阪神優勝の日にセックスした人と結婚した

純愛・青春

私は今は2人の子供のいる主婦で、自他共に認める熱烈阪神ファンです。
物心ついた頃から大の阪神ファンでしたが、4歳の時にバースを中心にした強力打線で1回だけ優勝した時はもちろん全く記憶にはありません。
小学校の時に一度だけ快進撃を続け、一時は首位に立ったものの、結局優勝は出来ませんでした。
その年以外の阪神は弱い球団の代名詞のような球団でほぼ毎年のように最下位でした。
1回でいいから阪神の優勝が見たい、それが切実な願いでした。

そんな私が大学4年生だった2003年のお話です。
その年はあの弱かった阪神が信じられないような快進撃で、開幕から首位を独走していました。
もちろん甲子園球場のチケットは毎日完売という状態でした。
ただ私が通ってた大学は女子大で、周りの友達にも球場に行ってまで応援したいというほどの阪神ファンは1人も居ませんでした。
どうしても甲子園で応援したいと思った私はヤフオクで定価1700円のライトスタンドのチケットを4000円で落札して、1人で甲子園に行くことになりました。
私が落札したチケットは正規に販売されてるものではなく、年間指定席でした。

球場に到着して席に座ると、隣に座っていた男の人に話しかけられました。

「僕がヤフオクに出品したチケットを落札してもらった人ですね?出品者の◯◯です」と言われました。

その人は27歳の会社員で、その年間指定席の持ち主でした。
話を聞いてみると、甲子園球場の主催試合60試合分を9万円で2枚合計18万円で年間指定席を購入して、よく彼女と観戦に来てたらしいのですが、その彼女と別れてしまったらしくて、ヤフオクで残り1枚を販売して1人で観戦されてたようです。
そしてその男性は、「4000円で落札してもらったんだけど、俺は別に転売して儲けるために年間指定席を買ったわけではないし、1枚あたりの値段は1500円だから、差額の2500円は返すよ」と言ってきました。
私は、「そんな申し訳ないです」とは言ったものの、結局は2500円を受け取りました。

試合が始まると、まるで初対面とは思えないような感じで、友達のように色々話をしながら観戦しました。
その日は一時はリードされてたものの、金本の逆転ホームランもあって見事な逆転勝利でした。
そして試合が終わった後、自分も一緒に観戦する友達が居ないから1人で来たことを話すと、「よかったらまた一緒に観戦しようよ。チケット代はもちろん定価でいいから、観戦したい時は電話しておいでよ」と言ってくれました。
そして携帯番号を交換しました。
私も感じのいい人だという印象もあったので、彼の言葉に甘えて何度か一緒にその後も観戦しました。

そして優勝決定日となった9月15日のお話です。
その日も運よくチケットを回してもえらえて一緒に観戦することになりました。
マジックは2で、その日阪神が勝ってヤクルトが負ければ優勝が決まるという日でした。
阪神は見事赤星のサヨナラタイムリーで勝利し、甲子園球場の観客はバックスクリーンに映し出される、横浜VSヤクルトの試合を見ていました。
そして横浜が勝利し、18年ぶりの優勝が決定しました。
その後の胴上げや場内を選手たちが一周している間、初めて見た悲願の優勝に私はずっと涙を流していました。
ちなみに、彼は18年前の優勝は小学生の時でハッキリ記憶にあったようでした。

凱旋も終わった後、「一緒に飲みに行こう」と誘われたので、梅田の居酒屋で2人で祝賀会をしました。
終電の時間が迫ってきたので帰ろうかと思った瞬間、なんとホテルに誘われたのです。
正直迷いはありました。
処女ではありませんでしたが、今までの経験は2人で、どちらも正式に付き合ってた男で、自分でも軽い女じゃないという自負もありました。
彼と交際していたわけでもなく、観戦仲間としかまだ見てなかったからです。
でも優勝を決めた喜びと、こんな最高のチケットを回してもらったお礼になればという気持ちもあってOKしました。

コンビニでビールとお摘みを買ってチェックインして、少し緊張しながらテレビをつけると優勝特番がやっていました。
特番を見ながらビールを飲んでると、私も少し気持ちが高まったような気がしました。
そして彼が抱きついてきてキスをしてくると、私も無意識に舌を出しました。
彼はすぐに自分で着ている服を脱いで全裸になりました。
そして彼の手が私の服にきました。
まずは着ていた阪神ユニに手がかかり、その後ブラウスやシャツを脱がされると、ジーパンも巧みに脱がされてパンツとブラだけになると、少しニヤっとしてブラを外して、パンツも脱がされて私も全裸になりました。
一緒にお風呂に入って、その後のベッドの上では、彼のあまりのテクニックの前に私の興奮も最高潮でした。

もちろん、もう優勝の試合のチケットを回してもらったお礼にSEXをしてるなどという気持ちは全くありませんでした。
自分が裸になってこの人に抱かれてると思うと幸せいっぱいでした。

おっぱいを舐められたり、おまんこに指を入れられたり・・・。
舐められてる時も凄く気持ちよかった。
私がフェラをしてる時の彼の顔を見ると凄く幸せそうなでした。
その後、私が上に乗って69をすると、私がおチンチンを舐めてるのと同時に彼が私のお尻の穴を舐め始めました。
自分でもお尻がこんなに感じるとは思いませんでした。

かなり長時間前戯があって、私がフェラをしている時に、「××(私)が今、美味しそうに舐めてるものが凄く疼くんだけど、どうして欲しい?」と聞いてきました。
私は間髪入れずに、「私のおまんこに入れて欲しいと」と言いました。

「俺はバックがいい」と言うので四つん這いになりました。

彼は私のあそこにおちんちんを近づけてきましたが、焦らしてきました。

彼「××のお尻丸見えだよ。凄く綺麗だね。何かここが俺の何かを求めてる気がするね」

などと言ってなかなか挿入してきませんでした。

「何が欲しいの?」と聞いてくると、私も「◯◯のおちんちんが欲しい、早く入れて」と本音を言いました。

もちろん自分から『おちんちん欲しい』などと言ったのは初めてでした。

挿入されてからも最高に気持ちよかったので、今まで信じられなかったほどの喘ぎ声が出ました。
もちろん自分が全裸でお尻を突き出して喘ぎ声を上げるという最高に恥ずかしい姿だというのも分かっていました。
そしてフィニッシュすると彼はコンドームを外して私の口に精子を出してきました。
それも迷いもなく飲み込みました。

私にとっては初めてした事がたくさんあったSEXでした。
その翌日の朝もSEXをして私達は正式に交際を始めたのです。

それから2年後の2005年、私の人生では2回目の優勝を阪神がした年に私達は結婚しました。
現在は小学校2年生の息子と幼稚園の娘がいます。
私達が結婚を決めた時、息子が出来たら是非阪神に入団させたいなと言ってた2人でしたが、小学生の息子は私達の意に反して野球ではなくサッカーを始めました。

「サッカーをやりたい」と言い出した理由は、野球だと日本でしか有名になれないけど、サッカーだとワールドカップという全世界が注目する大会があるからだという事です。

私も主人もサッカーは興味ないわけではありませんが、野球ほど好きではありません。
ただ世界に注目されたいという夢を持つのは良い事だと思い、無理に野球をさせる気は2人共ありませんでした。
私達夫婦は2人とも運動神経はいい方です。
主人は実際に野球をやってたし、私もテニスをやってたので、アスリートの血を引いてます。
サッカーをやると決めた以上は本田のような凄い選手になって世界に名を馳せて欲しいものです。

ただ、サッカーをやってる息子も幼稚園の娘も、ちゃんと阪神ファンになってくれました。
今では家族4人でよく甲子園で観戦しています。
でも私達が結婚した2005年を最後に阪神は優勝していません。
何度も後一歩で優勝というところまでは行ったのですが・・・。
今の私達の願いは人生3回目の優勝を見ることです。
昔は1回でいいから優勝して欲しいと思ってたのが、2回も見たのにまだ見たいと思っている事を考えると、人間の欲望も計り知れないですね(笑)

でもまだ優勝を見たことのない息子と娘に優勝を見せてあげたいという気持ちもあります。