隣の騒音

2010/02/12 01:41┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

アパート住まいの俺は、隣の騒音にいつも困っていた。

それは真夜中に響きわたる赤ちゃんの泣き声だ。

隣に住む若い夫婦の家から、毎日のように夜中になると赤ちゃんの夜泣きが響きわたるのだ…

そのデカイ声は、大体夜中の2時ぐらいから始まり、1時間か2時間くらいずっと続くのだ…

赤ちゃんの夜泣きだから、しょうがないのは分かるのだが、隣の住人が寝不足で困っているのに、挨拶にも来ない若夫婦に苛立ちを覚え、俺は隣に苦情を言いに行った。

隣の部屋のドアをノックすると、若い女が出てきた。

俺はヤンワリと苦情を言った。

「はじめて。えーと…隣に住んでいる者なんですが…小さいお子さんがいて大変そうですね…えーと…夜泣きには救命丸がいいですよ…」

すると若い女は首をかしげて言った。

「家には、子供なんていませんが…」

そんな馬鹿な!確かに夜中の2時くらいに赤ちゃんの泣き声が聞こえるのに…

俺がその事を伝えると、いきなり若い女の顔が真っ赤になった。

そして恥ずかしそうに話出した。

「あの…あの声は赤ちゃんの泣き声じゃないんです…あれは…私の…私の…」

それを聞いて俺はぴーんときた。

なるほど…あの声は若奥さんの…ねぇ…

奥さんは恥ずかし気に打ち明けた。

 

「私の…私のお腹の音なんです…」

俺は反射的に言った

「どんな腹やねん!」

すると若い女は着ていたセーターをまくりあげて俺に腹を見せてきた。

そこには…デスピサロのような、でかい口が舌舐めずりをして、ヨダレをたらしていた…

女は申し訳なさそうな顔をして言った。

「一回ご挨拶に伺おうと思っていたのですが…なかなか時間が合わず…主人が昼間に太陽を浴びてしまうと灰になってしまうもので…機会があれば、ご挨拶に伺いますね。」

俺は呆気にとられながらも、なんだか悔しかった…

なので最後にこう言ってやった。

「挨拶に来るなら、満月の夜は止めてくださいね。俺…オオカミになっちゃいますから!」

すると若い女は、

「はいはい…」

と言ってドアを閉めた。

 

自分の部屋に帰った俺は、泣きながら引っ越しの準備をはじめた…

オススメ出会いサイト「大人の逆援コミュニティSEXY」

大人の逆援コミュニティSEXY

性的な欲求が満たされてない女性が利用しているサイト。「大人の逆援コミュニティSEXY」というサイト名の通り、セックスだけでなくお金も逆援で稼げるサイトです。

具体的には人妻ですね。結婚してから主人とのセックスの相性が悪いと気付いた女性が登録しているケースが多いです。私が利用してみた感じでは、40歳前後の女性が多いです。規約として、女性は入会金が3万必要で男性は無料になっています。つまり、入会金3万払ってでもセックスがしたい女性ということで、やや年配のお金持ち女性が多い。年配とか控えめに言う必要はないでしょう。ババアですね。でもお金が目的ならこのサイトを利用しない手はないでしょう。

最初の女性と会えたのは、登録してから4日目。34歳の主婦でした。彼女は特定のセックスフレンドは作りたくないようで、私とセックスしたのもその日から1ヶ月の間だけで、合計でも8回でした。毎回謝礼として4万戴いていたので、中々良い稼ぎにもなりましたし、いい体を味わえました。その後も1ヶ月2ヶ月限定の女性を中心にセックスフレンドになってきましたが、どの女性も報酬を下さるので良かったですね。

40歳前後の女性が多いので、ババアにも抵抗のない男性にならお勧めできます。たまにガチでババアもいるので、事前に写メなどで確認しておいたほうが安全でしょう。まあ、ババアはババアなりに出す報酬も大きいので、勃つ自身があるならチャレンジしてみるのも一興かも知れませんね。