• Home
  • >
  • >

いったい誰だったんだ?

2009/11/12 03:59┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

俺物心つく前に親父が死んじゃっててお袋が女手一つで俺とアネキの事育ててくれてたのよ
実際すげー優しかったし本当に愛情込めて育ててくれたと思う

そんなお袋も10年前の俺が二十歳の時に死んじまったんだなこれが
そりゃーショックだったよ、アネキも俺も放心状態
でも親類関係って一切かかわった事ないし、連絡先も知らないから
自分たちですべてやるしかなかったのね、まぁ近所のおばさんなんかが手伝ってくれたし
アドバイスくれたりで淡々と葬式の準備は進んでったわけよ

その時アネキが近所のおばさんと区役所に死亡届を出しに行ってたんだけど
2人して真っ青な顔して帰ってくるのよ、もうね本当の青って感じw
アネキなんか今更おお泣きするしwんでそのおばさんに何があったのか聞いてみたら
お袋18年前に死んでますってwwwwwww

確かに保険証にお袋の名前なかったのはおかしいと思ってたんだけど・・・

オススメ出会いサイト「ヴァージンマダム」

ヴァージンマダム

結婚後にセックスレスになった主婦、または性的に満足できていない女性を意味するスラングをサイト名に持つのが「ヴァージンマダム」。その名の通りの女性会員をレディコミを中心に募集しているので、女性会員数のほうが男性よりも多いサイトの一つである。

ヴァージンマダムとの出会いを無料で完全サポートと銘打っている通り、メールから写メ閲覧をはじめ全ての機能が全て無料で利用出来る。女性検索も充実していて、年代から即会い、サポート希望、特殊性癖から選択可能だ。

攻略方法としては、ここはサポート付きを狙うのが良いだろう。家事や育児に疲れている女性を狙うよりも、仕事に明け暮れている年齢の高い女性のほうが美味しい思いを出来る。男性へ支払う金銭感覚も通常と異なっていて、お金目的でなおかつセックスも出来るというのが魅力だ。サポート付きを大前提として探し、それ以外の要素は自分の好みで決めていくのがいいだろう。