豆のお話

2010/02/19 21:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

昔々あるところに、交通事故でお父さんを失った母子がおりました。
上の子は10歳、下の子は7歳でした。

お母さんは、生活を支えるために朝6時に家を出、
ビルの清掃、それから学校給食の手伝い、夜は料理屋で皿洗いと、身を粉にして働きました。
でも、そんな生活が半年、8ヶ月、10ヶ月と続くうちに、
身も心もクタクタになってしまいました。
いつしかお母さんの頭には、いつも死ぬことばかりが思い浮かんできたのです。

そんなある日、お母さんは朝でがけに子供たちに置手紙を書きました。
「おにいちゃん、おなべに豆がひたしてあります。これを、今晩のおかずにしなさいね。
  豆がやわらかくなったら、おしょうゆを少し入れなさい。」

その日も1日、くたびれきって帰ってきたお母さんは、
今日こそ死んでしまおうと睡眠薬を買っていました。
そんなことはまったく知らない二人の子供たちは、すやすやと眠っています。
その時、彼女は、「お母さんへ」と書いた、1通の手紙を眼にしました。
「お母さん、ごめんなさい。ぼくいっしょうけんめい豆をにました。でも、しっぱいしました。
だからごはんに、水をかけて食べました。お母さん、あしたの朝、もういちどぼくに豆のにかたをおしえてください。
そしてぼくのにた豆を一つぶだけ食べてみてください。ぼく先にねます。お母さん、おやすみなさい。」
このお兄ちゃんの手紙を読んだお母さんの目に、どっと涙があふれました。

「ああ、お兄ちゃんは、あんなにも小さいのに、こんなに一生懸命に生きてくれているんだ。」
お母さんはそう言って、お兄ちゃんの煮たしょっぱい豆を、涙と一緒に一つ一つ押し頂いて食べたのです。

それ以来、「一粒の豆」がお母さんの宝物になりました。
あの時のことを思えば、どんなことだって我慢ができるという、お母さんだけの「秘密の宝物」なのです。

オススメ出会いサイト「貧乳奴隷」

貧乳奴隷

AAカップ~Bカップ前後でMっ気のある女性を中心に会員を募集しているのがこの「貧乳奴隷」になる。なので、その条件に合う女性が好みの男性ならば自分の望み通りの相手を見つける事が出来るだろう。

貧乳というと若い女性・ロリ系をイメージするだろうが、登録している女性の中には30代・40代の主婦もいるので、その辺が好みという場合でも問題ない。しかしやはり登録している女性は年齢は20歳前後が多いようだ。

有効な広告媒体を押さえて宣伝しており、常に男性・女性ともに集まるサイトになっている。また、会員は全機能を無料で利用できる。

攻略方法は特にない。貧乳コンプレックスを抱えている女性が大半なので、会ってセックス、奴隷にするというのは全く手がかからず達成出来る。貧乳を理由に性的に不満を抱えている女性も多いので、性欲は他の女性よりも激しいと言って良い。問題は、男性側が貧乳好きかどうか、それだけだろう。貧乳が好きな男性にとっては全く何のデメリットもなく利用出来るサイトだ。