大好き

2009/10/12 11:32┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

私は22歳の大学生で、H/オナニーが大好きなオンナです。
ずっと前から、みんなはどんなHやオナニーしてるのか興味があって、ちょくちょくこういうサイトは見てたんですが、自分の体験を投稿するのは今回が初めてです。

今こうやって書いてる間もまだ少し恥ずかしさはあるんですが、みんなの投稿読んでるとけっこう凄くて、「アタシだけじゃないんだー」と、ちょっとホッとしたりもしてます。(笑)
でも、自分で言うのもなんですが、私もかなりH好きな女だと思います。(笑)
今日は私の初オナニー体験を告白します。

私の初Hは18の時でしたが、オナニーは5歳ぐらいの時から続けてます。
きっかけはただなんとなく・・・だったんですが、それ以来、その時の快感が病みつきになり、やめられなくなってしまいました。
その頃は、一般的なオナニーの仕方など知らず、指でクリトリスを刺激することはなく、直接オマンコを触ったりもしませんでした。
ただ、両手でオマンコを押さえつけ、全体を強く撫で回すだけでした。
それでも、クリトリスを強く押さえつけるので感じてしまい、その頃からイッちゃってました。
といっても、その時はまだ濡れることはありませんでしたが、イクという感覚はその頃から分かっていました。
快感が頂点に達すると後はただ頭がボーッとするだけでした。
その感覚がすごく忘れられなくて、初めてオナニーをしたその日から毎日、何度となく暇さえあれば、どこででもオナってました。
その時、それがオナニーというものだとは分からず、自分がオナニーをしてるという自覚もなかったのですが、自然にこの行為は人に知られてはいけない秘め事だという意識はありました。
でもよく、親が隣の部屋に居るのを知ってて、後ろめたい気持ちを感じながらもオナニーに夢中になってることがよくありました。
時々、オナニーをしてる時に家族が自分の部屋の前を通り過ぎる音がして、どきどきしながらオナってる時もありました。
自覚はないのですが、もしかするとそれも快感だったのかもしれません。
家の中以外ですることもよくありました。
家の外の陰に隠れて、立ちながらオナニーした時もありました。
その時、遠くの方で近所のおじさんがちょろちょろしてるのを見て、見つかるんじゃないかとドキドキしながら感じてたこともありました。
後は、友達の家に泊まりに行った時、ベッドに友達と2人で寝ていたんですが、オナニーしたい衝動にかられて、友達が寝てるのをいいことにオマンコをいじってた時もあります。
でもその時は、あまりにも私が横でモゾモゾと動くので、友達も気づいて目が覚めてしまいました。
「何してるの?」と問い詰められて、すっごくひやひやしましたが、「何もしてないよ!」の一点張りで、その場はなんとかしのぎました。(笑)
けど、何度か親に見つかったこともありました。
その度に怒られ、親も心配してたみたいですが、罪悪感はあったものの、やめられず、続けていました。
こうして、私のオナニーは今でもほとんど毎日(たまに全くする気がない日が何日か続くこともあるのですが)続いてます。
彼氏がいてもいなくても。
オナニーの快感は男の人とHする時とはまた違った快感があるんですよね。(笑)

なんか長々と書いてしまいました。
こんなに長くなるつもりなかったのに。(笑)
でも、こんな事書いてるとまたしたくなってきちゃいました。
今日はこれで2回目です。

オススメ出会いサイト「My Slave」

My Slave

SMに興味があるが実際にはどうしたらいいのか分からない初心者や完全な上級者まで、多岐に渡るSMプレイのパートナー探しに便利なのがこの「My Slave」になる。しかし利用者として多いのが、奴隷を求める男性とご主人様を求める女性がメインになっているので、M男性の場合はこのサイトよりも他のサイトでS女性を探すほうが相手を見つけやすいだろう。

女性を奴隷として扱いたい、そういう男性には希望する女性が多数在籍しているので存分に利用するのがいいだろう。
M女性の中でも、このサイトに登録している女性の中には極めてハードなMの女性もいる。放尿や浣腸といったスカトロをまるで基本プレイであるかの如きレベルの桁違いのM女性が揃っている。激痛を求める女性もいて、理解不可能な場合はプロフィールの段階で引き返した方がいいだろう。

ソフトMを求める女性は初心者というか興味があるぐらいの感覚なので、あまりSMにこだわらずにセックスパートナーにする事も可能だ。

攻略法としては、女性が求めているのがソフトかハードかを最初にプロフィールで確認して、自分のニーズと合っている女性だったらメールなり連絡してみる、という流れでいいだろう。合ってから相手が意外とハードプレイを求めてくる、という場合は目も当てられないので、合う前の段階で相手をよく知っておく必要がある。