隣の騒音

2010/02/12 01:41┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

アパート住まいの俺は、隣の騒音にいつも困っていた。

それは真夜中に響きわたる赤ちゃんの泣き声だ。

隣に住む若い夫婦の家から、毎日のように夜中になると赤ちゃんの夜泣きが響きわたるのだ…

そのデカイ声は、大体夜中の2時ぐらいから始まり、1時間か2時間くらいずっと続くのだ…

赤ちゃんの夜泣きだから、しょうがないのは分かるのだが、隣の住人が寝不足で困っているのに、挨拶にも来ない若夫婦に苛立ちを覚え、俺は隣に苦情を言いに行った。

隣の部屋のドアをノックすると、若い女が出てきた。

俺はヤンワリと苦情を言った。

「はじめて。えーと…隣に住んでいる者なんですが…小さいお子さんがいて大変そうですね…えーと…夜泣きには救命丸がいいですよ…」

すると若い女は首をかしげて言った。

「家には、子供なんていませんが…」

そんな馬鹿な!確かに夜中の2時くらいに赤ちゃんの泣き声が聞こえるのに…

俺がその事を伝えると、いきなり若い女の顔が真っ赤になった。

そして恥ずかしそうに話出した。

「あの…あの声は赤ちゃんの泣き声じゃないんです…あれは…私の…私の…」

それを聞いて俺はぴーんときた。

なるほど…あの声は若奥さんの…ねぇ…

奥さんは恥ずかし気に打ち明けた。

 

「私の…私のお腹の音なんです…」

俺は反射的に言った

「どんな腹やねん!」

すると若い女は着ていたセーターをまくりあげて俺に腹を見せてきた。

そこには…デスピサロのような、でかい口が舌舐めずりをして、ヨダレをたらしていた…

女は申し訳なさそうな顔をして言った。

「一回ご挨拶に伺おうと思っていたのですが…なかなか時間が合わず…主人が昼間に太陽を浴びてしまうと灰になってしまうもので…機会があれば、ご挨拶に伺いますね。」

俺は呆気にとられながらも、なんだか悔しかった…

なので最後にこう言ってやった。

「挨拶に来るなら、満月の夜は止めてくださいね。俺…オオカミになっちゃいますから!」

すると若い女は、

「はいはい…」

と言ってドアを閉めた。

 

自分の部屋に帰った俺は、泣きながら引っ越しの準備をはじめた…

オススメ出会いサイト「セフレ案内板」

セフレ案内板

都道府県別でダイレクトにセックスフレンドを探せるのが「セフレ案内板」の特徴だ。
今すぐセックスをしたい時に利用できるので利便性が高く、登録している女性会員もギャル系・お嬢さん系・セクシー系・ロリ系・熟女系・人妻系など色々なタイプがいる。

登録する前から自分の住んでいる都道府県の女性会員を見れるのも非常に便利だ。最初に個別のページを見て気に入った女性を見つけてから登録する、という流れが可能。たいていのサイトはまずは登録してから相手のプロフィールを見れるようになるのだが、ここまでオープンな運営にしているのは利用者の立場からするとうれしい。女性会員も、顔を事前に見られるのは理解しているので、それだけセックスに対して貪欲な人ばかりという事でもある。セックス出来るのは当然。

そんなサイトなので、攻略法は特にない。攻略法など考えずとも、簡単に会えるサイトだ。気に入った相手を見つけて連絡をしてセックスする。簡単にそこまで持ち込む事が可能なサイトになっている。レディコミなどの広告で定期的に会員を募集しているだけあって、女性会員の鮮度も高い。セックスに飢えている女性が常時待機しているのがこのサイトだ。