• Home
  • >
  • >

彼氏にふられた時、燃やしてしまって・・・

2010/02/24 22:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

大学受験まっただ中の冬休み、シャーペンの芯が無くなった俺は、
春に嫁に行ったねーちゃんの部屋の机を漁っていた。

ねーちゃんのシャーペンの芯はBだった。

「そういえば、旦那も濃い顔してたな」

とか思いながら、シャーペンの芯と、
メモ代わりに使えそうなレポート用紙を持ち出して、
俺はまた勉強を始めた。

あれは夜中の2時頃だっただろうか、
英語のリスニングの為に予備校で売りつけられた
ぼったくりCDをデッキにセットし、
ねーちゃんの部屋から持ち出したレポート用紙を開く。

―――――――――――――――――――――――

裕太(俺)へ

何だか気恥ずかしくて、
あんたには何も言えずにお嫁に行くので、
いつかあんたが見付ければいいかと思って書いておきます。

小さい頃、泣き虫でお姉ちゃんの後ばかりついて来てた裕太。

学校の図工の時間に作った粘土の写真立てを私にくれた事覚えてますか?
ホントに嬉しくて大切にしようと思っていたのに、
彼氏にふられた時、中の写真と一緒に燃やしてしまってごめんなさい。

思春期に入って、
あんまり家族と話もしなくなった裕太に、
大人になったんだなとうれしくもあり、寂しくもありました。

裕太は家では突っ張っているけれど、
私は裕太が優しい子だと知っています。

もう少し大人になったら、
お姉ちゃんの気持ちもわかるようになるかな。

私がお嫁に行っても裕太は私の大切な弟です。

辛い事、悲しい事があったら何でも相談してね。

お金の事以外ならきっと力になれると思います。

それじゃ、体に気を付けて。

父さん母さんをよろしくね。

追伸:お前、何勝手にひとの机漁ってるの。

―――――――――――――――――――――――

ねーちゃん…。

オススメ出会いサイト「デリ・ボーイ」

デリ・ボーイ

女性向けデリバリーヘルスを扱っているのがこの「デリ・ボーイ」で、女性の部屋に行って性的欲求を満たし、報酬を得ることが出来るのがこのサイト。

まず、相手の部屋にまで行かなければならないのが不安だと感じるかも知れない。不安というか、もっとぶっちゃけると面倒だと思う男性もいるかと思う。しかし、私は過去出会い系サイトで何度も待ちぼうけやドタキャンを食らった過去があるので、こういうのはむしろ歓迎したい。相手の女性の住所がはっきりと事前に確認出来るというのは強い。このサイトは登録している女性も最初からセックス目的とはっきりしているので、目的の不一致ということもない。サイトのコンセプトは明確。女性が男性をお金で買って、セックスを求める。シンプル。

攻略法としては、一人暮らしの女性を狙うのが良い。家族と暮らてる女性は、セックスの場所がラブホテルになったりするので面倒だ。それが一人暮らしだった場合、相手の部屋で性行為に及ぶことのほうが多い。ラブホテル代を出すぐらいなら、その分男性に渡したい、そう考えている女性も多いし、女性としても外で待ち合わせするのは面倒というのもある。ぜひ、利用してその稼ぎの良さを味わってみてほしいサイトである。