• Home
  • >
  • >

あらら・・処女だったのに・・

2005/06/08 01:54┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:ななし

現在27歳の女です。
中2の夏の出来事の話をします。

当時ゴールデンレトリバーのマックというオス犬がいました。
(もう死んでしまいましたが。。)
マックは日中は外の大きな犬小屋で、夕方の散歩の後は家の中の小さ目のケージに入れていました。
小さ目のケージなのでたまに茶の間に出して遊ばせてあげていました。
いつも父がマックを出して遊ばせてあげているのですが、
父はマックをケージからだしたまま二階の自分の部屋へ行って寝てしまいました。
そんなときは母がマックをケージに戻してくれるので、
お風呂がまだだった私はマックをそのままにしてお風呂へ行きました。
お風呂からでてくると母も寝てしまったらしくマックはそのまま茶の間にいました。
バスタオル1枚ででてきた私は暑かったのでそのままジュースを飲んでいました。
誰もいないのでバスタオルをとってそのバスタオルで濡れた頭を拭いていました。
髪の毛をヘアクリップでとめようと思って髪をまとめていたのですが、
片手に持っていたクリップが手から落ちたんです。
クリップがちゃぶ台の下にころがってしまったので自分の頭をちゃぶ台の下に入れて手をのばして取ろうと思いました。
その時「ドン」っと私の背中の上に何かがのっかってきたんです。
すぐにマックだとわかったんですが。。
すでに遅し。。お○んこに何か「ツン」とあたったと思ったらそのまま「ズブッ」っと入ってきました。
ちゃぶ台の下に頭を入れて腰を高く持ち上げていた私のお○んこに自分のチ○コをつきさてきたんです。。
すぐに起きあがろうとしたけど、頭はちゃぶ台の下でぶつかって起きあがれなかった。
すごい勢いのピストン運動。ピストンといっしょに「ピチャッピチャッピチャッ」と音がしました。
でも処女だったのにぜんぜん痛くなかったんです。
激しいピストンが終わると背中の上で少し動かないままジッっとしていました。
それからすぐにチ○コ抜いて背中から降りました。
私はビックリしていたせいもあって少し呆然としていました。

それから少しして立ち上がるとお○んこから少し白っぽい精子と少しの血が「タラ~」と流れでてきました。
「処女だったのに。。」と少し悲しくなったんですけど、
思ってみれば痛くもなかったし激しいピストンが気持ち良かったんです。
なぜかその快感が好きになってしまい、それ以来マックとの交尾(?)にハマリました(笑)
誰もいないときはマックとの交尾タイムです。
あのピストンの激しさと膣の奥までつきささる快感はすごいです。
頭を少し下のほうにして腰を高く持ち上げると奥までチ○コがつきささってすごく気持ちいいんです。
マックがイッた後背中の上でダラ~ンとしているとき
鏡でマックのチ○コが入ったままの自分のお○んこを見てみると睾丸まで入っているときもあります。
それも気持ちいいんだけど。
でもピストンはすごいけど1分くらいでイッちゃって多くても3回くらいしか挿入できないところが不満でした。
回復するまで時間がかかるのが悩みどころ(?)でした(笑)

今は結婚しているので実家にいないし、マックも死んでしまったので交尾はできません。
でもネットで獣姦のムービーを見るとまたやりたくなります。
やっぱり獣姦が好きなのでそういうビデオを探して見てしまうんでしょうね。
でも外国物ばっかり。。日本の人でそういう人いないのかな。。
ほんと犬は気持ちいよ。激しさがかなりいい☆

マジな話しなんです。

オススメ出会いサイト「人妻奴隷」

人妻奴隷

人妻掲示板をはじめ、会える人妻掲示板・写メール検索など大人の不倫出会いをするための倶楽部が「人妻奴隷」だ。このサイトは人妻の中でもM気質の女性、奴隷願望を持っている女性を中心に会員募集しているので、Sな男性にお勧めのサイトになる。

マゾ気質の女性と限定して募集をしているため会員数は少ないのでは?と思われるかも知れないが、全都道府県で販売される有名誌等やコミュニティで奴隷願望のある主婦人妻を幅広く募集し、信用第一をモットーに密会が実際に楽しめるサイトになっている。主人には性癖を隠している女性が多いので、信頼第一というのは重要である。今日まで存続しているという事実が、サイトの信頼度の高さを表していると言えよう。

攻略方法としては、自分のニーズに合った女性を最初にしっかり選ぶのが大切になる。Mと一言で言っても、露出願望、緊縛願望、アナル責め希望などいろいろなタイプの女性がいる。自分がSなら、どのようなタイプの女性を奴隷にしたいかきちんと見極めて探すのが重要になるだろう。そして、何度も書くが信頼度を失わないように。主人にバラす、旦那にハメ撮り動画を送る、などの脅しはたとえM女性相手でも避けるべき言葉だ。