• Home
  • >
  • >

いったい誰だったんだ?

2009/11/12 03:59┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

俺物心つく前に親父が死んじゃっててお袋が女手一つで俺とアネキの事育ててくれてたのよ
実際すげー優しかったし本当に愛情込めて育ててくれたと思う

そんなお袋も10年前の俺が二十歳の時に死んじまったんだなこれが
そりゃーショックだったよ、アネキも俺も放心状態
でも親類関係って一切かかわった事ないし、連絡先も知らないから
自分たちですべてやるしかなかったのね、まぁ近所のおばさんなんかが手伝ってくれたし
アドバイスくれたりで淡々と葬式の準備は進んでったわけよ

その時アネキが近所のおばさんと区役所に死亡届を出しに行ってたんだけど
2人して真っ青な顔して帰ってくるのよ、もうね本当の青って感じw
アネキなんか今更おお泣きするしwんでそのおばさんに何があったのか聞いてみたら
お袋18年前に死んでますってwwwwwww

確かに保険証にお袋の名前なかったのはおかしいと思ってたんだけど・・・

オススメ出会いサイト「テレメール」

テレメール

テレクラと出会い系サイトの良い点を合わせたコミュニティサイト、それが「テレメール」だ。テレクラとは違って無料で利用できるのが強い点だ。ユーザの視点に立って利便性を優先して作られていて、写メ+メール+直電機能で好みの女性と確実に待ち合わせが可能になっている。

サイト内に電話機能が設置してあるのはユーザとしては嬉しい部分だろう。いきなり自分の電話番号を知られるのはちょっと怖いという場合、サイト内で無料直電機能を利用すれば電話番号を知られる事なく、会話が可能だ。実は、これは裏技になるが、サイトを通して電話すれば無料で電話を利用出来る事にもなり、節約にもなる。

攻略方法としては、今述べたような電話機能を駆使してアポを取り、そして会うのがベストの流れだろう。いきなり喋るのが不安な時はメールなどでやり取りも可能だが、通信費が勿体ないのでサイトの電話機能を使うほうが安上がりだろう。女性の狙い目は主婦がいいだろう。時間帯は昼のほうが人数が多いが、夜でも一定数の人妻がいるのが驚きだ。最初はテレフォンセックスで慣れてから(何度でも書くが、サイト内の電話は無料だ)、その後実際に会う流れを作ってもいいだろう。