• Home
  • >
  • >

ギャルゲーのイベントを再現してみたら

2010/03/24 14:31┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

あるギャルゲーにハマってた時、先輩とノリでイベント再現を試みた。

実際にゲーム内のイベントを二人でやってみて、その感想を男女の視点でレポートにまとめ、同人誌のひとネタにするだけだったのだが、ヤバかった。
本気でヤバかった。

先輩はスレンダーで、胸はそこそこクビレしっかり。
コスプレが映えるだけあって、スペックはなかなかの美人。
彼女と再現したイベントの興奮は、生涯忘れられそうにない。

レポートには写真もいれたかったんで、友達に依頼。
3人で、2日にわけて再現を行う事にした。

初日、まず再現したのはひざ裏へのキス。
先輩にお尻を突き出すように後ろをむいてもらい、先輩のひざ裏へキスした。

ゲームのように大げさでは無いものの、本当にピクピクとくすぐったいのを我慢する先輩。
だけど太ももに手を回し、1分、2分とキスするうちにマジでエロい事している気になった。

次に試したのはヘソキス~ヘソ舐め。
図書館で、先輩にはシャツを捲くしあげてもらいキス。
そして舐めた。

ひざ裏の時にちょっとエロい雰囲気になってたからのせいか、これは始めからなんかエロい感じになった。
俺が舌を動かすと、先輩は声がでそうなのを堪えているように力を入れてた。

この時、お尻に手をまわしたんだけど、何も言われなかった。
レポートに載せる写真を撮る担当の女のコがいるってのに、何か盛り上がってた。

それから、コーヒー屋で明日の打合せをしたんだけど、先輩とはなんだかドギマギしてた。
写真役の友達が会計している隙に、友達の真後ろだってのに、コーヒー屋でまわりに人がいるってのに、先輩にキスをした。
拒まれなかった。

そして駅で解散した後、先輩からすぐに電話があった。
このまま帰りたくないって、すごく切なそうに言われた。
落ち合って俺の部屋に向かったんだけど、もう、なんだか二人ともムラムラしちゃって、部屋までまてないくらいに興奮してた。

道すがらも、人気が無くなればキスしたり体を触ったりした。

こんな具合だったから、部屋に入った瞬間、もう爆発するかのようにお互い求め合った。
何度も何度もやった。夕方から朝まで、飽きもせずヤリまくった。

結局、先輩とはその一夜限りの仲だった。
起きて、別れる時はさすがにしばらく気まずくて、その日の撮影も止めたくらいだ。
おかげで、レポートもなんとなく中止。

今では元の先輩後輩の中に戻り「何であんなに欲情しちゃったのかね」って、お互いに不思議だって話せるくらいまでに回復した。

不思議であれ何であれ、とにかく美人の先輩とああまで激しく楽しめたのはラッキーだったと思う。
ギャルゲーのイベント、恐るべし。

オススメ出会いサイト「素人投稿エロ写倶楽部」

素人投稿エロ写倶楽部

写メ投稿サイトとして利用するもよし、セフレを探すもよし、様々な利用方法を見出せるのがこの「素人投稿エロ写倶楽部」だ。
女性が自身のエロ写メを投稿しているのがこのサイト。セクシーな自分を見て欲しいという願望からの行為で、それを男性は無料で自由に見ることが出来る。会員登録しなくても数枚見ることが出来るが、登録すればもっとたくさんのエロ写メを見ることが可能だ。

更に、彼女たちに個別に連絡を取ることも出来る。写メのリクエストをしてみるのもいいだろう。あまりにも公共良俗に反する画像はさすがにサイトには載せられないが、個人的には送ってもらえる可能性もある。

他にも、気にいった女性と直接会ってセックスをするのも可能だ。プロフィールを見れば、即会いでセックスを希望している女性かどうかは判断可能だ。大半の女性はセックスまで可能としているが、中には写メ限定の女性もいるのでプロフは確認しておこう。

このサイトの利用方法として有効なのが、練習用のサイトにするというものだ。出会い系サイトにあまり慣れてない初心者が、まずは女性をその気にさせるメールを送る練習として使うのが良い。写メを送ってもらえるようになったら、そのまま直接会うのもよい。いきなり会うのも面倒だ、大変だ、でも女性とのエロなコミュニケーションが欲しいという場合にも有用なサイトになるだろう。