宗教施設の名前に負けて

2006/05/07 02:53┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

高校の修学旅行は、沖縄へ4泊5日で行きました。
4日目は、沖縄の南部を回る日程でした。

引率の先生とガイドさんに連れられ、午前中は糸満市のひめゆりの塔と記念館、
そして昼ごはんをはさんで摩文仁の丘に行きました。
私は、当時付き合っていた彼女と平和の礎を眺めながら
「ひょっとするとここに知っている名前があるかもしれないね」などと
たわいもないことをしゃべっていました。
摩文仁の丘に2時間ほど滞在したあと、東回りで洞窟を見て回りながら、
夕方ごろに那覇市内の宿に到着する予定でした。
その道中のことです。
左の車窓にとても豪華な建物が見えたので、何かと思ってみてみると、
看板にでかでかと金ぴかの文字で
「キンマンコ」
と書かれているではありませんか。
これにはクラスの野郎どもは爆笑し、女子は顔を背けてしまいました。
しかし、バスガイドさんが大真面目にこの建物について説明をしてくれました。

「左に見えましたのはある宗教施設です。太平洋戦争の激戦地ということもあり、もともとは糸満平和会館という名前だったのですが、生命の尊さをもっと強調することはできないかと考えたその宗教のリーダーによって生命の根源を表す名前に変えられたのです」

この説明に、私はなにやらものすごく興奮してしまい、那覇市の宿に泊まった夜、彼女を呼び出して、5発ほどやってしまいました。

オススメ出会いサイト「大人の逆援コミュニティSEXY」

大人の逆援コミュニティSEXY

性的な欲求が満たされてない女性が利用しているサイト。「大人の逆援コミュニティSEXY」というサイト名の通り、セックスだけでなくお金も逆援で稼げるサイトです。

具体的には人妻ですね。結婚してから主人とのセックスの相性が悪いと気付いた女性が登録しているケースが多いです。私が利用してみた感じでは、40歳前後の女性が多いです。規約として、女性は入会金が3万必要で男性は無料になっています。つまり、入会金3万払ってでもセックスがしたい女性ということで、やや年配のお金持ち女性が多い。年配とか控えめに言う必要はないでしょう。ババアですね。でもお金が目的ならこのサイトを利用しない手はないでしょう。

最初の女性と会えたのは、登録してから4日目。34歳の主婦でした。彼女は特定のセックスフレンドは作りたくないようで、私とセックスしたのもその日から1ヶ月の間だけで、合計でも8回でした。毎回謝礼として4万戴いていたので、中々良い稼ぎにもなりましたし、いい体を味わえました。その後も1ヶ月2ヶ月限定の女性を中心にセックスフレンドになってきましたが、どの女性も報酬を下さるので良かったですね。

40歳前後の女性が多いので、ババアにも抵抗のない男性にならお勧めできます。たまにガチでババアもいるので、事前に写メなどで確認しておいたほうが安全でしょう。まあ、ババアはババアなりに出す報酬も大きいので、勃つ自身があるならチャレンジしてみるのも一興かも知れませんね。