冒険記

2009/02/13 16:03┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

僕は毎晩いく場所がある

まず最初は決まって食堂にたどり着く。

そこはなんと過激な食堂で

舌を絡ませれば絡ませるほど味が出てくる。

そして次に向かう先は二つ並びの小山。

僕はその山をくるりと何週か回り。

山のてっぺんにある突き出た場所で遊ぶ。

そのてっぺんの場所で激しく遊ぶと決まって地震が起きる。

そしてその地震を合図に僕は小山を下る。

長いなめらかな道を進むと草原に辿り着く。

僕は草原の前でいったん足を止める。

そしてもう一度最初の食堂、次の小山を思い出し実感する。

そして僕は草原の中へ足を進める。

草原は深い、幾度も僕に絡まりながらも僕はオアシスを目指す。

そしてやっと辿り着く。

オアシス・・・

今までの疲れを吸い取ってくれるような場所。

そこには湖と似たものがあり、僕はそこへ駆け込む。

何度も吸い込まれながらも僕は一つの小さな膨らみへしがみつく。

その膨らみがこの湖を作りあげているらしい。

僕はもっともっとこの湖につかりたい。

僕はその膨らみを激しく叩く。

すると二度目の地震とともに大量の水が僕を満たす。

そしてその水の流れに身を任せ僕がもっとも目指していた洞窟の中へ吸い込まれる。

食堂でも、小山でもオアシスですら叶わないこの空間。

僕は水の溢れるその洞窟で毎晩溺れる。

そして時に僕はこの年ではまだ許されていない事をしてしまう時がある。

その洞窟を抜ける際に、いくつもの真っ白でドロドロな僕自身を置いて帰るのだ。

そして僕達は眠りにつく。

このように僕は友達の妹と毎晩秘密の冒険を楽しんでいます。

※解説※

 食堂     ・・・口、。またはキスの再現
  小山     ・・・女性の胸
  地震     ・・・身震い
  オアシス   ・・・女性の性器の周り
  洞窟     ・・・膣
  小さな膨らみ ・・・クリトリス
  湖      ・・・愛液
  真っ白な僕自身・・・精子

オススメ出会いサイト「美乳オッパイセフレ募集掲示板」

美乳オッパイセフレ募集掲示板

おっぱいに自信のある女性が多数参加しているのが「美乳オッパイセフレ募集掲示板」。女性が会員になる場合、美乳レベルが満たないと参加出来ないのではないかと思えるぐらい、素晴らしいおっぱいの持ち主ばかりが参加しているのに驚く。美乳のセックスフレンドが欲しい男性にとってはありがたいサイトと言える。美乳と言っても幅広い。ロリ、人妻、熟女、OL、学生、などおっぱい自慢のセフレを作るならここだろう。

利用してみた経験では、このサイトに登録しているおっぱい自慢の女性の中でも特に多いのが、巨乳の女性だ。DカップからFカップを中心とした巨乳が多い。中にはGカップ、もしくはそれ以上のサイズの女性もいるので巨乳好きならばここでセフレを探すといいだろう。もちろん巨乳が多いというだけで、Aカップの美乳の女性もまた在籍している。とにかくおっぱいが美しい女性が多く参加しているのは間違いない。

攻略方法は、もうここまで来たらおっぱいで選ぶ必要も感じないぐらいだ。もう逆におっぱいはどうでもいい気分になってくる。参加している女性は全員が美しいおっぱいの持ち主なので、胸に関しては甲乙つけがたい。なので、顔が好み、スタイルが好み、など別の要素で選ぶのがいいだろう。