豆のお話

2010/02/19 21:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

昔々あるところに、交通事故でお父さんを失った母子がおりました。
上の子は10歳、下の子は7歳でした。

お母さんは、生活を支えるために朝6時に家を出、
ビルの清掃、それから学校給食の手伝い、夜は料理屋で皿洗いと、身を粉にして働きました。
でも、そんな生活が半年、8ヶ月、10ヶ月と続くうちに、
身も心もクタクタになってしまいました。
いつしかお母さんの頭には、いつも死ぬことばかりが思い浮かんできたのです。

そんなある日、お母さんは朝でがけに子供たちに置手紙を書きました。
「おにいちゃん、おなべに豆がひたしてあります。これを、今晩のおかずにしなさいね。
  豆がやわらかくなったら、おしょうゆを少し入れなさい。」

その日も1日、くたびれきって帰ってきたお母さんは、
今日こそ死んでしまおうと睡眠薬を買っていました。
そんなことはまったく知らない二人の子供たちは、すやすやと眠っています。
その時、彼女は、「お母さんへ」と書いた、1通の手紙を眼にしました。
「お母さん、ごめんなさい。ぼくいっしょうけんめい豆をにました。でも、しっぱいしました。
だからごはんに、水をかけて食べました。お母さん、あしたの朝、もういちどぼくに豆のにかたをおしえてください。
そしてぼくのにた豆を一つぶだけ食べてみてください。ぼく先にねます。お母さん、おやすみなさい。」
このお兄ちゃんの手紙を読んだお母さんの目に、どっと涙があふれました。

「ああ、お兄ちゃんは、あんなにも小さいのに、こんなに一生懸命に生きてくれているんだ。」
お母さんはそう言って、お兄ちゃんの煮たしょっぱい豆を、涙と一緒に一つ一つ押し頂いて食べたのです。

それ以来、「一粒の豆」がお母さんの宝物になりました。
あの時のことを思えば、どんなことだって我慢ができるという、お母さんだけの「秘密の宝物」なのです。

オススメ出会いサイト「Love Treatment」

Love Treatment

女性向け風俗サイトがこの「Love Treatment」。
女性向け風俗というのは有りそうで無い、競合の少ない世界である。なぜ少ないのかと言うと、男性の場合はスタミナ的な問題からそうそう連続して沢山の女性を相手にするのは難しいからだ。慢性的な男性不足に陥る為、感嘆には成立しない業種になっている。このサイトも、女性が圧倒的に多いのに彼女たちを相手に出来る男性の数が不足している状況になっている。なので、もし週に3日以上セックス出来る男性だったら、このサイトを利用しない手は無い。

・2時間  \20,000
・3時間  \30,000
・6時間  \50,000
・12時間 \80,000
・24時間 \120,000

これがサイトに掲載されている謝礼額である。24時間は厳しいとしても、3時間ぐらいなら問題なく女性の相手が出来るだろう。それを時間をずらして一日2~3人繰り返せば、日給6万~9万得ることになる。もちろん、ここに書いてある額は一般的な料金であり、約束されている最低ラインに過ぎない。女性次第では、2時間で10万の謝礼を支払ってくれる人もいるので、挑戦してみるのがいいだろう。

攻略法は、まずはルックスの気に入った女性の相手をするところから始めたほうがいい。謝礼額が多いけど好みじゃないという女性を無理に相手にしても、中々勃起出来ずに時間がかかってしまうという危険性もある。慣れてきたら、流れ作業的に報酬額の多い女性もスケジュールに組み込んでみる、それぐらいの感じでスタートするのが安全だ。