外人の浮気、やっぱエグイ

2010/01/20 16:22┃登録者:腹が出ても気持ちがイイ◆96/AaLbk┃作者:名無しの作者

もうそろそろ、1年になるからいいだろう。
俺は店を預かる一人。
外人の店は少ないがこの時は外人の店。
俗に言う○○○パブというやつ。
某県、某市○○IC傍とでも書いておこう。

3ヶ月位の営業で上からやめると聞かされていたから、
店の女を物色。

一人いい女がいるけど、男付き。
なんとか落とす方法を考え、丁度男の事で悩んでいる様子。
店の女の子に協力してもらって、酒を飲ます。
ものの見事に1ヶ月で落ちた。

「ホテルいこーよ、あんたやりたかったんでしょー」
きたきた・・・ 店の近くのホテルへ直行。
この女スゴイ。
外人のSEXは気持ちいい。
それに中出しだってバレなきゃOK。
思い切りディープキス。
しかも、俺のナニを触りながら。
もうビンビン。
酔ってるのか、フェラチオはうまくない。
でも触り方は最高だ。 我慢汁も出ちまう。
いきなり入れれば、ビショビショに濡れてる。
入れてみれば最高の締まり具合。
しかも生、ゴムは嫌いなのか、、、 上に乗っかって腰が前後に動く。
口は開くし、ディープキスしながら出し入れは最高だ。
「彼氏のよりいいだろー」月並みなセリフ
「カタイ、カタイ」だと。
「おくまで、ささってる、、、」
スゴすぎ。
「○○○○いいって言ってみろ」
「○○○○イイ。気持ちイイ。ハァ~」
好きモノ。ピッタリだ。
この外人はイクと言わない。 出ると言う。
「デルデル」だって。
またその後は締まる。
最高に気持ちよかった。

次も誘ってやろう。
2~3日あけて、次からは俺の家に来るようになった。
この女、バカなのか、 来ると彼氏の自慢話。
まぁ、何年も騙されてるのに気づかないんだから、やはりアホ。
俺がケツ持ってやろうかと言っても自慢話。
これはタダの遊びだと。
それにしちゃあ、酔って無くてもあんあん言って帰る。
タダの変態か、俺の○○○にハマったか。

今日は横から入れてやった。
白い液が垂れて来る。
スケベな女だ、こういう女とのSEXは最高だ。
マメいじりのSEXで何度もイク、本人はデルというが。
相変わらず腰の動きは最高。
飲み込むような動き。

もう店は他の会社に引き継がせちまったので、
店であわなくなったが
彼氏が病気になろうが入院しようがかまわずにやってくる。
そして、自慢しながらSEX。
でもやってるときは、 「アイシテル」の連発。
やはりタダの変態。
ゆっくり出し入れしても 高速ピストンでも足が勝手に開く。
触るだけでビショビショ。

最初に頼んだ女共に自分から頼んでアリバイ工作。
余計に燃えるのか。
それとも近所の男の家だから燃えるのか。
○○○を迎える準備はいつもOK。
プロと間違えるような気持ちよさだった。
男は大したことなさそうで、まだ何もしてこない。
この女はしばらく使えそう。
こんな名器はめったにいないし。

俺の精子を飲み込んで帰って、
男にメシ奢らせて、 スタミナ付けてまたドロドロになりに来る女。
「○○○○イイ、ササッテル、デルデル」
相変わらず口は開きっぱなし。
いつも中出ししてたのか、
しばらく逢わなくなったら、
妊娠したかもしれないと打診の電話。
まぁ、あんだけ入れてればありえるね。
そのあとどうなったか、、、

最終的に男に戻ったけど、
あれだけ出されて、よくまた使えるよなぁ、その男。
女がバカだから、男も同じか。
どうせ、あの○○○がいいんだろうな。
俺の○○○しゃぶってるのと同じだぜ。

最低な女だけど、
またやりてぇ、湧き出る白い液体とディープキス

う~、いかんいかん、起って来た

オススメ出会いサイト「秘密の園」

秘密の園

不倫専門コミュニティサイトが「秘密の園」だ。不倫というとイメージが悪い言葉かも知れないが、このサイトはもっと幅広く、既婚者ながらも別の相手ともセックスしたい、そんな男女が集まっているサイトになっている。登録している会員は女性が多め、人妻や主婦とセックスしたい男性にとっては利便性の高いサイトと言えよう。。

不倫に至る理由は女性たちそれぞれだが、欲求不満が基本になっているのは共通している点だ。結婚して数年経ってお互いに飽きてきて、セックスレスになっている場合。主人が年齢の関係で性的に機能しなくなっている場合。主人が仕事から帰ってきても疲れていて夜の相手をしてくれない。理由は色々とあるが、共通しているのは性的に満たされていないという部分だ。

攻略方法は、トップページに掲載されている新規女性にアプローチを仕掛けるのが良い。登録して日が浅い女性なので、アプローチに対して積極的に応えてくれるはずだ。会員の主婦の日記が掲載されているのでそれを参考にするのもいいだろう。たまに冗談じゃないかと思えるぐらい欲求不満な発言をしている女性もいるが、冗談ではなく本気で書いている。女はエロい、というのがよく分かるだろう。