咥え込んだ。
洗ってない肉棒に、ゆっくりと頭を前後する美しい彼女。
その光景を見て、喜びと興奮で高鳴る胸の俺。
彼女の口の中にジワジワと我慢汁を注いでいるのがわかる。
手を使うのをやめた彼女がディープスロートをし始めた。
しかし小さな口のため、歯が当たって少し痛い。
まあ、上手過ぎても困るけどね。
俺は彼女の口から肉棒を引き離すと仰向けに寝かせた。
そこでゴム(持参)を装着したが、俺は要らぬことを口走ってしまった。

「初めて?」

彼女は首を横に振り、悲しい顔をした。

「・・・幻滅した?」

俺は自分が放った言葉に後悔した。
そりゃそうだ、こんなに美しい20歳の彼女を今まで他の男が放っておくわけがない。
フォローではなく本心から俺は言った。

「幻滅なんかしないよ。変なこと聞いてゴメン。お前はもう俺の彼女だし、離すつもりなんかないから。好きだよ」

笑顔に戻った彼女の両脚を開き、入口に肉棒を宛てがう。
ゆっくりと入れ進む、いきなり締まりがキツい。
両手を俺の肩に添える彼女は目をトロンとさせ、「あ~、あぁ~」と俺が入ってくるのを感じ取っていた。
ゆっくりと腰を動かし始めた。

「あっ、あっ」

眉間を寄せ、喘ぎ声を上げる彼女がエロ可愛い!
そして彼女は肉棒で突かれるたびにそのエロい表情でこっちを見つめて、「好きっ、好きっ」と連呼する。
たまらん!

俺「俺も好きだよ」

彼女「ホントに、私だけ?」

俺「お前だけだよ。ホントに。これからも」

彼女「嬉しい。しあわせ!」

次の瞬間、彼女の両脚が俺の胴を絞めた。
俗に言う『だいしゅきホールド』だ。
彼女は喘ぎながら強く脚を絞める。
同時にマンコも強く締まる。
スゲェ気持ちいいし嬉しいのだが、腰を動かしにくい。
そこで俺は、「後ろ、向いてごらん」と言った。
彼女は頷くとホールドを解いた。
一旦結合も解き、俺はゆっくりと彼女が四つん這いになるのを見ていた。
明るい照明の中、普段は下着に隠されている彼女の全てが俺に向けて晒された。
俺は少しの間、見入っていた。
四つん這いの彼女が長い髪を掻き上げるようにしてチラッとこっちを見て言った。

「恥ずかしいからあんまり見ないで」

その言葉に促され、プリッとした逆ハート型のヒップを引き寄せ、改めて入口に棒を宛てがった。
待っていた彼女は宛てがわれただけで、「アッ」と甘い声を漏らした。
さらに彼女のヒップを引き寄せ、肉棒がズリュズリュッと入っていく。
そして根元まで入った時・・・。

「んんーーッ!!」

彼女が色っぽく大きな吐息を上げた。

俺「大丈夫?」

振り返る彼女。

彼女「すっごい深い」

エロい表情に興奮した俺は前後運動を開始した。

パン!パン!パン!パン!

「あっ、アン、アッ・・・」

丸見えの結合部、彼女の快感汁が白い粘液になって肉棒に絡みついている。
彼女の入口の薄い皮膚が前後する肉棒に吸い付くように同調して伸び縮みしている。
ホイップ状の白い粘液をまといながら卑猥な音も聞こえる。

ヌチュッ、ヌチャッ、ヌチッ、ヌチャッ・・・。

彼女は上体をベッドに突っ伏して喘ぎ続ける。
すると、さらに締まりがキツくなってきた。
そして俺に限界が近づいてきた。
スピードアップを図る俺にさらなる気持ちよさが襲ってきた。
肉棒に伝わる彼女の内壁の感触が突然強くなったのだ。
彼女は右手を後ろに伸ばして俺の手首を掴んできた。

「ああ!すごい!気持ちいい」

彼女の締まりは物凄く、俺のスピードアップをそれ以上に許さない。

(すごいマンコだ!)

俺はそう思いながら発射宣言をした。

「イクよ、出るよ!」

一瞬振り返るようにこっちを見た彼女は、「私も!イクッ!アッアッ!」と喘ぎ声を高くした。

俺は彼女の最深部で爆発的に果てた。
彼女は、「あああ!!」と上体を反らせた後、崩れるように再びベッドに突っ伏した。
俺の肉棒は大きく脈打ち、なかなか放出が止まらない。
自分でもこんなに溜まってたっけと驚くほど。
彼女もヒクつきを繰り返していた。
そのたびに肉棒を奥深くに引き込み、内壁が竿の根元から先端に向けて連鎖的に締まり、残り汁の全てを搾取していく。
俺は感激していた。

しばらくそれは続き、ようやく肉棒が八分立ち程度になったあたりで、彼女からゆっくりと引き抜いた。
そんな俺の目に衝撃的な光景が飛び込んできた。
棒の根元で破れたゴムが包まっている。
結局、根元より先にはゴムはなかった。
ものすごい締りの彼女のマンコは、見事にゴムを破壊し、妊娠液を子宮で受け止めたのである。

俺「やばっ!破れて中に出しちゃった」

焦る俺。
まだお尻を高く突き出して突っ伏していた彼女は、少し振り返るようにして横目で俺を見ながら、嬉しそうに言った。

彼女「うん。なんかいっぱい、ピューッ、ピューッってわかった」

俺「ヤバいよね?」

彼女「何がヤバいの?」

俺「だって、できちゃったら・・・」

彼女「なんで困った顔をしてるの?」

俺は彼女から視線を逸らした。
すると彼女は俺の視線を戻すように手首を掴んできた。

彼女「困った顔しないで・・・私、嬉しいから」

俺は優しく微笑む彼女の言葉に救われ、気が付くと抱き締めて、「好きだ!好きだ!」と連呼していた。
このとき俺は結婚のことを真剣に考えた。

結局、デキ婚ではないが、交際半年足らずで俺と彼女は夫婦になった。
あれから20年。
俺、オッサン。
妻、おばさん。
今でも仲良くやっている。