• Home
  • >
  • >

セフレに仕組まれた3P

2010/02/22 16:26┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

私にはセフレくんNがいます。
この前Nが「友達と飲み会するからおいでよ」って言われました。
Nの家でよく飲み会したりして呼んでくれるので、何にも思わずに行きました。

でも、部屋にいるのは、なおきと白人の男の人だけでした。
いつもは女の子もいるのに。

「あれ?他には?」って言ったら来れなくなったと・・・
「やばいかも」って思ったけど、机の上にはすでに飲み物と食事。
3人では食べきれないくらい。

つい、まあ、大丈夫よね。
って思ってしまいました。
話もはずんで、なかなかいい感じに酔って。
なおきが私の胸をさわってきました。
私は笑って「もう」って言っていたんですが、キス。

その内手がスカートに。
そして、もう1人も私のスカートに。
私3Pって頭ではなんとなく知ってても経験なんてありません。

「いや、怖いよ。」って言っても、なおきはいつもの様にやさしくキスして触ってきます。

とうとう2人の手が両足を開いてストッキングの上から2人の手が攻めてきます。

Nが耳元で「パンティ濡れてるよ。脱ごうか」って。
そうなの、こんな状況なのに私、感じてしまっていたのです。

一旦足を閉じて、いきなりパンティのなかに手をいれて、ぐっと下げてしまいました。
Nが指をいれている間にもう1人が足から下着を抜いて。
二人で裸にされて、もう1人が私の胸を舐めながら指を入れている間に、Nが服を脱いで、ゴムをつけて入ってきました。

わたしは、1人に顔を見られNなおきとHしていました。

よく話しにあるみたいに、もう1人がアレを口に持ってきたらどうしようって思っていましたが、私の身体を触ったりするものの、そういう気配がありません。

私は見られてるということからか、いつも以上に興奮してしまいました。
見られているのに、バックまでして、途中から見られていることにも気にならなかったのです。

バックの体勢でNがいって、わたしから離れると、もう1人が口に近づけてきました。
手にもってびっくり。
外人さんってあんなに大きいの?話だけじゃないの?
それでも、夢中でなめてたら、離れて彼もゴムをつけて正上位で、ゆっくり入ってきました。
私はそうとう濡れていたらしく、案外簡単にはいってしまいました。

それでもゆっくり突いてくれましたが、私はあんまり大きい人としたことがないってこともあってか、頭が真っ白になる感じでした。

正上位でだんだん早く動かすようになると、身体を持ち上げられて、バックです。
自分の声が遠くで聞こえるような感じで、ただ夢中だったと思います。
それも、その人結構長かったと思います。

終わった後、ぐったりしてる私をおこして、シャワーをあびさせて身体をあらってくれました。

私は、アソコの周りだけじゃなくお尻も太ももも濡れていました。

そのあと、身体を拭いてくれて、3人で並んで寝ました。

2回目はなかったですが、Nが家に送ってくれて私の家でまたHして、帰りにNが「ごめんな」って。
私はごめんなんて言われるとはずかしいくらいだったので、ごまかして別れました。

きっとこんな事もうないだろうと思いますが、思い出しただけでも・・・って感じです。

私には彼氏もいるんですが、彼氏はあんまりHじゃなくていろいろしてくれるほうではないのでセフレと切れないんですが、こんなこと覚えてしまったら・・・・不安です。
最初からあんまり抵抗しなかったんだから、期待してたのかなとか思うとこんなのって異常なのかな・・っていうのも不安。

オススメ出会いサイト「人妻不倫掲示板」

人妻不倫掲示板

既婚女性との出会いを求める男性にお勧めなのがこの「人妻不倫掲示板」。女性は既婚者もしくは離婚歴のある女性のみ参加可能という、完全に主婦・人妻系の出会い系サイトとなっている。若妻から熟女まで、様々な主婦が参加しているので好みの女性を見つけるのも容易だろう。

人妻で出会い系を利用しているケースは、主人と別れる気持ちはなくて、あくまでも割り切った身体のみの関係を求めているタイプの女性が多い。なので、秘密厳守でのセックスにこだわるので男性側が既婚・恋人がいても大丈夫だろう。出会い系サイトの相手の女性が誰にもバレたくない思いをしながら利用しているので、男性側の秘密も一緒に守ってくれるだろう。

攻略方法は、時間帯の合う相手に重点的にアプローチをかけるのがいいだろう。自分の活動時間が夜ならば相手も夜、昼ならば相手も昼。主婦は昼が暇、と思いがちだが意外と様々な時間帯に自由時間を持っている。タイミングの合う主婦を見つけて、そしてセックスに持ち込むのがベターだろう。あまり外見的な好みにこだわらずに、会えるチャンスがある人妻にどんどんアポを申し込んでいくのが手っ取り早い。