女教官・秀子:第4話「熟女のライダースーツ姿もキリリと決まって…」

Hな体験

〔体験談投稿者:Takashi 様〕

暑さ真っ只中に、セフレの五十路の美魔女車校指導員・秀子さんのお家に行ったその晩、彼女はひどくブルーだった。

聞いてみると秀子さんはその日、普通車の卒業検定試験を行なったのだが、その教習生(18歳の専門学校1年生)は交差点内での横断歩道の歩行者を急ハンドルでかわして無理やり進行しようとしたため秀子さんが補助ブレーキを踏んでしまい、横断歩行者妨害とか交差点安全進行義務違反で試験中止になった。
当然やり直しの教習となるわけだが、その教習生の母親がそれに逆ギレしてクレームの電話をしてきて担当検定員を出せと言ってきたのだ。

「うちらは高い金払ってて、息子もマジメに教習受けてんのに何で落とすのさ!!あんたらの教え方が悪いクセに!!」といった感じのいわゆるモンスターマザーである。

更にその母親は・・・。

「だいたい、やり直しさせてまたぼったくりたいから落としたんでしょうよ!?また教習受けさせるなんてまっぴらゴメンだから、すぐに卒検受けさせなさいよ!!ウチなんてお兄ちゃん大学行かせて、娘も私立の高校に行かせてんだ!!どれだけ金かかってんのかわかってんの!?あ~!?すみませんとか何とか言ったらどうなの!?うちらはお客様だからあんたらの神様なんだよ!!」と言いたい放題・・・。

教務課の課長ゆえに責任者である秀子さんは・・・。

「わたくしどももこの結果は非常に残念であります!!しかし、規定に従っての教習でありまして、息子様にも将来、安全に運転できるよう、その技能を完璧に身につけて、公道に送り出すためのチャンスを差し上げる機会なのです。誤った運転技能を身につけて再び、不合格といった屈辱を味わう事のないための再教習ですので、何卒、親御様にもご理解のほどお願い申し上げます」

と、理路整然と説得するような結局クレーム処理なのだが、その母親は「よく言うよ!!もう、あんたらの教習所なんかに行かないから金返してもらうよ!!」と筋違いな要求をしてきたらしい・・・。
(どうやら口だけの捨て台詞だったらしい)

その教習生はネクラで教習態度も至って不真面目・・・。
(以下、この教習生を『ネクラ君』とします)

秀子さんも講習、そしてコースと路上併せて2、3回教習に立ち会ったものの、ネクラ君はDVDによるスライドの講習中もニタニタしながらスマホを弄ったり、居眠りしたりで、路上教習ではむちゃくちゃスピードを出したり割り込んだりと運転も荒く、何度も補助ブレーキ&ハンドルをしてヒヤヒヤしたり、一度路上教習中に不要不急の急ブレーキをかけたせいで、彼女が後続のヤクザまがいの大型トレーラーの運転手に怒鳴られたほどだと言う・・・。
秀子さんも他の指導員にはきっちり出来るようになるまでは見極めをあげるなと指示したのだが、これはちょっと用足らずの若い男性指導員が一人、このネクラ君とプレステのゲームやパチンコの話題で意気投合して、なあなあになり、ネクラ君もゴマをすって見極めをもらったとのことらしい。
正に『この親にしてこの子あり』だ!!

「それじゃあただの業務妨害だよ!!そんなタチの悪い教習生なんて構わずに退学させちゃいなよ・・・」と俺も痛く同情し、今にも泣きそうな秀子さんを抱き締めて“慰めキス”をした。

「負けないで!先生は強いんだから・・・」と励ます俺に、「ありがとう!でも、あたしだって女よ・・・」と甘えるようにすがる秀子さん。

気丈なだけに凹みやすい彼女だが、こうした癒しには素直である。
抱き合いながら・・・。

「ここは秀子先生、イヤなことは流しちゃいましょうよ!!」

と俺がニコッとしながら彼女の背中を撫でると、「そうこなくっちゃぁ~!」と既に彼女は調教した通りにおしっこプレイを理解しており、俺たちは全裸になって放尿デュエットをスタート!!
お風呂場でション飛ばしをしてどちらが紙コップにいっぱいおしっこを入れられるかで、どう遊ぶかを決めることにした。
お互いに全裸でしゃがんだ姿勢でおしっこが多く入った方が勝ちで決定するルールだ。
もちろん勢いで紙コップを倒しても負けだ。
ただし、これは彼女の提案で俺はチンポを握らないで勃起したまんま放尿することになった。

俺たちは尿意を催すように部屋を締め切ってクーラーを全開にした中で、裸のまんまガバガバと酒盛りをした。
要するに身体を冷やしてアルコールで助走をつけるのだ。
お互い酔いが回って、先に俺が尿意を催したが秀子さんはまだのようで、「修行が足りないなぁ~・・・!!」とばかりに次々と俺に焼酎を押し付けた。
そしてハンデか、クーラーの効きすぎで寒くて萎んだ俺の肉棒を彼女は「出しちゃダメよ!」と念押ししながらシコシコして勃起状態をキープしてくれた。
俺はやや千鳥足気味でグロッキーになっていたが、ようやく秀子さんも催してプレー開始!
それぞれの性器から1メートルくらい紙コップを離して俺と秀子さんはしゃがみ込んだ。
勃起状態はキープできたが、俺はもう限界!!
しかし、実のところ彼女もかなり痩せ我慢しているようでちょっと震えていた。

貯めたお小水を満タンにして、体勢を整えてよーいドン!!
勢いよく噴射される俺と彼女のまっ黄色いおしっこ。
かなり耐え抜いたせいか両者ともおしっこから湯気も上がっていた。
俺のは真っ先に壁を誤射したが、直ぐに紙コップに狙いを定めた。
ところが秀子さんのはちょっとピントがずれて倒れた。
ハイ、俺の勝ち~(^o^)v

遊びにも負けず嫌いな秀子さんはおしっこを垂れ流しながら立ち上がって・・・。

「(>_<;)悔しい~!けど、どうするの!?」

と、おっぱいを揺らしながら揺するようにこちらも放尿したまんまの俺に言い寄るように問い詰めた。

「先生、タンデム!ただし、革のツナギで下は真っ裸で!!行き先は先生にお任せします!!」

「ヽ(^◯^)ノ OKよ!」

と承諾した彼女のおしっこまみれのウニのように刺々しい剛毛まんこを優しく舐めてあげた。
ちょっとヨガる彼女の茂みを押すようにクンニしたが、生臭くて塩辛い。
余興で俺たちはその夜は酒の勢いで本能のままにおしっこを見せ合い&ぶっかけ合いで遊んだ。
特に燃えるのが『おしっこ相撲』で、お互いに立ちションでおしっこをぶつけ合い、そのおしっこの勢いを競う遊びだ。→わかる?

無節操にはしゃぎながらおしっこをぶちまける秀子さんへ「秀子先生のおしっこ、いつ見てもエロくて素敵だよ!」と褒める俺に、秀子さんは「あは・・・、ありがとう!おしっこなんて見せられるのもあなただけよ・・・」と照れながら俺のペニスに頬擦りする。
秀子さんの放尿シーンはまんこを覆う剛毛と相まって俺の精力を数倍にパワーアップしてくれるのだ!!

そして翌朝、全裸で彼女のベッドで一緒に寝ていた俺だが、秀子さんはいつの間にかベッドから抜け出しており、俺も起床して服を着ようとするといきなり彼女は黒い革のツナギ姿でドアを開けて現れた。
眠たい目を擦りながら見てみると、ツナギはかなりタイトに彼女の身体にフィットしており、完全に彼女は変身したように見えた。
ボディラインは今まで見たことも無いほど別人のようにくっきりと映えており、最近ちょっと垂れかかってきた胸もお尻もまるで改造されたように鋭く豊かに凄くセクシーに引き締まっていた。
アクション映画なんかでお目にかかる特殊部隊のコマンダーのように精悍なスタイルの彼女はいきなりジッパーを下げて、内部は一糸纏っていないことを俺に明かした。

「さ、行くよ!!後は後でのお楽しみよ!!早く着なさい」とジッパーを上げて俺を誘った。

荷物は俺の小さなリュックに詰め込んで、いよいよ出発!!
秀子さんのバイクは黒いイタリア製のドゥカティ・モンスター1200Rで、その年の春に新車で買い換えたばかりだ。
黒いSHOEIのフルフェイスのヘルメットで、秀子さんのバイクに跨がる姿はまさにミッドナイトライダーとかブラックライダー、チャーリー・エンジェルズ、そして車種つながりで『女・マトリックス』そのもの!!
これだけでも俺はかなり悩殺されてしまった(笑)
ベテランの車校指導員であり、教務課長という肩書きを持つキリリとしたキャリアウーマンで、元々モータースポーツウーマンの彼女は4輪車、2輪車をともに駆ることに長けており、若い頃はオンロード競技のスプリントレースやオフロード競技のモトクロスやトライアルなどのなどで鍛えたテクニックは完全無欠と言っても良いくらいで、交機隊とのコンテストにもしばしば出場し、男性隊員からも拍手喝采だったと言う。
また、普通じゃバイクでは走れない冬季の北海道ツーリングにモトクロスのバイクに特注のスパイクタイヤを装置して単身で挑戦し、宗谷岬や摩周湖などへ行ったり、4輪車ではアルテッツァで雪上ドリフト大会にも参加したことがある勇敢さで「アクセルターンのおばちゃん」などと呼ばれたほどだ。
孫がいても不思議ではない齢で還暦間近だが、男も泣いて痺れるお転婆なスーパーレディの一面があるからこそ彼女とのセックスにも変態プレーにも燃えてしまうな!!

2人乗りが解禁された高速道路をタンデムで颯爽と走り抜けて、向かった先はいつぞや遊んだ海辺の方向にバイクを進めた。
俺は図星で後ろから秀子さんのおっぱいを鷲掴みにした。
革ツナギを着ているせいかいつもよりは硬さを感じる彼女のEカップバスト。
それを見越していたのか彼女は平然と飛ばし続ける。
それに意地悪してか秀子さんは結構な急カーブでハング・オン(レースでよくある、コーナリング時に地面スレスレにバイクをバンクさせること)して俺をハラハラさせた。
さすがに俺もちょっとビビったな・・・。
しかしそれにしても熟女ライダーにしては凄すぎるバイクテクニックだ!!
脱帽!

人っ気の無い海辺に到着し、「こぉら、いつまで握ってんのよ!?」とおっぱいから俺の手を払いのけて振り向き、シールドを上げたその隙間っから見える秀子さんの変貌したような鋭く切れた眼差しがこれまた精悍に映えた。
ヘルメットを脱ぎ、彼女の表情が和らぐとバイクを草むらの陰に置いて浜辺へ。
とは言っても、ゴツゴツした岩場が多くて、その中にまるで怪獣が口を開けたような形状で、陸地からはうまいことに見えにくいポイントをようやく発見した。

「ここでいいかな?」

俺が振り向いて尋ねると既に秀子さんはジッパーを下ろそうとしていたが、そのジッパーが下がって前を開けていて半裸の彼女の剛毛な陰毛に絡み付いて引っ掛かっていたのだ!!
内心興奮状態の俺もジッパーを下げにかかるが、彼女のアソコは俺が先程おっぱいを握った際に感じていたのか濡れていて、滑って上手くジッパーを動かせない。
真っ黒な秀子さんのジャングルを目の前にしてあくせく引っ掛かった陰毛をジッパーから抜いて行くが、彼女も焦り気味に悶えている。
ようやく開いたが彼女の剛毛は数本抜けてしまい、彼女は痛がりながらもその剛毛を俺にプレゼントしてくれた。
そのまま俺は全裸になり、磯臭くなって濡れた彼女のアソコを手マン&クンニしてあげた。

「アウッ!アウッ!・・・」

勇ましい黒革のライダースーツの前を開けて悶える半裸の秀子さんの姿に興奮する俺めがけて、イッちゃったのか勢いよくおしっこを吹き出す彼女。
彼女のおしっこが俺の顔にびっちょりとかかったが、このライダースーツの半裸姿でのお漏らしシーンは半端なくエロかった!
俺も奇声を上げて秀子さんに襲いかかり、剥き出しになっている彼女のおっぱいにむしゃぶりついた。

「ア・・・。ア・・・」

短いかすれたような喘ぎ声を上げる秀子さん。

「先生もツナギ脱いでスッポンポンにちゃいなよ!」

俺は彼女にそう言うと、「お待たせ~!」と秀子さんもライダースーツを一気に脱いで素っ裸になり、全裸青姦プレーになった。
俺たちは生まれたままの姿で荒れた岩場で追っかけっこをして、秀子さんはお得意の『痴魔女サービス』でおしっこを撒き散らしながらキャーキャーはしゃいで駆け回り、そのエロさに奮起する俺を自らのお尻を突き出してお尻ペンペンをして誘惑する。

「捕まえたぞぉ!!痴魔女先生~・・・」

俺はまた彼女のおっぱいを後ろからむんずと鷲掴み!

「キャッ!」

艶かしい声を上げる彼女にこれも後ろから人差し指をおしっこと愛液でびっしょりのアソコに挿入してクリトリスを軽く叩くように刺激!!

「ウッ!アハ~ン・・・」と悶えた秀子さんだが、次の瞬間俺たちはいきなり足を滑らせて下の水溜まり(とはいえ海水)にザバーンと落っこちてしまった。
水溜まりの底は結構深かったがフラットでお互いケガをすることなくそのまま抱きあってキスしながら俺の肉棒を挿入して中出しの連発!!
荒ぶる喘ぎ声をあげながら悶絶する秀子さんの表情がこの日ほど妖艶に見えた日は無い。

入道雲の広がる青空の下、勇ましい還暦間近の変態美熟女と五十路間近の変態中年男は潮風の香るこの誰もいない険しい岩場で獣のようにお漏らしを繰り返し、激しく性器を重ねる。
秀子さんはキリッと引き締まった黒革ツナギのライダースーツを脱げばもう素っ裸というギャップに興奮する今回の俺の『エッチな献立』は、この上なく刺激的な野外プレーだった。
この日は日没後も海辺でヤリまくってお互いに精液とおしっこまみれになり、結局帰宅したのは深夜だった。

こんなに天真爛漫で開けっ広げなセックスと放尿プレーのできる普段は精悍なキャリアウーマンの五十路の美熟女なんて、あなたはお目にかかったことはありますか?

あなたはそんな痴魔女とセックスできますか?

そして、中出しはできますか?

<続く>

Hな体験

Posted by Takashi