ブルマ姿の撮影中にシコってくれた同級生

オナニー

「写真、撮らせてくれ」

「私の?」

「ブルマ姿で」

高校になってから、中学時代の女友達に言ったんだよ、マジな顔して。
で、意外にも許可が下りた。

「そんなの撮って、何が面白いわけ?」と問われ、正直に「夜のオカズ」と答えた。
本当は知っているくせに、「オカズって何?」と、わざととぼけている女友達。

「どうせヤレないなら、それくらいいいだろ?」

「別にいいけど・・・」

女友達は恥ずかしがりながら俯くわけ。
俺はその姿に大興奮。
ちんちんは勃起して、先っぽから液体が出てる感覚がわかる。

東武東上線の電車の中。
吊革に掴まりながら少し前傾姿勢。
勃起しているのを悟られないように必死になっている俺がいる。
女友達から、「水曜日ならいいけど」という具体的な話があった。

(くそっ、水曜日は予備校だ・・・。休んじゃうか・・・)

「決まりね。部活で使ってるヤツ、全部ね」

女友達は中学時代は陸上部で、都大会まで行った経験もある。
悔しいが、はっきり言って俺よりも脚が長い。
特に膝下。

「4時半過ぎに俺の家ね」

小躍りしたいほど嬉しいのに、さりげなくそう伝えて電車を降りた。
女友達は次の駅だったから、そのまま乗って行った。

初めに言っておくが、決して彼女ではないからな。
そのときは他の高校にしっかりと彼女がいたから。
ブスだけど!

この日(金曜日)から水曜日まで、地獄の日々が続く。
なぜって、オナニーの我慢。
実は俺はその当時、オナニーは日課だった。
ブスな彼女とセックスしても、つい寝る前にシコってしまう。
部屋に貼ったピンクレディのポスターもいけなかった。
毎晩、ケイの体とプレイボーイの雑誌を交互に眺めながらの天国ツアー。
水曜日まで我慢させられていた俺は、『おかあさんといっしょ』のお姉さんでも爆発寸前だった。

そんなこんなで水曜日当日。
獣になっている俺は、高校の授業が何だったのか全く覚えていない。
近くを通る女子高生を見るだけで、ちんちんがナメコになっていた。
家に帰ってきてから風呂場でちんちんを洗う。
パンツなんか濡れきってて冷たい。
落ち着かせようと、桃の缶詰なんか食べてる。
4時半・・・なんだか、つま先が痺れてきちゃってる。

ピンポンピンポンピンポン・・・。

鳴っちゃってるよ、呼び鈴。
女友達の声。
落ち着いて部屋に案内する。

「おぉ、◯◯(女友達の名字)。適当に座って」

声のトーンがいつもと違う俺。
まぁ、とにかく聞いてくれ。
事実だから、そのまま書くよ。
オナニーを我慢していたのは、より良い写真を撮りたいがため。
溜まっていた方が、すんなりとスケベな話もできるからね。
俺の部屋に入った女友達、いつもと違ってやたらと大人しいわけ。

(えっ???もしかして生理???)

勝手に想像している俺。
向かいの戸棚に軽く寄りかかって、こちらを見ている。
ちんちんは半勃起状態。
睾丸も鈍い痛みを生じていた。
溜まりすぎだからか、なんか痛い。

「持って来てくれた?」

女友達を見ると、恥ずかしそうに目を伏せて照れ笑いをしている。

「全部持って来たよ」

すげぇ可愛い答え方。
膨れたマディソンバッグを軽く叩いてる。
俺の脳みそはサイダーで満たされたようにポップロップ状態。
脳が指令を受けるよりも早く、ちんちんからは液体のせり出し。
反射だ!!!

「じゃ、俺、カメラとか用意してくるから、着替えてて・・・」

本当は土日で準備万端だったわけだが、隣の部屋なんかへ行く。
ゴソゴソと着替える音。
俺のちんちんはチョモランマ。
スケベ液をティッシュで拭いても、また出てくる。
仕方ないから1回抜こうか迷っていると、「着替えたよ」という声。
俺は柱の角に頭を打ち付けたいほど興奮していた。
口がカラカラ。
ドギマギドギマギ・・・。
血液が沸騰していた。
手に取ったカメラが震えてる。
興奮状態で部屋に入った。

中学の時の体操着姿だった。
俺の心は野獣になっていた。

「これでいいの?」

少しはにかんで立ちすくんでいる女友達。
足下にはきちんと畳んだ制服。
悲鳴を上げるほど嬉しいのに、平静を装う努力。
女友達の視線を追うと・・・俺の股間。
そして俺の視線に気づくと、恥ずかしそうに目を泳がせている。

「じゃ、写真、撮っていい?」

マジで手が震えてる。
女友達は静かに頷くと、立ったまま大人しく目を伏せた。
陸上で鍛えている長い脚。
胸は大きくはないが、体操服の似合うスリムな肢体。
股間にぴったりと張り付くブルマは、『私には無様なちんちんや睾丸なんて付いてないのよ』と強く主張しているように、すっきりと割れ目を浮き立たせていた。
シャッターを切る指が痺れてる。
酸欠状態のように息が細くなっている気がする。

「もう少し、脚を開いてみて」

カメラを覗きながら注文している俺は、擦れて痛くならないように腰を引いていた。
そして、彼女のすっきりした股間を角度を変えながら撮り続けていた。
彼女の視線が俺のカメラを追うわけ。
チラチラと俺の股間も一瞥するわけ。

「大丈夫なの?」

掠れた乾いた声で女友達が聞くんだよ。
俺はしゃがみながら、フル勃起のちんちんを何とか収めようと必死になっていた。

「ちょ、ちょっと痛いけど」

何、素直に答えてんだよ、俺は。

「向こうで、してきてもいいよ・・・」

女友達の言葉に、睾丸がブラウン運動を起こし始めた。
女友達は恥ずかしそうに目を伏せたままでいる。

「な、何をだよ?」

鼻息が荒い状態で意地悪な質問をする。

「きついんでしょ?1人でしてきていいよ・・・待ってるから」

俺と目を合わせずに呟いている。
何も知らないような顔をした女が、なぜ男の生理を知っている?!

「どうせなら、◯◯で出したいんだけど・・・」

あ・・・言っちゃったよ。
言っちまった。

横目で俺を見る女友達。
抱き締めれば、確実に最後までの道のり。
恋のゲームはスタンバイOK?
どっかの裏ビデオのタイトルが頭をかすめる。
俺の暴れん坊将軍は波動砲エネルギー充電1000%!!!
全ての血液がちんちんに集中し、脳貧血を起こしそうだ。

俺の状況を理解した女友達は、一瞬驚いた顔を見せ、また恥ずかしそうに眼を伏せた。
俺はどこかで体の結合を想像していたんだろうな。
甘美な香りの誘惑。
爆発寸前の、一向に収まる気配のない勃起したちんちん。
股間から広がる大宇宙。
靴下を脱ぎたくなる淫靡な衝動。

たぶん「無理」って言われるだけだから、チャック開けて、出してシゴいちゃおうか・・・。
そしたらきっと、3秒もかからずに射精だよ。

疼きが全身に広がってる。
しばらくの沈黙と静寂。
心臓の鼓動が聞こえそう。

「目、瞑ってるから・・・」

手持ち無沙汰にカメラを弄ってる俺に投げかけられた天使の囁き。
頭の中で繰り返されるその言葉は今も忘れない。
いや、忘れられない。

「目、瞑ってるから・・・」

直接、その場で言われてみ!
勝手に精子が出てきちゃうほどの衝撃だよ。
暴れまくりたいのに冷静を装ったりなんかして格好つけてる俺。
目の前のオカズには手を触れられないけど、「見ながらシコっていい」と本人が言っている。
でも、もしも途中で目を開けられて、おぞましい姿を見られでもしたら・・・。
睾丸の鈍い痛み。
溜まりすぎているであろう精液。
女友達は相変わらず俯いたまま。

「目隠ししていいか?」

気の小さい俺は女友達に確認した。
一瞬心配そうな表情をしたが、「別にいいよ」と、あっさり答えたんだよぉ!
『◯◯建設』とかって印刷してあるタオルで目隠しをした。
もうパンパンに膨れあがっているちんちんと睾丸。
チャックを下げてもパンツから出てこない。
びっくりしたね。
極度の興奮だと、少し痙攣してるのな。
パンツなんか、すでに先走りですごい状態になってる。

「タオル、外すなよ・・・」

女友達は声もなく頷いて、息を潜めたんだ。
俺がズボンを膝まで下ろしてちんちん出したら、その雰囲気を悟ったらしく、女友達はちょっと体を強ばらせた。
端から見たら、きっとすごい滑稽な姿なんだろうな。
目隠しされた女の前でシコってるんだから。
せっかくのチャンスだ。
すぐにイッては勿体無い。
先端は真っ赤になってて、はち切れんばかり。

「ちょっとブルマに擦りつけていいかな・・・」

直立して少し脚を開いた女友達の姿に我慢できなくて言った。
そしたら何度か首を縦に振ってる。

(これは“いい”ということだな?)

俺はいきり立っているちんちんの先端を、背伸びして腰骨の辺りから股間へと移動した。
女友達は小さく声を漏らして膝を震わせていた。
そしたらいきなり左手を俺の肩に伸ばして寄りかかったと思うと、右手で俺のちんちんを掴んだんだ。
ヌルヌルになったモノをだぞ。
それどころか、目隠ししたまま、俺の唇にキスをしまくるわけ。
ガチガチと歯が当たって、差し歯だった俺は心配になった。
おしっこも出そうになるし。

で、女友達は、俺のちんちん持ったままキスの嵐。
俺が戸惑うくらいに激しくて参ったよ。
太ももに勃起したちんちんが当たって痛いわけ。
前にも書いたが、女友達の方が脚が長いんだ。
だから俺も抱き寄せて、きつく密着したんだよ。
邪魔なちんちんは太ももに挟んでもらってる状態。
気持ちよくて体がグラタンになってた。
若いときのちんちんだから上向いちゃってて、つまり女友達の股間に当たってんだよ。
もう熱くて射精しそうなの、わかるか?!
貪るようにキスしてると、ちんちんから精液が漏れるのがわかるんだぞ。
(やばい!)って思ってても勝手に出ちゃうわけ。
みっともないったらありゃしない。
やっぱ溜めすぎたのが、最後の最後で裏目に出たんだな。

で、睾丸から精液がダイレクトに尿道へ流れ出る感覚がわかるんだよ。
女友達のブルマは汚しちゃってるし、内腿にも滴っているし。
女友達は目隠しされたまま息遣いも荒くなってきていて、俺に倒れ込むから一緒によろけながら壁まで移動。
しばし、その場所で抱き合ったまま。
すると女友達は、どこでそんなことを覚えたのか、親指と人差し指で輪っかを作り、俺のちんちんに被せて擦り始めるわけ。
俺は本当に体が熱くなって、数秒だと思う、息が途切れ途切れになりながら女友達の股間近くに大量の精液を放出した。
ものすごい快感だった。
魂がちんちんから飛び出したみたい。
そしたら女友達は、まるで自分が果てたように俺にぐったりと倒れ込むわけ。
(おいおい、どっちが昇天したんだよ!)って感じ。
畳にはおびただしい俺の子孫の集合体がぶちまけられているし。
4、5日我慢させたちんちんは、出したのにい勃起が収まらず、女友達の手の中で蠢いている。

「どうしてそんなこと知ってるんだ?」と聞いたら、「中学の時から知ってるよ」だって。

正しく説明すると、男がシコることは知っていたが、シコってあげたのは初めてという意味。

そしたら女友達は自分で目隠しを取ったんだ。
俺はすごく恥ずかしかったが、ちんちんを握られたまま、そのあと女友達がどうするのか興味が湧いてきた。
すると自分のブルマや太ももに付着した精液を眺めながら、ゆっくりとちんちんを動かし始めた。
しばらくの沈黙。
女友達が何を考えているのか心配な俺。

「これで拭いていい?」

掠れた声で聞いてきた。
俺が何も言わず恍惚の表情でいると、手に持ったタオルで俺のちんちんを丁寧に拭いてくれてて、最後に精液のかかったブルマと太ももを拭った。
もう、ちんちんはドックンドックンしちゃってて、全然収まりがつかない。
睾丸なんかも収縮して固まってるし、今さっき射精したばかりなのに、別の生き物みたいに動いちゃってる。
ちんちんを見たのも、射精させたのも、本当に初めてらしく、興味深い視線だった。

この後、俺は女友達の質問攻めにあった。
陸上以外に興味がないような顔して、この真面目な女友達、堰を切ったように男の生理現象についての疑問を投げかけてきた。
結局この時、4回シコシコ射精させてもらって、2回手マンをしてあげた。
残念ながら結合はなし。
それでもお互いにかなり満足してて、ずっとキスしたり、抱きあったり、性器を弄りあったり、とにかく結合以外のすべてをやったと思う。

この日を皮切りに、毎週のようにお互いの性欲処理に没頭した。
週に2回という日もあった。
だいたいは女友達の方からアクセスしてくる。
贅肉のない細い体のくせして、すごい体力だと思った。
俺はやたらと嬉しかったけどね。
結局、その時の彼女とすっきり別れられたのも、女友達が性欲処理をしてくれていたから。

「ありがとうな、いつも」

女友達に彼女と別れたことを伝えた時に、こう付け加えたんだ。
すると女友達は、苦しいくらいに力いっぱい俺を抱き締めて、キスしまくってくれた。