宗教施設の名前に負けて

2006/05/07 02:53┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

高校の修学旅行は、沖縄へ4泊5日で行きました。
4日目は、沖縄の南部を回る日程でした。

引率の先生とガイドさんに連れられ、午前中は糸満市のひめゆりの塔と記念館、
そして昼ごはんをはさんで摩文仁の丘に行きました。
私は、当時付き合っていた彼女と平和の礎を眺めながら
「ひょっとするとここに知っている名前があるかもしれないね」などと
たわいもないことをしゃべっていました。
摩文仁の丘に2時間ほど滞在したあと、東回りで洞窟を見て回りながら、
夕方ごろに那覇市内の宿に到着する予定でした。
その道中のことです。
左の車窓にとても豪華な建物が見えたので、何かと思ってみてみると、
看板にでかでかと金ぴかの文字で
「キンマンコ」
と書かれているではありませんか。
これにはクラスの野郎どもは爆笑し、女子は顔を背けてしまいました。
しかし、バスガイドさんが大真面目にこの建物について説明をしてくれました。

「左に見えましたのはある宗教施設です。太平洋戦争の激戦地ということもあり、もともとは糸満平和会館という名前だったのですが、生命の尊さをもっと強調することはできないかと考えたその宗教のリーダーによって生命の根源を表す名前に変えられたのです」

この説明に、私はなにやらものすごく興奮してしまい、那覇市の宿に泊まった夜、彼女を呼び出して、5発ほどやってしまいました。

オススメ出会いサイト「人妻奴隷」

人妻奴隷

人妻掲示板をはじめ、会える人妻掲示板・写メール検索など大人の不倫出会いをするための倶楽部が「人妻奴隷」だ。このサイトは人妻の中でもM気質の女性、奴隷願望を持っている女性を中心に会員募集しているので、Sな男性にお勧めのサイトになる。

マゾ気質の女性と限定して募集をしているため会員数は少ないのでは?と思われるかも知れないが、全都道府県で販売される有名誌等やコミュニティで奴隷願望のある主婦人妻を幅広く募集し、信用第一をモットーに密会が実際に楽しめるサイトになっている。主人には性癖を隠している女性が多いので、信頼第一というのは重要である。今日まで存続しているという事実が、サイトの信頼度の高さを表していると言えよう。

攻略方法としては、自分のニーズに合った女性を最初にしっかり選ぶのが大切になる。Mと一言で言っても、露出願望、緊縛願望、アナル責め希望などいろいろなタイプの女性がいる。自分がSなら、どのようなタイプの女性を奴隷にしたいかきちんと見極めて探すのが重要になるだろう。そして、何度も書くが信頼度を失わないように。主人にバラす、旦那にハメ撮り動画を送る、などの脅しはたとえM女性相手でも避けるべき言葉だ。