お風呂とひいばあちゃん

2010/01/09 15:24┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

母方の曾祖母の話。
身内で唯一の曾祖母で私が会いに行くと「アイスでも買ってお食べ」と毎回1000円をくれた。
毎回お金をくれるし温和な性格だったから、しょっちゅう遊びに行ってた。
曾祖母と祖母は同じ家から嫁に来ていて(曾祖母が養女だったらしい)、曾祖母は気の強い祖母にいつも気を使っていた。
意見を通すことは滅多に無く、いつの頃からか晩酌にコップ1杯の日本酒を飲んで不満を忘れようとしているように見えた。
いつからか私が小声で話すのは聞こえても祖母に話し掛けられると耳の遠いふりをするようになった。

曾祖母の体調が悪くなって入退院を繰り返すうち、祖母はだんだん厄介者扱いをするようになり、寝ているベットにはあまり行かなくなった。
曾祖母はお風呂が大好きだったが、介護で入浴させることは大変だったらしくあまりお風呂には入れていなかったようだった。
曾祖母が危ないという話だったので駆けつけてみると、うわごとのように何かを呟いている。

私も上手く聞き取れなくて「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいの?」と言うと、大きく頷いた。
握った手をぎゅっと握り返してきた。
私は必死に「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいって言ってるよ、入れてあげようよ!」と言ったが、何年も介護している祖母に対しては言わなかったことらしく、「もう何も反応も無いし、そんなこと言うわけ無いよ」と言われた。
半泣きで「お風呂に入れてあげようよ」と繰り返したが、聞き入れてもらえなかった。
内孫でない私が言ったところで聞き間違えにしか取ってもらえなかった。
ぴいばあちゃん、ごめんね。
私がもっと強く意見を言えば、もしかしたらお風呂に入れたかもしれなかったのに。ごめんね。

曾祖母が亡くなって10年以上が経ちました。
たまに曾祖母の手の暖かさを思い出しては涙がこぼれます。

オススメ出会いサイト「人妻奴隷」

人妻奴隷

人妻掲示板をはじめ、会える人妻掲示板・写メール検索など大人の不倫出会いをするための倶楽部が「人妻奴隷」だ。このサイトは人妻の中でもM気質の女性、奴隷願望を持っている女性を中心に会員募集しているので、Sな男性にお勧めのサイトになる。

マゾ気質の女性と限定して募集をしているため会員数は少ないのでは?と思われるかも知れないが、全都道府県で販売される有名誌等やコミュニティで奴隷願望のある主婦人妻を幅広く募集し、信用第一をモットーに密会が実際に楽しめるサイトになっている。主人には性癖を隠している女性が多いので、信頼第一というのは重要である。今日まで存続しているという事実が、サイトの信頼度の高さを表していると言えよう。

攻略方法としては、自分のニーズに合った女性を最初にしっかり選ぶのが大切になる。Mと一言で言っても、露出願望、緊縛願望、アナル責め希望などいろいろなタイプの女性がいる。自分がSなら、どのようなタイプの女性を奴隷にしたいかきちんと見極めて探すのが重要になるだろう。そして、何度も書くが信頼度を失わないように。主人にバラす、旦那にハメ撮り動画を送る、などの脅しはたとえM女性相手でも避けるべき言葉だ。