隣の騒音

2010/02/12 01:41┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

アパート住まいの俺は、隣の騒音にいつも困っていた。

それは真夜中に響きわたる赤ちゃんの泣き声だ。

隣に住む若い夫婦の家から、毎日のように夜中になると赤ちゃんの夜泣きが響きわたるのだ…

そのデカイ声は、大体夜中の2時ぐらいから始まり、1時間か2時間くらいずっと続くのだ…

赤ちゃんの夜泣きだから、しょうがないのは分かるのだが、隣の住人が寝不足で困っているのに、挨拶にも来ない若夫婦に苛立ちを覚え、俺は隣に苦情を言いに行った。

隣の部屋のドアをノックすると、若い女が出てきた。

俺はヤンワリと苦情を言った。

「はじめて。えーと…隣に住んでいる者なんですが…小さいお子さんがいて大変そうですね…えーと…夜泣きには救命丸がいいですよ…」

すると若い女は首をかしげて言った。

「家には、子供なんていませんが…」

そんな馬鹿な!確かに夜中の2時くらいに赤ちゃんの泣き声が聞こえるのに…

俺がその事を伝えると、いきなり若い女の顔が真っ赤になった。

そして恥ずかしそうに話出した。

「あの…あの声は赤ちゃんの泣き声じゃないんです…あれは…私の…私の…」

それを聞いて俺はぴーんときた。

なるほど…あの声は若奥さんの…ねぇ…

奥さんは恥ずかし気に打ち明けた。

 

「私の…私のお腹の音なんです…」

俺は反射的に言った

「どんな腹やねん!」

すると若い女は着ていたセーターをまくりあげて俺に腹を見せてきた。

そこには…デスピサロのような、でかい口が舌舐めずりをして、ヨダレをたらしていた…

女は申し訳なさそうな顔をして言った。

「一回ご挨拶に伺おうと思っていたのですが…なかなか時間が合わず…主人が昼間に太陽を浴びてしまうと灰になってしまうもので…機会があれば、ご挨拶に伺いますね。」

俺は呆気にとられながらも、なんだか悔しかった…

なので最後にこう言ってやった。

「挨拶に来るなら、満月の夜は止めてくださいね。俺…オオカミになっちゃいますから!」

すると若い女は、

「はいはい…」

と言ってドアを閉めた。

 

自分の部屋に帰った俺は、泣きながら引っ越しの準備をはじめた…

オススメ出会いサイト「恋愛横丁」

恋愛横丁

メル友から遊び友達、恋人、さらにはセックスフレンドまであらゆるパートナーを探すのに便利なのがこの「恋愛横丁」だ。

このサイトはナビとして使えるというのも大きい。気になる相手を探すのに地図が載っていると便利というのはもちろんだが、それ以上に有意義な使い方もある。外出時に何かの拍子で時間が余った時、今自分がいる場所の近くで時間潰しで一緒に遊んだりセックスする相手を探すのにも使える。そういう使い方をしている人のほうが多いというのも事実だ言うなれば会員同士で自分の所在地を常に明示しておき、都合が良ければ近場にいる会員の誰とでもセックスしたり飲み遊んだりという感じでの利用者が多い。

攻略方法は、出来る限り自分も今の所在地(マップ上の自分の位置)をリアルタイムで更新しておく事。そうすれば、近くにいるセックスに飢えたOLや女子大学生からのアプローチを受ける事が頻繁に起こる。逆にセックスした直後で誰かと連続して会うのが面倒だったり感じる時は、あえて所在場所の更新をしないでおけばよい。

行きずりの相手を探すだけではなく、サイトで好みの相手をじっくり探すのも問題ない。尚、登録するとより詳細なマップを利用出来るようになるので、少しぐらい遠くの相手でも会うのにお互いの位置を戸惑う事もないだろう。