お風呂とひいばあちゃん

2010/01/09 15:24┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

母方の曾祖母の話。
身内で唯一の曾祖母で私が会いに行くと「アイスでも買ってお食べ」と毎回1000円をくれた。
毎回お金をくれるし温和な性格だったから、しょっちゅう遊びに行ってた。
曾祖母と祖母は同じ家から嫁に来ていて(曾祖母が養女だったらしい)、曾祖母は気の強い祖母にいつも気を使っていた。
意見を通すことは滅多に無く、いつの頃からか晩酌にコップ1杯の日本酒を飲んで不満を忘れようとしているように見えた。
いつからか私が小声で話すのは聞こえても祖母に話し掛けられると耳の遠いふりをするようになった。

曾祖母の体調が悪くなって入退院を繰り返すうち、祖母はだんだん厄介者扱いをするようになり、寝ているベットにはあまり行かなくなった。
曾祖母はお風呂が大好きだったが、介護で入浴させることは大変だったらしくあまりお風呂には入れていなかったようだった。
曾祖母が危ないという話だったので駆けつけてみると、うわごとのように何かを呟いている。

私も上手く聞き取れなくて「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいの?」と言うと、大きく頷いた。
握った手をぎゅっと握り返してきた。
私は必死に「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいって言ってるよ、入れてあげようよ!」と言ったが、何年も介護している祖母に対しては言わなかったことらしく、「もう何も反応も無いし、そんなこと言うわけ無いよ」と言われた。
半泣きで「お風呂に入れてあげようよ」と繰り返したが、聞き入れてもらえなかった。
内孫でない私が言ったところで聞き間違えにしか取ってもらえなかった。
ぴいばあちゃん、ごめんね。
私がもっと強く意見を言えば、もしかしたらお風呂に入れたかもしれなかったのに。ごめんね。

曾祖母が亡くなって10年以上が経ちました。
たまに曾祖母の手の暖かさを思い出しては涙がこぼれます。

オススメ出会いサイト「貧乳大好き!」

貧乳大好き!

貧乳大好き!」はその名の通り、貧乳の女性がメインに参加している出会い系サイトになる。Bカップ以下の女性が好みならこのサイトを利用しない手はない。年齢は20代以上の女性が多い。すでに成長期を終えている成人なので、それ以上おっぱいが大きくなる事はないので、貧乳が好みなら途中で成長される心配もないだろう。

サイトは全て無料で利用できるので、事前にじっくりと相手と交流を持つ事からスタートしても問題ないだろう。小さな胸にコンプレックスを持っているタイプの女性の場合はその仕込みから時間をかける必要がある。

攻略方法は、貧乳以外の要素で好みの女性を選ぶ、これに尽きる。胸が小さいのはまず前提として参加している全女性の特徴なので、それ以外で贅沢に好みで振り分けても問題ないだろう。中には複数のセフレを持っている女性もいるので、性欲に関しては貪欲なケースが多いので、セフレ目的で利用するのも十分効果的だ。