裏山で

2007/12/16 14:05┃登録者:えっちな名無しさん◆E4dxXeG.┃作者:名無しの作者

私の住んでる町は結構な田舎で、学校の近くには結構大きな裏山がありました。
私は中学校に入学したときからその裏山でオナニーするのが楽しみとなっていました。

その日もいつも通り山で座り込んでオナニーをしていたら、遠くからなにかがやってきました。
それはよく見ると野良犬のようで、私も見たことの無い犬でした。
私は特に気にもせずオナニーを続けていたのですが、だんだんその犬が近くによって来るのが見えました。そしたら私の近くに寄ってきて、体をぺろぺろと舐められてしまいました。
今思えばそのときに走って逃げてしまえばよかったのでしょうが、そのときのわたしは
恐怖心と不思議な気持ちよさのせいで、そのまま舐められ続けていました。
そしたら、だんだん舐める場所が下になっていき、ついに私のアソコを舐められてしまいました。そのとき私はこれまで味わったことのないような快感が襲ってきました。そしてそのまま
私は野良犬に体を預けてしまったのです。
そして何分か舐め続けられた後ふとその犬の股間の部分を見てみると犬のペニスが大きく勃起していました。その長さは20cmほどで、まだ処女であった私は、そのペニスを触ってみたくなりました。私は犬の体に潜りこみ、始めてみるペニスを触り始めました。
私が触っていると、犬も気持ちいようでがくがくと腰を振っていました。わたしはそのペニスを手でしごいてみると、ペニスからぼとぼとと白い液体が落ちてきました。そのとき私はsexを
してみたいという感情にとりかれたように犬のペニスを私のアソコに近づけました。
その途端犬が激しく腰を振り始め、ついに犬のペニスが私の中に入ってきました。処女であったため、かなりの痛みがありましたが、それもだんだん薄れてきて、これまでとは比べ物にならない快感が襲ってきました。わたしはその快感に身を預け、放心状態になりました。
気がついたときには犬は私のそばから離れ、どこかに行ってしまっていました。
アソコの部分は私の血と愛液と犬の精子でぐちゃぐちゃになっていました。
私はそれらをふき取ると、ボーっとした頭で山を出ました。
それ以来私は犬とのセックスにはまり、山で野良犬を見つけては交尾をする日々が続いています。

オススメ出会いサイト「セフレ募集掲示板」

セフレ募集掲示板

セフレ募集掲示板」はその名の通りセックスフレンドを募集する出会い系サイト。利用している会員の年齢は幅広く、10代の女子大生・短大生から信じがたいババアまで多岐に渡っている。完全無料で利用できるので、出会い系初心者はまずはこのサイトから始めてみるのもいいだろう。最初に作るプロフィールは非常に簡単なもので、登録への煩わしさもない。

セフレを探す際、通常のメールでのやり取り以外にも、直接相手に電話出来る機能もある。サイト内での電話になるので、最初からいきなり自分の電話番号を教えるのが不安という人にはありがたい機能だ。写メなどの画像のやり取りも可能で、卑猥な画像を相手に要求することも出来る。直接会わずにオカズ探しするだけの利用方法も出来る。

もしセフレを探す場合は、順番としては気に入った女性に何度かメールで写メを要求して、複数の顔写真を見てからがいいだろう。たいていの女性は元からプロフィールに画像を掲載しているが、一枚のみでは判断が付かない場合が多い。特に、全裸画像は事前に見せてもらったほうがいいだろう。体の好みも合致する女性だったら、サイト内の直電話機能等も利用して待ち合わせ場所を決めるのがいいだろう。