お風呂とひいばあちゃん

2010/01/09 15:24┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

母方の曾祖母の話。
身内で唯一の曾祖母で私が会いに行くと「アイスでも買ってお食べ」と毎回1000円をくれた。
毎回お金をくれるし温和な性格だったから、しょっちゅう遊びに行ってた。
曾祖母と祖母は同じ家から嫁に来ていて(曾祖母が養女だったらしい)、曾祖母は気の強い祖母にいつも気を使っていた。
意見を通すことは滅多に無く、いつの頃からか晩酌にコップ1杯の日本酒を飲んで不満を忘れようとしているように見えた。
いつからか私が小声で話すのは聞こえても祖母に話し掛けられると耳の遠いふりをするようになった。

曾祖母の体調が悪くなって入退院を繰り返すうち、祖母はだんだん厄介者扱いをするようになり、寝ているベットにはあまり行かなくなった。
曾祖母はお風呂が大好きだったが、介護で入浴させることは大変だったらしくあまりお風呂には入れていなかったようだった。
曾祖母が危ないという話だったので駆けつけてみると、うわごとのように何かを呟いている。

私も上手く聞き取れなくて「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいの?」と言うと、大きく頷いた。
握った手をぎゅっと握り返してきた。
私は必死に「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいって言ってるよ、入れてあげようよ!」と言ったが、何年も介護している祖母に対しては言わなかったことらしく、「もう何も反応も無いし、そんなこと言うわけ無いよ」と言われた。
半泣きで「お風呂に入れてあげようよ」と繰り返したが、聞き入れてもらえなかった。
内孫でない私が言ったところで聞き間違えにしか取ってもらえなかった。
ぴいばあちゃん、ごめんね。
私がもっと強く意見を言えば、もしかしたらお風呂に入れたかもしれなかったのに。ごめんね。

曾祖母が亡くなって10年以上が経ちました。
たまに曾祖母の手の暖かさを思い出しては涙がこぼれます。

オススメ出会いサイト「恋愛横丁」

恋愛横丁

メル友から遊び友達、恋人、さらにはセックスフレンドまであらゆるパートナーを探すのに便利なのがこの「恋愛横丁」だ。

このサイトはナビとして使えるというのも大きい。気になる相手を探すのに地図が載っていると便利というのはもちろんだが、それ以上に有意義な使い方もある。外出時に何かの拍子で時間が余った時、今自分がいる場所の近くで時間潰しで一緒に遊んだりセックスする相手を探すのにも使える。そういう使い方をしている人のほうが多いというのも事実だ言うなれば会員同士で自分の所在地を常に明示しておき、都合が良ければ近場にいる会員の誰とでもセックスしたり飲み遊んだりという感じでの利用者が多い。

攻略方法は、出来る限り自分も今の所在地(マップ上の自分の位置)をリアルタイムで更新しておく事。そうすれば、近くにいるセックスに飢えたOLや女子大学生からのアプローチを受ける事が頻繁に起こる。逆にセックスした直後で誰かと連続して会うのが面倒だったり感じる時は、あえて所在場所の更新をしないでおけばよい。

行きずりの相手を探すだけではなく、サイトで好みの相手をじっくり探すのも問題ない。尚、登録するとより詳細なマップを利用出来るようになるので、少しぐらい遠くの相手でも会うのにお互いの位置を戸惑う事もないだろう。