• Home
  • >
  • >

快楽至上主義_泥酔大乱交

2009/12/20 01:15┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

俺は、悪友たちを誘い合コンに参加する事になった。
メンバーは、5人。
会計士あり、医師あり、消防士あり、様々なメンバーが集まった。
行き着けのスナックの女の子に声を掛けて、女の子を5人集めてもらった。
近くのカラオケボックスを予約して、その時を待った。

男ばかりが待ち合わせ30分前に喫茶店に揃う。
みんな、それぞれが、そわそわしてる感じだった。
そのうち一人が「どんな子が集まったんだよ。
教えてくれよ」「どんな子って言われてもなあ、職業しか聞いてないしなあ、まあ、ご対面までの楽しみにしよう」と言いながら、時間が来て、喫茶店を出て、カラオケボックスに向かった。

店に着くと、受付で手続きを済ませて、個室に案内された。
中に入ってビックリ。
カラオケボックスのイメージは無く、洋室の広いリビングの様だった。
それぞれが適当に座る。

「どうせ、始めだけだろう、あとは、座る席なんて、どうでもよくなるからな、ハ、ハ、ハ」と言うと、医師をしてる友人が「いいものを持ってきたから、みんな期待して、盛り上がろう」と言うと、異様なムードが漂った。
5分前になり、それぞれが、打ち合わせに入る。
女の子の取り合いを避ける為だ。

そして、約束の時間になると、受付から、インターでコールがきた。

「お連れ様5名様が見えました。
お通しいたします」といってる間に女の子達が入ってきた。
スナックの女の子を先頭に、カワイイ子ばかりだった。
みんなテンションが一気に上がる。

「彼女達は、空いてる所に、適当に座って下さい。
尚、飲み物は、今から注文しますので、各自に、聞きます」と医師が言った。
すると、医師が注文を聞くと、インターで頼まずに、自分で取りに行った。

(何か、やる気だな)と俺は、思った。
やがて、医師が注文のドリンクを持って入ってきた。

俺が「それでは、皆様、今日の合コンに乾杯!」「カンパーイ」と初めから盛り上がった。
一人また一人と簡単な自己紹介が終わり、色々な子が、いる事が判った。
外資系のOL、クラブのホステス、キャバクラ嬢、と様々だった。

中でも、外資系のOLは、胸元を強調するようなU首のインナーから覗く谷間に一同の視線が釘付けになった。

「な、何カップ?」と聞くと「95のGカップです」と彼女は、答えた。
その横で、ニットのスーツのキャバクラ嬢のエリカちゃんがいた。
みんなの狙いがOLに集中しているので、今のうちに、エリカちゃんとツーショットに。
ピッチが上がり、それぞれが、ツーショットになり、盛り上がる。
俺は、悪友の医師の態度が怪しかったので、酒は、飲まずにウーロン茶を飲んでいた。
追加のドリンクの度に医師が取りに行っていた。
男性、女性共に、みんな酔っているようだった。

医師も、しだいに酔っている。
普段、酒に強い医師が、珍しく酔っている。
よく見ると、女の子と同じ飲み物を飲んでいたのだが、その女の子がグラスを医師のと交換して飲んだからに違いない。

(医師のやつ、何か入れたな)と思った。
会計士とツーショットのスナックの女の子(サトミ)ちゃんは、すでに、上着を脱ぎ、インナー姿になっていた。

会計士の手がインナーの胸元をまさぐっていた。
あとの連中も、すでに寝てる者までいる。
横のエリカちゃんはと、いうと、俺のズボンの上からチ○ポを握りしめていた。

右隣に、OLが医師から逃げるように、座った。
医師は、酔い潰れて、イスにうなだれている。
OLも意識が、もうろうとしている。
エリカちゃんの方は、ファスナーを下げ、パンツの中に手を入れて、じかにチ○ポを触ってきた。

隣のOLは、私にもたれかかり、巨乳を押し当てるような格好になっている。

「しゃぶらせてよ、お願い」俺は、OLを抱きかかえる様に脇から手を差し込むと、インナーの上から巨乳を揉んだ。
エリカは、俺のチ○ポを引っ張り出して、しゃぶり始めた。

俺は、OLの巨乳を揉みながら、インナーの生地を上に引っ張り上げると、大きなブラが目に飛び込んできた。

そのブラの谷間に指を入れて見ると気持ち良さに、感動した。
フェラされている事さえ忘れるぐらいだった。
その谷間に指を出し入れしてみた。

(あー、パイズリしたいー)と思いながら、エリカの気持ちイイ、フェラに堪えていた。
エリカは、自らブラをはずすと、美乳が顔を出した。
片手でエリカの乳房を揉んだ。

少し弾力のある柔らかい乳房だった。
指の間に乳首を挟みながら、揉むと体がピクッと反応している。
よつんばいの状態のエリカのパンティーの中に、手を入れると、エリカの耳もとで「何、これ、もう、ヌルヌルしてるよ」と言うと、下半身をモジモジさせている。
俺は、クリちゃんに、指の腹を擦りつけた。

「あぅ、あん、あっ、だめー、そこは、感じやすいのー、あん、あっ、あん」と身悶え始めた。
俺は、パンティーを下ろすと、後ろには、いつの間にか、会計士が‥。

すると、エリカのマ○コを舐め始めた。
「あっ、だめー、あん、気持ちいい、あん、あん」と感じ始めた。
エリカの方は、会計士に任せて、俺は、OLの服を全部脱がせた。

ソファーに寝かせると、巨乳の谷間に顔を埋めて、存分に感触を味わっていると、OLが「オッパイ揉んでー、乳首を舌で転がしてーん、ムニャムニャ」と寝てるのかと思いながら、乳房を揉み、乳首をチューチューと音を立てて吸った。

エリカの方は会計士にバックで責められ歓喜の声を上げていた。
ソファーの背もたれに手を付いた形で立ちバックでしていた。
ヌレヌレで床にポタポタと垂れる程だった。

俺は、興奮しながら巨乳を唾でベトベトにして、谷間にチ○ポを挟んだ。

両手で鷲掴みにして、挟みながら、ピストンすると、「我慢できないよー、入れてー、ムニャ」と起きるのかと思ったが起きない。
片手で乳房を押さえつけて、片手で、マ○コに指を入れると愛液で、ヌルヌルになって、スムーズに入った。
指を出し入れしてみると、彼女のアゴが上がる。
眉間に、しわを寄せる。
俺は、パイズリを止めて、足元に回り、ヌルヌルの穴に、チ○ポの先を入れてみると、掃除機に吸い込まれる様に、ヌルッと奥まで入った。

彼女の腰が勝手に動いて、気持ちいい。
この動きに合わせるように、腰を振った。
すると、ジワーとマ○コが締めつけてきた。
更に動きを速めると、彼女が、うっすらと目を開けた。

「あん、やっぱり、夢じゃなかったのね。
私は、第一印象で、あなたとしたかったの。
思った通りの私にピッタリのサイズだわ。
気持ちいい、クリちゃんをいじってー、あっ、あん、そう、いい」と退けぞった。

俺は、クリちゃんをいじりながら、巨乳を揉んで、腰をガンガン振ると、「あん、いい、イキそう、あーん、いっちゃう、いく、いく、あーん、いっくー、あん、あん」と体をグッタリさせた。

「はぁ、はぁ、気持ち良かった。
はぁ、今度は、私が気持ち良くしてあげる」と言って、俺をソファーに座らせて、足の間に彼女は、膝まづき、フェラし始めた。

唾で濡らすと巨乳の谷間に挟み上下に動かした。
初めは、左右同時に動かし、しだいに、左右を交互に動かした。
(これは、たまらなく気持ちいい)何度かイキそうなのを堪えていた。

すると、彼女が「イキたかったら我慢しないでー、イク所見たいー、ねぇ、これで、どう?気持ちいいでしょう!イッテー」
「本当に、イッテいいの?と言うより、もうあかん、イキそう、あっ、うっ、出るー」出る瞬間に彼女は、チ○ポを握りシゴキながら、口に含んだ。

「あー、まだ出るー、気持ち良かったよ。
あっ」と言いながらも彼女は、口をすぼめて、ジュルジュルと音を立ててチ○ポを吸っている。

すると、彼女の背後から、巨乳を鷲掴みにする者が…。
見ると医師だった。

「みなさん、大変盛り上がってますねー、これから、もっと、盛り上がりましょう」と言って張り切った。

俺は、この場を離れて、キャバ嬢のエリカちゃんの隣に座ると、エリカは、何も言わずにダッコちゃんスタイルで、俺に跨ってきた。
半勃ちのチ○ポにマ○コを擦りつけるように動かしながら、「さっきは、なぜ先に入れてくれなかったの?」
「ごめん、会計士が先に後ろに陣取って、臨戦体制を取っていたからね。

これから、気持ちよくなろうか」と耳もとで囁いた。
オシリの方に手を回して、指でマ○コを探すと、既に潤っている。
俺のチ○ポもエリカのヌルヌルのマ○コに擦られて、勃起している。
指でアナルを触ると、ヌルヌルした液がアナルまで垂れてヌルッと入った。

「あっ、そこは、それより、早く入れて」「入れるよ」と言って腰を引くと、あっさり入った。

「あー、エリカのマ○コ、暖かくて、気持ちいい」と言うと、エリカは、凄く興奮して、腰を激しく動かした。
アナルに入れた指を動かしながら、エリカの乳房を鷲掴みにすると、身振るいして、マ○コがキュッキュッと何度も締めつけてきた。

「あん、いい、デカクて、とろけそう、あーん、いい、だめー、いっちゃう、いく、あん、そう、いぃ」と益々動きが激しくなった。
「あんまり、動かれたら、イキそうだよ、気持ちいいよ、エリカのマ○コは、生き物のようだよ」「わたしも、イキそう、一緒にいこう。
マ○コの中に、ぶちまけてー、あん、いくよー、いっちゃうー、あん、いっ、いく、いく、いっくー」
「俺もいくー、中に出すよ、うっ、出るー、はぁ、はぁ」と抱き合いながら、二人共に果てた。

そこへ、ホステスの里美ちゃんが「ずるいよ、自分達だけ、楽しんでー、混ぜて混ぜて」と言って、エリカを押し退けて、イッタばかりのチ○ポを舐め始めた。

会計士は、エリカを連れて、隣のソファーに座った。
医師の方は、すぐに終わり、眠ったようだ。
OLが近づいてきて、横に座ると、巨乳を顔に押しつけてきた。
俺は、里美にしゃぶられながら、OLの巨乳を両手で揉み、乳首に吸い付いた。
里美が後ろ向きに、チ○ポを掴み、マ○コに入れた。

里美が、ゆっくりと動き出すと、出し入れするチ○ポが丸見えで、アナルも丸見えだった。

里美は、フェラは、上手だがマ○コは、締まりが無く広い。
ゆっくりの動きから、段々と動きが速くなったが、一向に気持ち良くない。

里美は、「あん、いい、久しぶりだわ、いい、あーん、突いてー、気持ち良くさせてー」と言うと、OLがオシリをこちらに向けて跨いだ。

OLが里美の背後から乳房を鷲掴みにした。
俺は、目の前のヌルヌルのマ○コに指を差し込み、Gスポを指で掻くように、動かした。

彼女のオシリの動きがイヤイヤをするように、プルプルしている。

「そ、そこ、あっ、あーん、あん、いい、いっちゃうよー、あっ、あっ、いい」と中から、白い本気汁が出てきた。
一方、里美は、OLに乳房を揉まれ、乳首をいじられて興奮してきたのか、里美のマ○コが熱くなってきて、本気汁が混じっている。
チ○ポが見え隠れするスピードが上がる。
俺も下から突いた。

「あん、いい、いくー、あっ、あっ、それ、そこがいいのー」と二人共が悶えだした。

俺は、マ○コに指を出し入れしながら、片手で大きく垂れ下がる巨乳を揉んだ。

「あん、いく、いく、いっくー」
「俺もいくぞー」とチ○ポを抜いた。
俺は、シゴキ出そうとすると、OLが口で受け止めて、口の中に吸い込まれるように、口の中に吐き出した。

彼女は、美味しそうに飲んだ。
飲みながらも先っぽの尿道口を舌先でチロチロと舐めた。

萎えたチ○ポが、あっという間に、勃起した。

「凄い回復力だね。
しかも、この大きさだもん、たまらないわ。
私だけ入れて無いんだからね」と言って、抱きつきマ○コを擦り付けてきた。

俺は、巨乳の谷間で窒息しそうになりながら、乳房にむしゃぶりついた。

乳首が赤くなり、コリコリしている。
それを口に含み、唇で噛み締めるように、舐めた。

彼女の体がピクッと震え、顔が天井を向いた。

彼女が腰を浮かせチ○ポをヌルヌルのマ○コに宛がい、腰を下ろした。

「マ ○コの中が熱いなあ。
気持ちいいよ」と俺が言うと、「私も壁が擦られて、変になりそうよ。
気持ちいい。
あん、もっと動いて、突いて、そう、いいわ、あん、そこ、そこいい、あーん、あん、もっとー、あん、イキそう、そう、あん、イカせてー、いっ、いい、いくー、いく、いく、あん、いっくー」
「はぁ、はぁ、もう限界だあ、出るー、あっ、締まる、たまらん、気持ちいい」と中出しすると、彼女は、ギュッと抱き締めてきた。

彼女の中で、ドクドクと出していると、彼女は、抱き締めながら、ゆっくりと動いている。

萎えてくるはずが、元気に回復してきた。
彼女の中が締まりながら、吸い込むような動きをして、気持ちいいからだ。

「また、やれそうね。
嬉しい。
パイズリしてあげるね。
今度は、私が下になるから、跨いでね!挟んで、あげる」そう言って、仰向けになった彼女の上に跨った。

谷間に唾を塗ると、彼女は、挟んだチ○ポを前後に動かした。

「あん、誰?でも、気持ちいい、もっと突いてー」と会計士が彼女のマ○コにピストンしていた。

「何?この締まりは?気持ち良すぎるよ、入れただけで、イキそう」と顔をしかめている。
俺は、彼女の動きに合わせながら、腰を動かした。

彼女は、気持ちよくなり、俺の事を忘れてるかのように、パイズリを止めた。

俺は、この場を離れて、エリカの所にいく事に「後は、頼んだぞ」
「しかし、いい締まりしてるよなー、頼まれても、2分持つかどうか」と言いながら、腰を振りつづけていた。

俺は、エリカの背後から、形の良い乳房を鷲掴みにしながら、脇から、顔を出して、乳首を舐めた。
すぐに、乳首が勃起すると、乳首の周囲を円を描きながら舐めたり、指で弾いた。

そうしていると、フェラ上手の里美が、しゃぶり始めた。
俺は、エリカのマ○コを触ってみた。

「エリカは、Hだなあ。
クリちゃんが、コリコリしてるよ。
指が弾かれそうなくらい勃起してるねえ」
「あーん、気持ちいい、もうヌルヌルよー、指でズボズボしてー、あはーん、いい」
「あっ、凄いヌルヌル、熱くなってる」と言って、指を2本入れて激しく動かすと、(ピチャピチャ)
「やらしい音がするねえ、もっと、動かしてみようか」
「あん、イキそう、あーん、いい、早くー頂戴。

「何が欲しい?」「意地悪しないで、早くチ○ポを入れてー、チ○ポで掻き回して、イカせて、お願い」と言うので、仰向けに寝かせて、ヌルヌルのマ○コに、深々と入れた。

「うっ、あん、これこれ、あーん、いい」「エリカのマ○コは、とろけそうだなあ、何処が感じるんだ。
ここか?」と聞きながら小刻みに腰を動かした。

里美がエリカの乳房を跨ぐような体制を取ると、俺は乳房を荒々しく揉んで、里美の大きなマ○コに指を2本入れ、激しく出し入れしながら、エリカのマ○コに激しくピストンすると、部屋の中に二人の声が響き渡った。
里美とエリカが同時にイッタ。
部屋のインターが鳴り出るとホテルだった。

オススメ出会いサイト「即会い専門tomorrow」

即会い専門tomorrow

今会いたい、明日会いたい、即会い専門のコミュニティサイトがこの「即会い専門tomorrow」になる。まずは会ってから、顔を合わせてからスタートしたいという会員を募集しているので、事前にメールで信頼関係を築くのではなく、まずは会ってからなので、面倒なやり取りを望まない人には使い勝手が良い出会い系サイトになるだろう。今日明日会いたいという会員が揃っているので、日時の調整に頭を悩ませる心配がないのが大きなメリットだ。

全サービスが全て無料で利用出来る。なお、サイトに登録したら、プロフィールは詳細に書いておくのが良いだろう。女性一人一人に自己紹介するのは面倒だし、手間がかかる要素はなるべく避ける為に知っておいて欲しい事は全てプロフィールに書いておくのをお勧めする。それさえ最初にしておけば、後は会うだけになる。

登録している女性会員は主婦、OL、専門職、フリーター、学生、自営業にカテゴライズされている。利用した感じでは、まんべんなくそれらの職業の女性が参加している(やや学生・フリーターなど若い女性が多めにも感じたが)ので、好みの女性にアタックするのがいいだろう。