お風呂とひいばあちゃん

2010/01/09 15:24┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

母方の曾祖母の話。
身内で唯一の曾祖母で私が会いに行くと「アイスでも買ってお食べ」と毎回1000円をくれた。
毎回お金をくれるし温和な性格だったから、しょっちゅう遊びに行ってた。
曾祖母と祖母は同じ家から嫁に来ていて(曾祖母が養女だったらしい)、曾祖母は気の強い祖母にいつも気を使っていた。
意見を通すことは滅多に無く、いつの頃からか晩酌にコップ1杯の日本酒を飲んで不満を忘れようとしているように見えた。
いつからか私が小声で話すのは聞こえても祖母に話し掛けられると耳の遠いふりをするようになった。

曾祖母の体調が悪くなって入退院を繰り返すうち、祖母はだんだん厄介者扱いをするようになり、寝ているベットにはあまり行かなくなった。
曾祖母はお風呂が大好きだったが、介護で入浴させることは大変だったらしくあまりお風呂には入れていなかったようだった。
曾祖母が危ないという話だったので駆けつけてみると、うわごとのように何かを呟いている。

私も上手く聞き取れなくて「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいの?」と言うと、大きく頷いた。
握った手をぎゅっと握り返してきた。
私は必死に「ぴいばあちゃん、お風呂に入りたいって言ってるよ、入れてあげようよ!」と言ったが、何年も介護している祖母に対しては言わなかったことらしく、「もう何も反応も無いし、そんなこと言うわけ無いよ」と言われた。
半泣きで「お風呂に入れてあげようよ」と繰り返したが、聞き入れてもらえなかった。
内孫でない私が言ったところで聞き間違えにしか取ってもらえなかった。
ぴいばあちゃん、ごめんね。
私がもっと強く意見を言えば、もしかしたらお風呂に入れたかもしれなかったのに。ごめんね。

曾祖母が亡くなって10年以上が経ちました。
たまに曾祖母の手の暖かさを思い出しては涙がこぼれます。

オススメ出会いサイト「人妻不倫掲示板」

人妻不倫掲示板

既婚女性との出会いを求める男性にお勧めなのがこの「人妻不倫掲示板」。女性は既婚者もしくは離婚歴のある女性のみ参加可能という、完全に主婦・人妻系の出会い系サイトとなっている。若妻から熟女まで、様々な主婦が参加しているので好みの女性を見つけるのも容易だろう。

人妻で出会い系を利用しているケースは、主人と別れる気持ちはなくて、あくまでも割り切った身体のみの関係を求めているタイプの女性が多い。なので、秘密厳守でのセックスにこだわるので男性側が既婚・恋人がいても大丈夫だろう。出会い系サイトの相手の女性が誰にもバレたくない思いをしながら利用しているので、男性側の秘密も一緒に守ってくれるだろう。

攻略方法は、時間帯の合う相手に重点的にアプローチをかけるのがいいだろう。自分の活動時間が夜ならば相手も夜、昼ならば相手も昼。主婦は昼が暇、と思いがちだが意外と様々な時間帯に自由時間を持っている。タイミングの合う主婦を見つけて、そしてセックスに持ち込むのがベターだろう。あまり外見的な好みにこだわらずに、会えるチャンスがある人妻にどんどんアポを申し込んでいくのが手っ取り早い。