二連続で

2009/08/22 23:10┃登録者:ミネラル◆8BN5TDnA┃作者:名無しの作者

高校んトキの話だよ。
バイトの先輩との出来事でっす。

長くなったら…ゴメソ…

初めてのバイトだった。
その職場にいた当時18歳のおねーさん。最初は別になんとも思ってなかったんだけどね。
バイト回数を重ねるたびにそのおねーさん含むみんなと仲良くなって、高校生だったけど、飲み会とかにも参加するようになった。

バイト終わる度に『今日集合~』みたいなノリ。

んで…その日は土曜日だか日曜日で、昼過ぎにバイトが終わったんだよ。
そしたらいつも通り『今から遊ぼう!』になったわけ。
でも、たまたまその日は俺しか暇な人がいなかった。
そしたら彼女が
『んじゃ、とりあえずウチいこっか?』って。
まぁ、前にみんなでだけどよく行ってたし、抵抗も疑問も期待もなくフツーに受け入れた。

家に行って何をしたか…あんま憶えてない。
ただくだらない話をしてただけだったと思う。
しかし、な~んかダラダラしてたら彼女がちょいと眠いと言いはじめた。
まぁ、朝早いし眠いのかーと思ってた。
彼女の隣で(ベッドの上)一緒に横になった。
彼女と同じ向きで寝てた訳だが(要するに彼女が俺に背を向けている状態)、ふと彼女が俺の方に寝返った。

狭いベッドで寝返るってことは…凄い接近するわけ。
もう、顔が凄い近くて。
でも、ホントに寝てると思ってたから別にただ寝返っただけと思ってた。
そしたらイキナリ俺の口を彼女の唇が塞いだ。
ビックリしたけど、そのままキスしつづけた。別に初めてってわけでもなかったんだけど、やっぱ若いからかキスではち切れんばかりに勃起してた。

長い間キスしてると、彼女の手が俺の大きくなったチンコを触ってきた。
興奮してたんだろうと思う。
俺も合図だと思って胸を揉みはじめた。
そしたらキスしてた彼女の唇が離れて、下の方に潜って行った。
触られてるうちにズボンとパンツ半分くらい下ろされてて、気付いたら彼女の口の中に入ってた。
フェラも初めてじゃなかったけど、年上のおねーさんはヤハリ違う。今までが下手だったんだろうけど…
凄い今までにない舌の動きとゆーか…
フェラじゃあんまりイかないんだけど、我慢できなかった。

『そんな動かしたらイッちゃうよ?』
聞こえてんだか聞こえてないんだかわかんないけど、構わず続ける彼女。
自己申告したとおり、もう俺はイきそう。
我慢出来るもんじゃないし、思わずそのまま口の中に出てしまった。
出てる…ハズなのにそれにも構わず続ける彼女。

『ちょっ…』
そりゃいくら高校生でもイッた直後は…ねぇ?
でも、その敏感になったチンコをそのままくわえ続ける。
こんな風にされたの初めてだったけど、でも辞めて欲しい気持ちもあったけど我慢ってゆうか…
とにかく舐めてもらい続けた。
そしたらまた凄い気持ちよくなってきた。
舌を動かし、俺の腰回りと自分の口元を自ら唾液と、俺の精液でベチャベチャにしながら俺のチンコを舐めてくれた。
『ちょ、ごめん、またイキそう』
さすがに一回目より時間かかったが、また口で抜かれてしまうらしい。
『いいよ、もう一回飲んであげるから』


一回目の精液は飲まれていたらしい!
俺はその言葉でますます興奮。
その言葉のすぐ後に二回目も口の中に発射してしまいました。
『〇〇のいっぱいでたよ。あんまり味に癖ないし…おいしいと思ったら…続けちゃった』
味わった事ないし味わいたいとも思わんから、自分の精液の味なんぞどうでもよかったが、二度連続でイかされたからか、そのセリフでは特別興奮しなかった。
でも、その後ちゃんとHしちゃうんだけどね。

オススメ出会いサイト「新妻・熟女の不倫掲示板」

新妻・熟女の不倫掲示板

不倫を楽しみたい女性と、そんな人妻が好きな男性の出会いを提供し、理想の不倫パートナーを見つけることが出来るのがここ「新妻・熟女の不倫掲示板」だ。30代40代中心の男女をメインに会員を募集しているサイトなので、その年齢の不倫相手を募集するのに適している。

特に30代から40代の熟れた人妻は、主人とのセックスレスやマンネリエッチに体が満足できずに毎日欲求不満を送っているケースが非常に多い。そんな主婦の欲求不満を満たすと同時に自分も満足できるのだから、お互いの需要が一致していると言えよう。

サイトの攻略方法としては、自分と時間帯の合う人妻を見つけるようにする事。主婦なので主人がいない時間帯が狙い目になる。大抵の場合は主人が出勤している昼の時間帯になるが、夜勤の旦那を持っている主婦も最近は少なくないので、自分の都合のいいのがどの時間帯であろうとも、確実にセックス出来る主婦はいるので安心して検索するといい。セックスをする人妻の年齢も、好みから探せる。一言で主婦といっても、新妻から熟女まで幅広い年齢が存在しているので、自分がセックスしたいタイプを見つけよう。