担任の女教師とクラスの優等生の女の子

オナニー

中学の頃はよくお世話になったネタの一つなんだけど、最近ふっと思い出したので書かせてもらいます。

オレが小4の時、昼休みの教室で担任の女教師とクラスの優等生の女の子が二人で楽しそうに話しているのを見掛けた。
もうすぐ夏休みでみんな少し浮かれていて、そんな雰囲気がなんだか楽しかったのを覚えている。

女教師は教室前の窓側にある自分の机に座っていて、女の子はその横でニコニコしながら前後にゆらゆらとリズムをとって揺れるように動いていた。
すらりと背の高い子で大人っぽく(当時のオレにはそう見えた)、涼しい切れ長の目と肩まで伸びるストレートヘアが印象的な子だった。
担任はきれいな人だったが、ちょっと気の強い感じで、当時のオレらにはとっつき難かった。

優等生の女の子は、そんなこと気にもしないようで、他のみんなとは違って普段からよく先生と話をしていた。
今から思えば、二人はよく似ていたんだと思う。

ただ今日はなんだか様子が違うようで、女の子がいつに無くはしゃいでいるように見えた。

「どうかしたの?」

駆け寄って話しかけてみたが、二人から返事はなかった。

女の子は迷惑そうな素振りを見せたあと、ゆっくりと身体の動きを止めた。
オレが来たことが気に入らないらしい。

「続けなさい」

彼女は驚いて先生の顔を見たが、表情を変えない先生を見て困ったような顔をして目を伏せたあと、また前後に揺れ始めた。

「どうしたの」と僕は尋ねた。

「前ほど楽しそうじゃないね」

彼女は驚いて僕の方を見た。
目に薄っすらと涙を浮かべ、軽く口を開いて耳まで真っ赤にしていた。
顔は僕の方を向いていたが、目は僕を見ていなかった。
僕と彼女の間の何かを見ているようだった。

何をしているんだろうと彼女らをよく見ると、椅子に浅く腰掛けた先生のタイトスカートから伸びる形の良い足の片方を彼女が跨ぎ、太ももで挟み込んで立っていた。
先生はその膝を貧乏揺すりをするように小刻みに動かしたり、両膝で彼女の太ももを挟み込んだりしていた。
彼女もスカートを穿いていたので先生の膝がどこまで届いているのかはよく分からなかった。

なんだか異様な雰囲気にオレはその場を立ち去ろうとすると、

「しばらくそこにいなさい」と先生に呼び止められた。

そして彼女に向かって「どう?見られてると気持ちいいでしょ」と言い放った。

彼女は戸惑ったような顔で先生の方を見た後、ゆっくりと目を閉じてから微かに頷いた。

こんなことが気持ちいいのか?と思い、彼女の方に向き直ってジッと彼女を見ていると、前後に揺れていた彼女の体が徐々に動かなくなり、徐々に腰を前後に動かせて先生の膝に下半身を擦りつけるような動きへと変わっていった。
頷いたまま下の方を向いていた彼女に向かって先生は、「◯◯君(オレの名)の方を見なさい」と声を掛けた。

彼女はゆっくりとこちらに顔を向けた。

腰はゆっくりとだが大きく前後に動いていた。
薄っすらと口元に笑みを浮かべ、虚ろな目でこちらを見ている。
彼女になんだか気まずくなったオレはどうして良いのか分からないまま微笑み返した。
彼女はオレに答えず、眉間にしわを寄せると目を閉じた。

ますます気まずくなったオレはその場を離れようと一歩後ずさると、すかさず先生は「◯◯君、何をしてるか分かる?」と声を掛けてきた。

「分かりません」とオレが答えると、先生は薄笑いを浮かべて椅子に深く腰を引くと、膝を彼女の股の間から抜いた。

声を掛けられたオレはタイミングをはずされて動けなかった。
突然膝を抜かれた彼女は戸惑い、もじもじしながら先生の顔を見た。

「もっとしたいの?」

彼女に向かって先生は声を掛けた。
彼女はちらっと僕の方を見てから先生の方に向き直り、顔を真っ赤にして俯いた。

「自分で触りなさい」

彼女は先生の言ったことに驚き、先生の顔と僕の顔を交互に覗き込んだ。

「あなたくらいならこれまでに何度もしたことあるでしょ?どうなの?」

彼女は困ったような顔をして僕を見た後、先生の方を見て力なく頷いた。

「じゃあ出来るでしょ?」

先生が言うと、彼女は肩幅くらいに足を開き、軽く膝を曲げて、スカートの裾に手が届きやすいようにして、左手でスカートの前の裾を掴んだ。
僕は何を触るのか、何が起きるのかさっぱり見当がつかなくて彼女の動きをジッと見つめていた。
彼女がオレの視線を気にしているのがありありと分かった。

口元に薄ら笑いを浮かべていた先生の表情が堅くこわばるのを見て、彼女は意を決したように動き、先生机の角に下半身を押し付けた。

「いつもそうしてるのね?」

先生はゾクッとするような笑みを浮かべて彼女を見た。
前より激しく腰を動かす彼女に先生が尋ねると、彼女は途切れ途切れに「こうすることもあります」と答えた。

「賢い子ねえ。それなら◯◯君も何をしてるか分からないかもね」

正直ここまでくるとオレも彼女がなにかしらエッチなことをしてるんだということが分かったんだが、分からないことにしておいた方が良いような気がして黙っていた。

彼女は机の角に向き直ったことでほぼ僕の方を向いた格好になり、顔は完全に僕の方を向いて腰を使っていた。
先生が軽く彼女のスラッと細い太ももに手を添えると、彼女はビクッと身体を震わせ、当時の僕にも分かるようなイヤらしい笑みを浮かべてアゴを軽く突き出して少し上に目線をあげた。
さすがのオレもそこが教室であることを忘れて彼女の次の動きに期待した。
先生もオレの変化に気付いたようだった。

しかし、この時突然に休み時間の終わりを告げるチャイムが鳴り、僕も彼女も我に返った。

「この続きはまたね」と先生は何事も無かったかのように席を立ち、オレはその言葉に弾かれるように駆け出した。

少し離れてから振り返ると彼女はオレの方を見ていた。
その後どうしたかは全く覚えていないが、しばらくしてその先生は不倫が発覚して職を辞することになった。
続きがあったのかどうかは彼女に聞いたことはない。

それから15年ほどして彼女といたす機会があったんだけれど、人に見られて興奮する立派なスケベに成長していた。
あの時のことを覚えているのかいないのか、これもまた聞いたことがないので分からない。
覚えていたとしたら、彼女といたすキッカケはあの出来事だったんだろうと思う。

だとしたら、先生に感謝するべきなんだろうな。