チャラ子の恋心

純愛・青春

某SNSサイトで『同じ大学に入学するからよろしく』と入学前に知り合った彼がいます。
大学がちょっと遠い県外だったため、引っ越して初めてのお友達。
最近、彼と遊ぶ機会が多くてよく家に遊びに行きます。
お泊りするようになって、友達だしと一緒の布団に寝たのが始まりで、彼の行動が日に日にグレードアップしてます。

私と彼はともに関西人で、関西でない大学のため周りに関西人が少なく、話し方やノリが合うことからリアルで会ったその日から意気投合して友達になった。
私は基本性質がチャラ子そのものであるため、誰とでも同じ布団で眠れる。
春頃はそのことが友達内で話題となり、『プレイガール』の称号までつけられた。
プレイはしないけど・・・。

その彼は学部が違い、最近まではお互い忙しく会う機会が少なくて、たまに学内で会って「よっ」って挨拶する程度だった。
大学での生活が落ち着いてきた夏頃からカラオケなんかによく一緒に行って、「やっぱお前って気ぃ使わんで良いから楽や」って言われて、(確かにww)と思いながらそれからもよくカラオケに行った。
ただ、なぜか彼の家には行かなかった。

11月に入ってから某SNSサイトの書き込みのノリで春以来に彼の家に行った。
夜中に、迷いながら、原付で(笑)
2時頃だったと思う。
結局眠くて眠くて、「眠いんやったら寝る?」って言われたから素直に頷いた。
そしたら「どこで寝る?」って聞かれて、いつも友達に言うノリで言った。

私「抱き枕になってくれてもいいよw」

彼「んじゃおいで」

初めて一緒に寝る人はたいてい「えっ」ってキョドるのに、彼は普通の返しで、ちょっとドキッてしたのは内緒。
んで布団入ったは良いものの、寝れなくて彼を突っついてこしょばした。

彼「俺、こしょばくないし」

私「面白くなーい」

とか言いながらずっとお腹とか脇腹とかこしょばした。
寝てたのは15分ぐらいやったらしい。
彼曰く、「10秒で寝た」とか。

起きたら彼の腕枕だった。
そしたら突然、ガシッと手を掴まれた。

彼「アホか、乳首はこしょばいわ!」

思わず吹いた。
単純な私はやめとけば良いのに、ひたすらお腹と見せかけて乳首!とか、ガッシリした奴やから胸板のAカップをわしっと掴んだりして過ごした。
今思えば、ただ誘ってるみたいやなw
そしたら・・・。

彼「同じことすんぞwww」

私「できるもんならしてみやがれ」

彼「俺、ホンマにするからな」

みたいな会話を最後に私は一時就寝(←ただ知らん間に寝てただけ)。
私はトイレ行きたくて起きたらしく、とりあえずトイレを借りた。
布団に戻ったら、今度はすぐに腕を貸してくれた。
そういえばこしょばしてたなと、こしょばし再開。
胸板Aカップわしっも忘れずにw

そしたら、「もう大人しく寝ろ」って抱き締められたから大人しく寝た、フリをしたw
そしたら私のお腹あたりに違和感。
なにか硬いモノで凄い勢いで擦られた。
思わず・・・ってかびっくりして、「んっ」って言ったら止まった。

その後も、顔を覗き込まれる。
↓「起きとる?」って囁かれる。
↓擦られて、「んっ」って言う。
↓手を持ってかれて何か硬いモノを握らされる。
みたいなループw

(起きて目が合ったら確実に喰われるw)

そう思って頑張って寝たふりww
その日はそのまま朝になって、私は何事もなかったような顔して帰った。

それから2、3日した頃に家でトラブルがあって、彼にメールで励ましを求めた。
そしたらどこで何を間違えたのか下ネタトークになった。

『家に居づらいから行ってもいい?』

『来たらええやん。けど、来たらヤるよ』

そんなこと言われてまで行くなんてできなくて、その日は違う人の家に行った。
で、この辺りでずっと友達だと思ってた彼だけど、私は彼に惚れてるって事実に気づいた。
もうその時点で私の中で彼は友達じゃなく1人の男だった。

そのまた3、4日後に一緒に飲もうってなって、彼の家に7本のチューハイと14%ぐらいの果物のお酒を持って行った。
私はもう『来たらヤるよ』って言葉をすっかり忘れて、「飲み会だー♪」と呑気に彼の家に行った。

彼の家に着いてなんやかんやワチャワチャ片付けて、「最近どーなーん?」みたいな話をしながらチューハイ片手にテレビ観てた。
彼は飲み会が続いてたらしく、「あー俺、今日飲めへんわ」って1本だ空けて一緒にテレビを観始めた。
私は1人で飲むのは気が引けたが、「お前は飲んだらいいやん」ってチューハイを渡された。
とりあえず渡されたチューハイを飲みながら、彼が疲れてそうな気がして、「なんかあったん?」って聞くも、「何もないよ」って流された。
私は確かその時、徹夜続きで眠かった。
じゃあなんで飲み会やねんってなるけど、彼と飲める初の機会だったために無理をしていた。

しかし、友達である彼に眠たさを誤魔化せるはずもなく、「眠いんやったら寝たら?w」って布団出してくれたから素直に従った。
布団に入ったら、彼は私の横に入ってゲームを始めた。

(こいつ、ゲーム好きやな)

とか思いながら彼の体温に安心して引っ付いて眠った。
・・・のが間違いだった。

ふと目が覚めると私は何か硬いモノを握っていて、その上から持たれて上下に動かされていた。
2、3回触ったことのある感触だったため、見るまでもなく何か硬いモノの正体と、その目的は把握できた。
思わず声を出してしまいそうなぐらい驚いた。
その反面、(こいつの行動を観察してみよう)ってブラックチャラ子が顔を出した。
でも、この微妙な行動でヌかれたら面白くなかったため、手を引っ込めた。
で、私は寝返りを打った(プラス不機嫌な声)。
と言うのも、彼がスリリングな状況の方が燃えるっていう性質をなんとなく汲み取っていたから。

彼にとって怖いものは、田舎のお母さんだけのようだった。
寝返りを打った私を強引に引き戻し、また握らされた。
でも今度は、彼の手は私の手に添えられただけだった。
疑問に思うまでもなかった。
彼の逆の手が服の上から私のおっぱいを撫で回していたから。
さすがのブラックチャラ子も身体を撫でまわされて感じないはずもなく、思わず声が出た。
彼は一時停止し、私の顔を覗き込んで一言。

彼「起きた?」

私がチャラ子と自称する一つの要因は、かなりハイスペックな寝たふりができることである。
しかし、その不安げな声色にさすがの私でも吹き出しそうになった。

チャラ子に2つの選択がやってきた。
1つは思いっきり笑ってネタ晴らし。
そして、お互い意志を持ってのセックス。
もう1つは寝たふりを続行。
もちろんチャラ子の悪戯心は寝たふり続行だった。

チャラ子の恐ろしさは、いかなる場所でも場合でも夢を見るほどの眠りにつけるところにある。
自分の意識なしに事が運ぶのは怖かったが、なんせ徹夜続きで眠かったためしばし睡眠。
服の中に手が滑り込んできたのを感じながら、ふと目を開けると目の前には何もなかった。
しかし、何が起こっているのか把握するのにそう時間はかからなかった。

私のお腹を彼の息子が突いていた。
さらに私の服が捲りあげられ、彼は私の胸に顔を埋めていた。
私の両手は彼の頭を抱き締めていて、私の足と彼の足は絡まっていた。

自慢ではないが私はデブい。
お腹は出てるし、太もももブニっとしている。
デブいがゆえに胸もそこそこデカく、75Eのブラから溢れるくらい。
胸は中学1年の時急激に成長したため、見事なまでの陥没乳首である。
というのを前提にこれからは話を聞いて欲しい。

彼は、しげしげと眺める→潜るみたいに顔を谷間に突っ込む、みたいな行動を何度か繰り返していた。
お前は小学生か!
しばらくすると潜ってこなくなった。
やっと飽きたか小学生と思ったのもつかの間、彼は私の乳首に吸い付いた。

チャラ子、乳首はかなり敏感。
つまり、チャラ子の口から結構な声が漏れた。
一瞬、吸い付く力が弱まったが、また再開。

(これ、私ヤバくね?w)

とか他人事に考えつつ身体を捩ったら、腰あたりにガシっと腕を回されて身動きが取れなくなった。
15分ちょっとか、もしくはもっと長く。
彼はひすら赤ちゃんみたいに乳首に夢中だった。
でも女の意見だけど、乳首にひたすら吸い付かれると痛いです。
時に舐めて、時に甘噛み、時にきつく。

(こいつ・・・おっぱい星人や、ぜったい)

そう決めつけた頃、私の方がおっぱいに気を取られてたことに気が付いた。
穿いてた短パンが知らない間に脱がされていた。
私は特に足に自信があるわけでないため、短パンやミニスカートを穿くときはタイツ着用である。
つまり、その時の私の格好は、服を胸の上まで上げられタイツを穿いているという七不思議な格好だった。
さらにタイツもずらされていて、(これ、なんなん?)と思いつつも、色々感じまくっているチャラ子にどうすることもできなかった。

すると突然、痛みを覚え始めた乳首から彼の口が離れた。
彼は布団から起き上がり、溜息をつきながら頭をガシガシしていた。

(今日は終わりか、助かった)

そう思ったのも束の間、目の前に彼の足が現れた。
詳しく書くと、眠りにつく前、彼はヒートテックみたいなぴっちりした長袖を着ていてボクサーパンツを穿いていた。
足が目の前に現れたのは布団の中から、つまりそのときの体勢はまさしく69!

チャラ子、動揺する。
しかしチャラ子は完全に夢の中だと思っている彼の行動はどんどん大胆になっていた。
私の手をまた取って、何か硬いモノを握らせた。
たまに胸を揉みながら私のタイツをどう脱がせようか考えているみたいだった。
タイツをパンツの下まで脱がせた彼はまた起き上がった。
そして私の足を持ち上げ、私を仰向けにさせ、私の足の間に胡坐をかいた。
そして私のタイツをスルスルと音を立てて脱がせた。
私の上にはごつい羽根布団。
彼の動きを見ることができない。
すると、そのデカい布団の山の上から彼が顔を出した。
危うく目が合いそうになった。

彼「起きとる?」

「起きてますよー。なに人の寝込みを襲ってんですかー」とは言えず、寝たふりを続けた。
で、足の間に座られたら、仰向けの私の足は必然的にあれですよね。
そうです、M字です、はい。
彼の姿がまったく見えなくて、産婦人科での検査みたいな気分だった。

その状態で、彼からの目線を妄想すると、パンツ(黒)を穿いたムチッとした足が自分の腰に回ってて、その姿はどうぞ召し上がれと言わんばかり。
この布1枚向こうには欲求不満を満たす蜜壺がっっ!
脱がすか脱がすまいか、ズラすか・・・。
そんなことが彼の行動から読み取れた。

で、彼の選択は、『脱がさない』だった。
パンツの上から何か硬いモノを突き上げるみたいに押し付けられたときは、さすがに奪われた気分だったけどww
私の中に指1本、彼は入れなかった。
突き上げられた瞬間に、「アンッ」ってなって、彼はまた一時停止。
そこから3分待ったものの、もう何もしてこなかった。

が、私の服を直す素振りがなかったため、起きてやることにした。
どうやって起きたか、彼に私は目覚めたよって主張する必要がある。
なので思いっきり咳き込んでやった。

彼「チャラ子(本名伏せます)、起きた?」

私「げほっ、・・・ふん、朝?」

彼「いや、夜中」

そろそろ自分の格好に気づけ。
そしてチャラ子名演技w

「え?は、なんで?!てめっアホか、なにしとんねん!」

「隣で警戒もせんと寝とるから悪戯してやった」

意味不明・・・はぁ。
落ちてたタオルで隠しながらトイレに向かった。

彼「今さら隠したって全部見たわw」

私「黙れw」

んでトイレから戻って、脱がされたタイツと短パンを穿いて寝た。
彼はゲームしてた。
そしてまた夜中に目覚めたら、私の腕枕で彼が寝てた。
窒息させてやろうかとも考えたが寝顔が可愛かったため見逃した。
結局は惚れた弱みw

私はその日、サークルがあった。
目覚めたのは集合時間。
仲間からの鬼電で、焦った私は飛び起きた。
彼はまたゲームしてた。
夜中の出来事を完全になかったことにして私は支度して、「昨日はありがとう、また飲もう」と彼に言って家を出た。
その日はそれで終わり。

チャラ子の乳首は陥没型。
彼にかなり長い時間、きつく吸い付かれていたため、妙に痛いなと見てみたら、チャラ子乳首が陥没じゃなくなってるw
しかも、結構日にちの空いた今ですらズキズキするくらい痛いw

それから数日後、彼との関係に動きが起こりました!
皆既月食の日だった。
私は1人で自宅の玄関で眺めてたわけです。
そしたら某SNSサイトのコメントで彼が『俺んち、めっちゃ綺麗に見えるで』って言ってくれたわけです。
速攻で電話して彼の家に行きました。
満点の星空と皆既月食、ミステリアスでロマンチックでした。

私「太陽の光を受けなくても存在がはっきりわかる月って、『隠し事しても見えてるよ』って言われてるみたいでなんかドキってするね」

彼「そう?チャラ子は隠し事しとるん?」

私「いっぱい・・・でも言わへんよ」

彼「じゃあ俺も言わへん」

私「え、なにか隠し事あるん?言ってやー、私とあんたの仲やん?」

彼「えー、ハズい」

私「じゃあ一個ずつ話してくってのでいい?」

彼「意味不明wいいよ、じゃあ、チャラ子の隠し事のレベル考えて俺も話す」

フラグやと思ったのはチャラ子だけじゃないはずw

私「チャラ子はチャラいです」

彼「その事を知っています」

私「おいw」

彼「隠し事、全部それやったらぶっ飛ばすw」

私「残念wチャラ子は彼氏いないです」

彼「俺もいないです」

私「チャラ子は処女ではありません」

彼「俺はそれを聞いて少なからず落ち込みました」

私「その理由が知りたいです」

彼「知りたい訳を知りたいです」

私「ちょいストップ、これなんかズレとるw」

彼「せやなw」

私「チャラ子は大学生なってから友達に処女をあげました」

彼「俺は高校の時に童貞捨てました」

私「処女あげたの後悔してます」

彼「俺は童貞捨てて清々しいです」

私「どうせなら好きな人にあげれば良かった」

彼「それが誰か気になります」

私「それで自分やったらどうするん?」

彼「あれ、俺じゃないん?」

動揺した。
顔が赤くなるのが自分でわかってしまうのは初めてやった。

私「・・・」

彼「・・・」

マジで、このチャンス逃したら一生言えへんって思った。
『チャラ子、行きます!』って心の中で叫んだ。

私「じゃあ一番の隠し事・・・」

彼「うん」

私「一緒に◯◯(彼)と寝た日、実はほとんど全部起きてた」

彼「俺は知ってたよw」

私「・・・え?w」

彼「だって1回、目ぇ合ったやんw」

私「マジか、うわ、ハズい///」

彼「せやからヤっていいんかなって思ったけど、やっぱ恥ずかしがってるとこ虐めたいからやめた」

私「じゃあ、2番目の隠し事もわかってるわけか・・・」

彼「ん?わかるわけないやんw何?言ってやw」

こいつ、絶対確信犯や!

私「・・・10秒待って」

彼「わかったw」

月を見てみた。

「いーーーち、にーーーい」

皆既月食が部分月食に変わってきてた。

「さーーーん、よーーーん」

彼の顔を見上げた。

「ごーーーぉ?ろーーーくw」

彼が悪戯っぽく笑っててときめいた。
1回目を瞑った。

「なーーーな、はーーーち」

彼の声が心地良かった。

「きゅーーーう、じゅ!」

私「私、好き」

彼「自分が?w」

私「ちゃうわ!w・・・◯◯のことが・・・」

チャラ子、頑張った!

彼「?w」

私「え?」

彼は超悪戯っ子みたいな顔になってた。

彼「俺はどうしたらいいん?w」

私「どうしたらと言うと?」

彼「チャラ子はチャラい。これは紛れもない事実。俺はそれが不安」

私「うん・・・?」

彼「意味、分かる?」

私「・・・」

彼「俺もチャラ子のことが好きやねん。でもな、お前がふらふらすると俺ばっかり本気みたいやん?」

私「うん・・・ん?え、◯◯って私のこと好きなん?」

彼「好きでもないデブに悪戯なんかするか、アホw」

私「・・・喜んだらいいん?落ち込んだらいいん?」

彼「落ち込んどけ!wで、チャラ子はどうしたいん?」

私「・・・◯◯の・・・特別になりたい」

彼「・・・交換条件付けていい?」

私「え?うん・・・なに?」

彼「チャラ子の中で俺のことを特別にして」

私「・・・特別、やで?」

彼「いや、気持ちが特別なんは知ってるw要するに・・・」

私「うん?」

彼「他の男の部屋に1人でいかんとって。んで、俺以外のやつと同じ布団で寝んとって」

私「◯◯が私をぜんぶ引き受けてくれるなら・・・喜んで」

彼、俯きながら、でっかい溜息ひとつ。
何か体の空気が抜けるみたいにw
んで私の方見て・・・。

彼「約束・・・な?」

私「うん!」

今朝起きて、夢じゃないか確かめてしまった。

彼「夢でたまるかwやっと捕まえたのに・・・約束、守れよ?」

私「チャラ子、約束は守る女です!」