小6でDカップだったクォーターの幼馴染

純愛・青春

俺には幼稚園の頃から仲が良かった『エリカ』という幼馴染の女の子がいた。
エリカは父方の祖父がアイルランド系アメリカ人であるクォーター。
透き通った白い肌に光り輝く茶色い瞳、腰まで届く茶色混じりのロングヘアが特徴で、大きな二重瞼と薄い唇、筋の通った高い鼻の綺麗な顔作り。
エリカは子供の頃から、周囲の大人達からも美人と評されていた。

俺とエリカは共に一人っ子で家も近所だったので、小さい頃からよくお互いの家を行き来してた。
その過程で非常に仲睦まじい関係になり、いつしか結婚の約束までしていた。
エリカは外国の血筋を引いてる為か、発育が旺盛で、小学校高学年の頃には胸がかなり膨らみ、持ち前の長い脚や細い腰も相まってグラマラスな体型に成長していた。

そんな悶々とした感情を抱いていた6年生の夏休み。
俺は宿題を一緒にやることになり、エリカの家に訪問した。

エリカ「いらっしゃい、タツヤ(俺)」

俺「おう、上がらせてもらうよ」

自宅の為か、ボーダー・ノースリーブにデニムのミニスカートというラフな格好で出迎えたエリカは、二階にある自分の部屋に招き入れてくれた。

エリカ「ちょっと、待っててね」

麦茶とお茶菓子を取って来るといい、エリカは一階に下りて行った。
一人になるのを確認すると、前々から気になっていたタンスの中を開けてみた。
入っていたのは綺麗に陳列された色彩豊富な下着の山だった。
しかも全てレース入りの大人向けのものばかり。
一番手前に並べてあった白いブラジャーを手に取り、タグを見てみると『D65』と書かれていた。
小学生離れしたDカップという事実に驚きながらも、エリカの乳房を包んでいたカップの内側の乳臭い香りや、パンティのクロッチ部分に付いた黄色いシミの匂いを嗅いでいた。
階段から足音が聞こえ、俺は慌てて無造作にタンスに下着を突っ込んだ。

エリカ「お待たせ・・・あれ?どうかしたの?」

俺「・・・い、いや・・・別に」

エリカ「あっそ」

一瞬疑惑を持たれたが、何事もなかったかのように平然を装う。
宿題をやり始めるが、俺の視線はテーブルを挟んで対面に座るエリカの胸元に泳いでいた。
エリカの乳房は布を押し上げて鮮明に輪郭が現れ、胸元から覗かせる深い谷間は少しでも動くと小刻みに揺れ動く。
乳頭の形が薄っすらと浮き出ていることに気付いた俺は、自然と息子が半勃ち状態になる。
俺は両足を動かしてそれを誤魔化そうとしたのだが・・・。

エリカ「寒いの?エアコン消そうか?」

リモコンを取ろうと四つん這いになったエリカ。
ミニスカートの間から大きな尻に綺麗に食い込んだ白いパンティが露わになる。

エリカ「あれ、消えないわね」

無防備なエリカのお尻が放つ女性フェロモンが、息子を容赦なく刺激した。
それはフル勃起状態にまで膨れ上がり、俺は両手で必死に股間を押さえ込んだ。

エリカは「タツヤ、どうしたの大丈夫?」

俺の異変に気付いたエリカが四つん這いのまま転回して近づいて来た。
垂れ下った二つの豊かな膨らみが互いに激しくぶつかり合い、タプンタプンと瑞々しく弾ける音が聞こえる。
凄い迫力だった。
遂に理性が吹っ飛び、衝動的になる。

俺「エリカァァァァァァ!」

エリカ「きゃぁぁぁぁぁぁ」

エリカの両肩を掴み、床に押し倒して、彼女の両腿の上に馬乗りになる。
そこから見えるそびえ立った双乳を鷲掴みにすると、柔らかな肉が指の間から溢れ出た。
食い込んだ指や掌には早熟ながらも瑞々しく蕩けるような柔らかさが伝わる。

俺「や、柔らけぇ!」

エリカ「イヤァァァ」

必死に手足をバタつかせて逃れようとするエリカの両手を押さえつけ、深い谷間に顔を埋める。

エリカ「ちょ、ちょっと?」

顔を左右に動かすと、頬が溶けそうになるくらいに豊満な乳房の柔らかさと温もりを感じ、鼻には少し汗の匂いの混じったエリカ特有の甘酸っぱい体臭が噎せ返るほどに流れ込んできた。

俺「ああ、良い匂い・・・最高だ」

エリカ「いやぁ・・・ねぇ、もうやめてよタツヤ」

俺「好きなんだ、お前のことが好きでしょうがないんだ」

半泣きになりながら訴える抵抗を無視し、俺は左手でエリカの両手を彼女の頭の上で押さえつけ、右手はキャミソールの下縁を掴んで思いっきり捲り上げた。
強引に引っ張り上げるとたわわに実った果実がブルンッとダイナミックに弾け、桃色の乳頭が元気良く動いていた。

エリカ「イヤァ、見ないでぇ」

右手を揺れ動く豊乳に手を沈み込ませると、さっきとは比べものにならない瑞々しい弾力に包まれる。
汗ばんで粘り気のある乳肌と乳頭の感触も非常に気持ち良く、人差し指と親指で乳頭を挟み込み転がすと徐々にコリコリと硬化していくことが分かった。
片乳を揉みしだくだけでは物足りなかった俺は、肥大化した乳頭を口に吸い込んだ。
口内に乳臭い汗の味が広がり、硬くなった乳頭が舌の上を転がる。
乳頭から口を離し、エリカの穿いているミニスカートの中に手を忍び込ませる。
白いパンティの上縁に手を掛け一気に引き下ろし、閉じきった両足を擦り抜けて足首から抜き取る。
恥毛が鮮少に生えた恥部が露わになり、ガバッと両脚を開脚させる。

エリカ「いやぁぁぁっ」

俺「うるさい!今からお前は俺の女になるんだ」

そう言ってズボンとパンツを脱ぎ捨てると窮屈そうにしていた息子が飛び出し、見事な反り返りを見せる。

エリカ「タ、タツヤちょっと!」

動揺するエリカに構わず陰部に亀頭を押し当てると、限界にまで達していた亀頭から溜まりに溜まった精子が一気に放出され、彼女の下腹部に降り注いだ。

エリカ「クスン、う・・・う・・・う」

部屋には、横向けになり、両手で顔を覆い隠したエリカの噎び泣く声が響く。
ここでようやく我に返った。
自分のしでかした罪の重さに気付き、身体中から血の気が引く。
欲望任せに、生まれて初めて好きになった大切な女の子を汚してしまったこと。
今まで築き上げてきた関係を一瞬でぶち壊したこと。
彼女に一生癒えない心の傷を負わせたこと。

俺「ごめんエリカ、本当にごめん」

床に手をつき何度も謝ったが、エリカは泣くばかりで何も答えてくれなかった。
そんなエリカの姿を見て心底悪い事をしたと思った。

・・・次の日からエリカと口を交わすことが無くなった。
夏休みが明けて学校が始まり、教室や廊下で何度も顔を合わせたが、すぐに目を背けられてしまった。

一方で、エリカの家を通る毎に、顔を合わせるエリカの母は優しく俺に話しかけてきた。

母「どうしたの?エリカと喧嘩でもしたの?仲直りしてまた遊びにいらっしゃい」

どうやらエリカは例の事件を誰にも言わなかったようだ。
そんな気まずい雰囲気が卒業まで続き、俺はエリカのことで頭がいっぱいになっていた。
エリカに対する愛おしさと憂い、罪悪感に苛まれて自分の犯した行動を死ぬほど後悔する日々を過ごした。

そして卒業式の日、式を終えた俺は春から入学する中学校の制服で下校し、気付けば俺の足はエリカの家の前で止まっていた。

エリカ「タ、タツヤだよね?」

俺「エリカ?あれ、友達と話してたんじゃなかったのか?」

エリカ「みんなもう帰っちゃってさ・・・タツヤは家に何か用なの?」

不意に背後から聞こえた声に振り返ると、同じ学校のブレザーを着たエリカが立っており、どこか嬉しそうな様子で俺の顔を窺っていた。

俺「あのさ、俺・・・どうしてもあの時のことをもう一度謝りたくて来たんだ」

エリカ「・・・」

俺「ごめん、あんな酷い事してお前を傷付けて、本当にごめんな」

誠心誠意の謝罪だった。
頭を深く下げてエリカに許しを請いた。
俺は許してもらえるとは思わず、それでも誠意が少しでも伝わればそれでいいと考えた。
しかし、待っていた答えは意外なものだった。

エリカ「・・・もう怒ってないよ、顔を上げてタツヤ」

俺「えっ?」

顔を上げると視界いっぱいに目を瞑ったエリカの顔が映し出され、俺の唇を塞いできた。
エリカの厚い唇の柔らかさが伝わり、口の中には彼女が使っているリップクリームの甘い香りが漂ってきた。

エリカ「これでおあいこだね」

俺「・・・エ、エリカお前、俺のことを恨んでないのか?」

エリカ「うん、恨んでないよ。それにずっと待ってたんだよ・・・タツヤのこと」

満面の笑みで答えるエリカに俺は質問を続けた。

俺「何で?あんな酷い事したのに・・・」

エリカ「確かにあの時は、怖いし嫌だったけど・・・それよりもタツヤと仲直りしたいなと思って」

俺「いや、でもだからって・・・いきなりキスってのはちょっと」

エリカ「私のキスじゃ不満だった?」

恥ずかしそうに手で口元を押さえ、俯きながら上目遣いでチラチラと俺の方を見るエリカを見て、彼女の言わんとしている事の意味が分かった。

俺「エリカ、お前、俺のこと好きだったのか?」

エリカ「・・・うん、タツヤのことずっと好きだったのよ。でなきゃキスしたりする訳ないじゃん」

俺は感極まり彼女を抱き締めた。

俺「エリカ、ごめん、ごめんよぅ」

エリカ「ううん、私の方こそタツヤの気持ちに気付いてあげられなくて、ごめんね」

抱き締めているエリカの身体から温もりを感じ、いつまでも泣きながら謝り続けた。
そんな時間が心地良く幸せに思えた。
彼女を強姦しそうになった時よりも、ずっと・・・ずっと。
俺は、彼女を、エリカを一生大切にしようと思った。
この掛け替えのない天使の様な存在を一生失いたくない、ずっと俺の傍にいて欲しいと思った。

こうしてこの日、長年募らせた想いが遂に実を結び、俺達は恋人同士になった。
そして十年後の一昨年、俺とエリカは入籍して夫婦になった。
去年にはエリカ似の娘も生まれた。
一生二人を養うつもりです。