• Home
  • >
  • >

私は小学4年生位の時から全裸を楽しんでいました。

2010/03/07 21:56┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

私の住んでいる所は、都内の下町です。
私は小学4年生位の時から全裸を楽しんでいました。

私の家は父親が経営する工場で家は中二階にありました。
家にはお風呂が無く、工場の隅に有り4年生の時まで父と工場の人と一緒にお風呂に入っていました。

私はいつもお風呂に行く時は3年生位までは、全裸で約30m位離れているお風呂まで全裸で工場の中を歩いて行っていてその後は下着だけで行っていました。

ちなみに帰りは全裸です。5年生になる時に母に工場の人と一緒にお風呂に入る事はもうしないように言われ母は怒ると怖いのでその通りにしました。
父とは6年生まで工場の人が帰った後に一緒に入っていました、ここでも帰りは全裸で家に入る前にパジャマを着ました。

中学に入ってからは、父が7時頃に入るので私は9時頃に入るようになりました。
お風呂に行く時は玄関の外で全裸になっていきました。
両親は11時になると寝てしまうので。たまに宿題をやるふりをして11時30分頃にお風呂に行く時もあり、そのときは全裸で部屋を出て全裸で帰ってきました。

その頃から全裸で外に出たいと思いいつやろうか考えていましたが勇気がなく出来ませんでした。
この頃オナニーを覚えました。
高校生になり中学も卒業し高校生になった記念で全裸で外に出る決意をしました。
まず両親がいつ起きるか12時から4時まで何回か観察し、ほとんど起きないのでGW最後の日に決めました。

1時30分になりNPNBの上にワンピースを着て玄関をそっと出て、工場の中でワンピースを脱ぎ工場の出口に隠してそっとドアを開けました。
いつもは、工場のなかで誰かに見られる事はないので安心していましたが、この日は工場の外なのでドキドキしてとうとう外にでました。

嬉しいのか恥ずかしいのかさっきよりもドキドキが大きいです。
勇気を出して歩き始めます、いろんな所に隠れ人がこないか確かめながら歩いています。
友人の家の前を歩く時は見つかったらどうしようと思いながら心臓がバクバクしていました。

とうとう踏み切りまできてしまいどうしようかと思ったが、渡りました。その先200m位行くと国道があるのでそこまで行ってみようと思い、いろんな所を隠れながら路地を歩きましたが、途中商店街を横切らなければなりません。
お風呂屋さんの脇で少し様子をみましたが、人は歩いていません急いで商店街を渡りました。

そしてとうとう国道にきました。
ここにも人は歩いていませんでした。
きずいたらアソコはヌレヌレで足首まで垂れてました。
私は国道から丸見えのスグ近くに隠れる場所を見つけオナニーをしました。
スグにイってしまいました。

しばらくそこに隠れ気分を落ち着かせてから帰りましたが、帰る時は道の真ん中をゆっくりあるいて帰りました。
部屋に着いたら3時を過ぎていました。
部屋に入ってまたオナニーをしてそのまま全裸で寝ました。
さすがに次の日起きれなく親には頭がいたいと言って学校サボリました。

それからチョクチョク卒業まで全裸で外えお歩きました。
今は関東地方のOLで一人暮らしなので部屋では全裸でいます。
よく全裸で夜中歩いたり、人がきそうな田舎で全裸であるいています。

オススメ出会いサイト「sexual」

sexual

男女の繋がりをサポートするソーシャルネットワーキングサイト、それが「sexual」だ。
最近は一般SNSも出会いに関して厳しくなってきてるようだが、アダルトな関係を最初から目的としているSNSなので、法的な心配も無い。既存の参加者から招待されないと参加できないという有名なソーシャルサイトではなく、誰でも自由に参加可能になっているのもありがたい。

このSNSではメル友、恋人、セックスフレンド、不倫相手、SMパートナー、スワッピングと、とにかく異性との様々な繋がりを目的として運営されている。いったん登録すれば、既存SNSと同じ感じのデザインになっているので他のSNSに慣れ親しんでいる人にはスムーズに使いこなせるだろう。既存SNSを利用した事がない人は最初は戸惑うかも知れないが、すぐに慣れるはずだ。

純粋にメル友や恋人を探すのもよし、体のみの割り切ったセフレを探すのもよし、利用方法は自由だ。しかしどうせならセフレ、しかも謝礼付きの逆援を狙うのがいいだろう。プロフィールで逆援可能と書いている女性を選び、セックス可能レベルのルックスの女性へアプローチしてみよう。謝礼を出してくれるタイプは人妻が多いので、そのまま恋人になるのはやや難しいが、一時的な肉体関係を結ぶ分には問題ないだろう。