小学生のとき。。

2008/11/22 21:34┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

10年以上も前のことなのでうる覚えのところもあるので
そこらへんは了承を・・

まだ小学校低学年がおわるころ
近所の年下の男の子と公園で
そこに自転車を引いた青い服をきた男がいたことは
気にせずに遊んでいました

天気も悪くなってきたので帰ろうとしたとき
男は私一人に声をかけてきました。
たのみたいことがあると。
女の子だけきて。
そういわれた。一緒に遊んでいた(Sくん)は
先に帰ってるねといいかえってしまった・・
今考えればなんで 帰っちゃったのかと思うが・・

変な男と二人になった私は
団地につれていかれました。
団地の前に男が自転車を止め不自然な汚いタオルを籠からとり
階段をのぼるよう誘導され
何階かにきたところでおもむろに座り出した
足をのばす感じで座り
そこまでくるか ここでかは覚えてないが
その男はとっても危険な病気をもっていて
今すぐ治療をしないと命にかかわると話ていました。
いつもはその治療をお母さんにしてもらってるのだが
散歩をしているうちにその治療をしなくてはいけない時間になったと。
だからそこにいた優しそうなわたしに頼んだのだと説明をうけました。

私は小さいながらに人助けをしなくてはという気持ちになり
積極的に協力する姿勢だったのだと思う

そしてその治療にはこのタオルが重要なのだと
自転車のかごからもってきたタオルを見せて言った。

そこからその治療が始まった
まず僕の足にまたがってといわれた。
そしておもむろにその男はズボンのチャックを開け始め
白いぷよぷろしたものを出した。
そのとき私はなにかわからなかった・・(母子家庭だったため)

今考えるとスカートだったので
男にまたがってる時点でパンツ丸見え。
それをネタにしてたのだと思います。
そしてペニスを指差し男はここから病気の菌を定期的に排出しなければ
いけなのだと言ってました。
そしてそれを出すには自分ではできないからやってといわれ
私は助けなくてはという一心でいうことを聞きました。
まず握ってといわれ握れしばらくの間上下にしごきました。
5分くらいたったころタオルを手に取り精射していました。

黄色いものを見せられ、本当に病気なんだとおもいました。
すごく感謝され団地を降りました。
そして本当にやさしいね。これで僕もよくなったよ。
といわれ自転車にのって帰って行きました。

そのときは大雨になっておりずぶ濡れになりながら
走って帰ったのを覚えています。

人助けをしたはずなのになぜか恐怖感があり
変な感じだったのを覚えています。

今考えれば痴漢だったし本当にきもちわるいことをしたと思います。

オススメ出会いサイト「テレメール」

テレメール

テレクラと出会い系サイトの良い点を合わせたコミュニティサイト、それが「テレメール」だ。テレクラとは違って無料で利用できるのが強い点だ。ユーザの視点に立って利便性を優先して作られていて、写メ+メール+直電機能で好みの女性と確実に待ち合わせが可能になっている。

サイト内に電話機能が設置してあるのはユーザとしては嬉しい部分だろう。いきなり自分の電話番号を知られるのはちょっと怖いという場合、サイト内で無料直電機能を利用すれば電話番号を知られる事なく、会話が可能だ。実は、これは裏技になるが、サイトを通して電話すれば無料で電話を利用出来る事にもなり、節約にもなる。

攻略方法としては、今述べたような電話機能を駆使してアポを取り、そして会うのがベストの流れだろう。いきなり喋るのが不安な時はメールなどでやり取りも可能だが、通信費が勿体ないのでサイトの電話機能を使うほうが安上がりだろう。女性の狙い目は主婦がいいだろう。時間帯は昼のほうが人数が多いが、夜でも一定数の人妻がいるのが驚きだ。最初はテレフォンセックスで慣れてから(何度でも書くが、サイト内の電話は無料だ)、その後実際に会う流れを作ってもいいだろう。