溜まり場で行なわれていた先輩たちの乱交パーティ

乱交

先週、街中で偶然昔の知り合いに出会いました。
やっと記憶が薄れかけていたのに、その人のせいで思い出してしまったことがあります。
誰かに話したいけど話せない体験なので、こちらで吐き出させて下さい。

偶然出会ったのは2つ年上の先輩Aで、今は真面目にサラリーマンをやっています。
今は・・・といっても、ボクが出会った当初からあの集団の中では1番まともだったと思います。

「久しぶりだな!」と近況報告などをしつつ、そのまま飲みに行くことになりました。

酒が進むにつれて昔話になり、トラウマになっている話をするハメになったんです。

当時ボクは中3で、受験も終わって暇な時間を過ごしていました。
同じく受験が終わったグループと近所のゲーセンに行ったりしてたんです。
そこで同じサッカー部の1つ上の先輩に会いました。
暇だと言うと、「じゃあ遊びに来いよ」なんて誘われて・・・。
同じ中学の先輩が数人いると聞いてたので、ボクと友達3人で行くことにしました。

そこはチャリで30分くらいの所にある一軒家。
駅からすごい離れたマジで小汚い平屋です。
周辺は畑になっていて、隣とは50mくらい離れているような地域でした。
家の敷地内にある駐車場には車2台と原チャリが数台停まっていて、ちょっとヤバいかもと不安になったのを覚えています。

先輩に促されて家の中に入ってみると、8畳くらいの部屋に5人がいました。
その中には街中で偶然出会った先輩Aもいました。
自己紹介をすると先輩と同級生や、もっと年上の人たちだと分かりました。
僕は高校に行ってもサッカーを続けようと思っていたので、先輩の仲間に勧められた煙草を断ってお茶を飲んでゲームしたりしてたんです。

夕方過ぎになり、1人また1人と人が増えていきました。
自己紹介するたびに分かったのは、全員が年上だということです。
1番年上は19歳の人でした。

「ここは俺の家だから気軽に遊びに来いよ、パー券とか売ったりしないから」

笑いながらそう言われたのを覚えています。
なぜ呼ばれたのかも分からぬまま、その日は帰りました。
帰り道で、「ちょっとヤバいよな」と友達と話し、もう行かないでおこうという話になりました。

でもそれから数日して、同じゲーセンであの日あの家にいた年上の人に出会いました。

「今日はすげぇ~楽しいことがあるから来いよ」

そう誘われて、結局また同級生と2人で行くハメに。
その人からは、「17時過ぎに来いよ!」と言われていました。
誘われていた時間に行くと、駐車場には車が1台と原チャリが確か5台停まっていて、笑い声と一緒にキャーキャー騒ぐ声が漏れていました。
恐る恐る入ってみると、真っ白になるほどタバコで煙った部屋には8人の男女がいました。
すでに酔っ払っているのかキマっていたのか、ボクらが入っても関心を示しません。

ビックリして固まってしまったボクが見たのは、女の子全員が全裸という状況でした。
コタツの前やそこらに全裸であぐらをかいたりして座っているんです。
しかも女の子は3人いて、どう見ても高校生かそのくらい。
童貞だったボクは、初めて見るリアルな女の子の裸体に衝撃を受けました。
勃起するとか興奮するっていうよりも、あまりにも衝撃的過ぎて反応できなかったんです。

案内されてコタツの横に座りましたが、斜め後ろと目の前にはオッパイ丸出しの女の子がいました。

「な~に~、この子ぉ~」

ゲラゲラ笑われたりしましたが、ボクなんかにはまったく興味なしって感じでした。
年上の人たちは、バカ騒ぎしながら女の子の乳首を摘まんだり、普通にオッパイを揉んだりしています。

「やめてよぉ~」

なんて笑いながら軽く拒否る女の子でしたが、本気で嫌そうな雰囲気ではありません。
目のやり場に困っていると、「お前も触ってみな?」と横にいた先輩に言われました。

「ほらぁ~ボクぅ~触っていいよぉ~」

女の子が胸を押し付けてきました。
何がなんだか分からないまま、ボクは初めてオッパイを揉みました。
この子(後に分かった名前はルミ)は1番の巨乳で、推定Fカップくらい。
軽くポチャっとしていましたが、二段腹とかではないスタイルでした。
顔はというとヤンキー丸出しで、髪はキンキンだし、眉毛は細すぎ。
年齢は18歳で、高校中退後はスナックなどでバイトをしていると聞きました。

プニュプニュしたオッパイを揉んだり乳首をクリクリしていると、ようやく興奮してきました。
一緒に来た友達はというと、先輩に何か話しかけられてて、「ハイ・・・ハイ・・・」と座っていました。
時々ボクの方を見て羨ましい目差しを送ってきます。
ボクと友達以外は全員酒を飲んでいて、もう完全に出来上がっていました。
聞いた話だと、昼過ぎから飲んでるとか。

その家に到着して1時間くらいだったと思います。
ちょっと小太りで普段は愛嬌があるけどヤンキーチックな先輩Bが王様ゲームを提案しました。
ボクと友達は隅っこに移動して、その有り様を見ているだけ。
初めのうちはなんともなかったんです。
でもこのゲームがいつものはじまりの合図だったらしく、ゲームの内容はエスカレートしていきました。

女の子全員によるフェラチオ。
女の子が各々男を3人を指名して、仁王立ちさせてしゃぶるんです。
目の前でいきなりの光景ですから、ボクも友達もどうしていいのか分かりません。
先輩たちはギャーギャー騒ぎながらジュポジュポしゃぶられていました。

男を代えてのフェラタイムが何度か続き、次はオマンコ開帳タイム。
コタツの上に座った女の子が足を開き、男たちがオマンコを広げて騒ぐんです。
ヤダヤダ言いつつノリノリで足を開く女の子たち。
女の子3人が広げたオマンコを見て、正直興奮しっぱなしでした。

3人が御開帳した後はクンニタイムです。
女の子がまた男を指名して、指名された先輩たちがクンニをはじめました。
すぐに女の子たちは喘ぎ声を出すようになり、指まで入れられている状態です。
クンニしていない男2人がチンコを出して喘ぐ女の子の口に近付けると、女の子は躊躇もなくしゃぶりはじめます。

「お前らもしてもらえよ」

そう誘われましたが、動くことができませんでした。
『どうする?』と友達と目で会話をしていると、そこに新しい先輩2名がやってきました。

「も~やってんのかよぉ~!」

デカい声で入ってくると、挨拶代わりとばかりにいきなりチンコを露出。
笑顔でそれをしゃぶりはじめる女の子。
目の前で乱交プレイが普通にはじまりました。
ぶっちゃけボクは勃起していました。
その集団に混ざりたくてウズウズしてもいました。
でも友達がいる手前、どうしても動くことができなかったんです。
たぶん友達も同じだったと思います。

襖が開かれて奥の部屋にあるベッドに女の子1人と男3人が入っていきました。
襖は全開に開いているので僕たちから丸見え状態です。
なのに4人全員が全裸になり、フェラ、クンニ、オッパイ舐めなどをしていました。
目の前にいた女の子2人と男5人は、奥で繰り広げられている複数プレイに触発されたかのように、ほぼ全裸になって同じようなことをはじめました。
女の子の喘ぎ声やグチャグチャと卑猥な音がアチラコチラから聞こえ、軽くパニック状態です。

「あぁ~もう我慢できねぇ~!」

目の前でクンニしていた先輩が、突如正常位で入れはじめました。
相手はさっきボクが揉んでいた巨乳の女の子で、生でガシガシと腰を振られていました。
女の子は喘ぎまくりで2本のチンコを握り締め、交互に舐めたり咥えたりしています。
それを見て他のグループも入れはじめ、とうとう3グループ全部が本番をはじめました。
すぐに気が付いたことは、入れているのは全員年長者だということです。
各グループの1番年上がまず初めに入れているようでした。
3人の女の子は喘ぎまくりで、「いい!」とか「もっと!」とかを連発。
半ば放心状態でしたが、しばらくして信じられないものを見てしまいました。

「あぁ~イクぞぉ~!」

目の前で入れていた先輩が叫ぶと、そのまま中で出し始めたんです。

(中出しかよ!)

驚いて見ていると、チンコを抜いたオマンコから精子が流れ出ていました。

「次は俺ね」

さも当然のような振る舞いで、今までフェラしてもらっていた先輩が入れはじめました。
さっき中に出されたばかりの精子まみれのオマンコに、何の躊躇もなく入れるんです。
女の子もそれが当然だと言わんばかりに喘ぎまくり、騎乗位では腰を振りまくりでした。
精子を出して冷静になったのか、出し終えた先輩がトランクス姿で隣に座ってきました。

「お前らもヤラせてもらえよ、童貞だろ?」

「あぁ、いや・・・大丈夫です、見てるだけで」

「まぁ初めはビビるからな。入れたくなったら何も言わずに混ざっちゃえよ」

「はい、ありがとうございます」

少し離れた場所でも奥のベッドでも、同じように中出ししているようでした。

全員の中出しが終わったのはそれから1時間半後。
女の子たちは全員グッタリして横になったままで、先輩たちはギャーギャー騒ぎながら酒を飲んでいました。
そして女の子も復活してくると、オマンコにティッシュを当てて一緒にまた騒ぎ出すんです。
今がチャンスと思ったボクは、「そろそろ帰らなきゃいけないんで・・・」と伝えました。
あっけらかんとした反応で、「そう?じゃ~な!」と言われ、ボクらは家路に就きました。
友達もボクも興奮冷めやらぬ状態で、さっきの出来事を興奮して喋りながら帰りました。

次の日、その話を友達にすると全員が羨ましがりました。
だからなのか、次の日からは毎日5人くらいの友達がゲーセンに行くようになり、誘いを待つ状態になったんです。
でもそれから2週間くらいはどの先輩とも会いませんでした。

3月の終わり頃、友達2人とゲームをしていると、そこに小太りヤンキー先輩がやってきました。
そしてまた誘われて行くハメになったんです。
でも友達はどうしても帰らなきゃいけない用事があり、今度はボク1人でした。
いつものようにチャリで向かうと、女の子1人が4人の男たちに囲まれていました。
AVみたいに「アンアン」と喘いでいるその女の子は、前回見たぽっちゃり巨乳の子です。
ボクはお茶を飲みながら隅っこで見ていました。
小太りヤンキーは喜びながらすぐにその輪に加わり、5対1のセックスが繰り広げられていました。
またもや居心地の悪さを感じていたのですが、すぐに前回いた女の子と知らない女の子2人がやって来ました。
後ろには4人の先輩を引き連れて・・・。
その先輩の中に街で偶然会ったAさんがいて、ボクはAさんと喋っていました。
Aさんはあまり参加したくないらしく、2人でゲームをやっていました。
後ろでは乱交が繰り広げられているのに・・・です。

狂ったような乱交が続く中、後ろを気にしながらゲームをしていると、今までで1番年上っぽい女の人が来ました。
ラリっているのか酔っ払っているのか、フラフラしています。
先輩達に声をかけられてもシカトしてて、なぜかボクの隣に座ってきたんです。

「こんばんは」

Aさんは顔見知りのようで、挨拶を交わしていました。
明らかに1番綺麗というか美人で、ニコリともせずボクに、「アンタ誰?」と尋ねてきました。
自己紹介すると、名前はマキ、19歳でキャバ嬢だと教えてくれました。

「参加しないんですか?」なんて聞けるわけもなく、気まずい雰囲気の中、3人でゲームをやっていました。

マキさんは酒を飲み、Aさんとチラホラ喋っているようでした。
しばらくするとマキさんはフラフラっと立ち上がり、乱交中の男女を跨いで廊下に向かいました。

「あの人、なんか変わってますね」

ボクはAさんに尋ねました。

「上げ下げが激しいんだよ。アゲアゲの時はみんなとヤッてるし」

「そ~なんすか?」

「つ~か、お前童貞だろ?マキさんのとこ行ってくれば?」

「いや~、そんな勇気ないっすよ」

「今トイレに行ってるから、俺に言われたとか言ってやって来いって」

童貞のボクを心配してくれたのか、「早く行け!」と小声で囁かれました。

「じゃ・・・」とボクは静かにトイレへ向かいました。

乱交してる人たちはボクには気が付かないのか、セックスに没頭している状態でした。

静かに廊下に出て、突き当たりのトイレに行きました。
脱衣所に扉があり、ボクはその前に突っ立って待ちました。
少しして水を流す音が聞こえ、中からマキさんが出てきました。

「ごめん・・・待ってたの?」

ボクがトイレ待ちしていると勘違いしたようです。
勇気を出して、Aさんから行って来いと言われたことを話しました。
マキさんは髪をガシャガシャかき毟りながら、「ダルいけど童貞ならいいか・・・」とボソッと言いました。

マキさんはボクの前にしゃがむと、何も言わずにベルトを外し、一気にトランクスを脱がされました。
いきなり下半身を丸出しにされて、緊張していたチンコは縮こまったままです。
そのチンコをマキさんはガシッと掴み、いきなり口に咥えてきました。
焦らしもなく、いきなりのハードフェラでした。
気持ち良過ぎてボクはすぐにギンギンに勃起してしまい、天にも昇る気持ち良さを味わっていました。
たぶんほんの数分だったと思います。

「イキそうっ!」と言ったと同時に、ボクはマキさんの口の中に出してしまいました。

すると、マキさんは無言で部屋に戻っていきました。
放心状態のボクはトイレに入り、トイレットペーパーを濡らしてチンコを拭きました。
ボクにとって初めてのフェラは、ムードも何もありませんでした。
ただジュポジュポとしゃぶられて口に出しただけです。
すごく情なくなったのを覚えています。

しばらくして部屋に戻ってみると、驚いたことにマキさんに男2人が群がっていました。
もうすでに全裸になったマキさんは、チンコをしゃぶりつつクンニをされていました。
俺に気が付いたAさんは、ヤレヤレといった呆れ顔でした。
1人の女の子がオマンコから精子を垂れ流したままで寝ていて、1人の先輩がオッパイを揉んでいました。
マキさんとヤリたいらしく、他の先輩も動きはじめました。
男2人にマキさんは足を持たれて大きく広げられ、そこに次々と男が挿入して中出しをするんです。
マキさんは涎を垂れ流し、白目になったりしながら雄叫びのような声を上げていました。
ほとんどAV状態で、5人が立て続けに中出しをしてました。
終わった先輩たちは横に転がっている女の子に戻り、また触りはじめるという始末。
無毛に処理されているマキさんのオマンコは周辺が赤くなっていて、白濁色の液体ですごいことになっていました。
卑猥とかそんなレベルじゃなくて、ボクには犯され続けているようにしか見えませんでした。
マキさんも望んでいるから犯されてるわけじゃないんだけど、なぜかそんな風に見えたんです。

気持ち悪くなって目を逸らしても、違うところで別の男女がヤリまくっています。
この異常な空間に吐き気さえ覚えました。
ボクはトイレに行き、脱衣所で顔を洗っていました。

「大丈夫か?」

後ろから声をかけてきたのはAさんでした。

「俺も帰るから帰るか?」

ボク達は誰にサヨナラも言わぬまま外に出ました。

「コーヒーゴチってやるよ」

Aさんに言われてファミレスに行きました。
Aさんは原チャリだったので、徒歩のボクは遅れて店に着きました。
しばらくは無言状態でしたが、ポツポツとAさんが喋りだしました。
あの家に来る女の子は全員で6人くらい。
マキさんのように1人で来る子はいなくて、多くは先輩か友達と来るらしい。
ピルを飲んでいるから全員中出しOKらしく、帰るまで何度も中出しされるらしい。
Aさんも付き合いで行くけど、どうもあの雰囲気が苦手だと言ってました。
最後に見たマキさんの姿が頭から離れず、ボクはもう行きたくないと伝えました。

「その方がいいよ。学校が始まったら行かなきゃいいし」

女の子全員が好きでセックスしてるのかと思っていたら、実際はそうじゃなかったらしいです。
セックス好きだったとしても、いくらなんでも誰とでもってのはキツいわけで、家出した時の泊まる家にさせてもらったり、ただでご飯を食べさせてもらえたり、色んな事情を抱えてるみたいです。
あのまま流されなくて良かったと思います。

でもあれ以来、輪姦系とかレイプ系のAVが見れなくなりました。
もう完全にトラウマです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

乱交

Posted by ちょっとエッチな管理人