豆のお話

2010/02/19 21:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

昔々あるところに、交通事故でお父さんを失った母子がおりました。
上の子は10歳、下の子は7歳でした。

お母さんは、生活を支えるために朝6時に家を出、
ビルの清掃、それから学校給食の手伝い、夜は料理屋で皿洗いと、身を粉にして働きました。
でも、そんな生活が半年、8ヶ月、10ヶ月と続くうちに、
身も心もクタクタになってしまいました。
いつしかお母さんの頭には、いつも死ぬことばかりが思い浮かんできたのです。

そんなある日、お母さんは朝でがけに子供たちに置手紙を書きました。
「おにいちゃん、おなべに豆がひたしてあります。これを、今晩のおかずにしなさいね。
  豆がやわらかくなったら、おしょうゆを少し入れなさい。」

その日も1日、くたびれきって帰ってきたお母さんは、
今日こそ死んでしまおうと睡眠薬を買っていました。
そんなことはまったく知らない二人の子供たちは、すやすやと眠っています。
その時、彼女は、「お母さんへ」と書いた、1通の手紙を眼にしました。
「お母さん、ごめんなさい。ぼくいっしょうけんめい豆をにました。でも、しっぱいしました。
だからごはんに、水をかけて食べました。お母さん、あしたの朝、もういちどぼくに豆のにかたをおしえてください。
そしてぼくのにた豆を一つぶだけ食べてみてください。ぼく先にねます。お母さん、おやすみなさい。」
このお兄ちゃんの手紙を読んだお母さんの目に、どっと涙があふれました。

「ああ、お兄ちゃんは、あんなにも小さいのに、こんなに一生懸命に生きてくれているんだ。」
お母さんはそう言って、お兄ちゃんの煮たしょっぱい豆を、涙と一緒に一つ一つ押し頂いて食べたのです。

それ以来、「一粒の豆」がお母さんの宝物になりました。
あの時のことを思えば、どんなことだって我慢ができるという、お母さんだけの「秘密の宝物」なのです。

オススメ出会いサイト「既婚逢い」

既婚逢い

その名の通り主婦との出会いを目的としているのがこの「既婚逢い」。家事・育児・旦那とのマンネリな日々に疲れた既婚女性が、癒しを求めて主人以外の男性との出会いを求めるというのは現実としてもよくある話だが、そうした女性へのフォローを具体的に考えて実行しているのが、このコミュニティサイトになる。

セックスレスであったり、主人とのセックスに辟易している女性は、アブノーマルなプレイを求める傾向になる。このサイトの女性は、特にアナルセックスをしたがる女が多い。人妻は普段味わった事のない刺激を求めているようだ。女性のアナルに入れたい、入れたことはないが試してみたいという男性は利用するのがいいだろう。このサイトの女性とセックスすると、ほぼ確実にアナルセックスになる。

攻略法は特にない。会えるのは間違いないが、高確率でアナルに入れるのを要求されるのを覚悟しておいて欲しい。アナルセックスが出来るかどうか、自分自身でいったんよく考えてから挑戦するのがいいだろう。刺激を求めている主婦のアグレッシブさは尋常でないので、男性もアブノーマルな刺激を受ける事が可能だ。