妻とスナックに行って・・・

2009/12/12 03:37┃登録者:hiromi◆y46UB9Ww┃作者:hiromi

妻の真弓がまさかそんな事になってしまうとは・・・

真弓は42歳ですが、昔は雑誌モデルをしていて、今でもミニスカートを履くと20代に見られることがあり、かなり若く見られます。
先週木曜日に、妻がモデルをしていた時に雑誌の編集者と行った事があると言うスナックに真弓に連れられて飲みに行きました。
高校2年になる息子が修学旅行で、妻と二人切りになり、久しぶりに二人で外で飲む事にしました。
前に1度真弓と行った事がある店で、55歳のママと真弓は気が合うみたいで、二人で楽しそうに話しています。
店にはもう一人40代の女性が勤めていますが、若い子がいない為、50代以上の年配のお客さんが中心の店です。
その日も最初は私達だけでした。
妻の真弓と私はカラオケを独占して楽しく歌っていました。
元々余り酒に強くない真弓も、他にお客さんもいなく、私が一緒と言う安心感から、久しぶりにビールを3杯も飲み、かなり酔っていました。

そろそろタクシーを呼んで家に帰ろうとしていた時、私の携帯電話が鳴りました。
部下のYからの電話で、今日納品予定の商品が届いていないとのクレームの電話が会社に有り、お詫びにお客さまの所に行ったが解決せず、どうしても上司の私に来て欲しいとの内容でした。
やむ終えず後で戻るからと言って、妻の真弓を置いてスナックを出ました。
スナックを出る時に、5~6人の若いグループ客が入って来た様です。
12月と言うことも有り、この店にでは珍しく忘年会の二次会での流れのお客さんのようでした。
私は気にも留めずに、これから会うお客さまとのトラブルをどう解決しようかと考えて店を出ました。
2時間位でクレーム処理を終えスナックに12時頃に戻りました。

店は珍しく混んでいる様で、ママともう一人の女性は他の年配のお客さまの相手をしていました。
妻の真弓の姿が無いので、もう一人で帰ったのかと思って店内を見回しましたが、さっき来た若いグループ客がボックス席にいるだけでした。
しかしよく見るとグループ客の中央に女性の太股らしきものがチラッと見え、若いお客が脚を大開きにされた女性の上に乗り、腰を動かているではないですか。
まさかと思いましたが、その姿を見て私は我を失いました。
近くに行って見ると、それは真弓で、全裸にされ男達に輪姦されていました。

おそらく店を出た時に、既に意識が朦朧とし始めていた妻の真弓は、グループ客にスナックの女の子(見た目は20代に見えるので)と間違えられ、お酒を飲まされ完全に意識を失ってしまったらしいのです。
ママともう一人の女性は他のお客さんの相手が忙しく、店の女の子と間違えられた真弓にグループ客を丁度いいので任せてしまったらしい。
男達はママ達から見えないように、酔って意識を失った真弓を、盛り上がっているフリをして、体を触りまくっていたようだ。
その内、意識を失ったままの真弓の服を脱がし、全員が真弓に挿入し、中出ししたらしい。

私が挿入している男を蹴り上げどかすと、露になった真弓の割れ目は押し広げられ赤く腫れ上がったヒダヒダが外につき出し、精液があふれ出ていました。
吸われまくられた乳房は赤いあざだらけになって、むき出しになっています。
口にも出されたようで、白い精液が唇の周りにこびり付いています。
男達は逃げる様に帰って行きました。
私は意識のない妻の真弓に服を着させ、抱きかかえて、タクシーで帰りました。
悪夢の様な夜でした。

若く見える酔った妻を一人にして、店を出たことを後悔しましたが、もう遅い・・・
普通スナックでこんなことは起こりませんが、女性従業員だけしかいないと注意した方がいい・・・

オススメ出会いサイト「乳もみま専科」

乳もみま専科

セフレを探す上で、おっぱいのサイズ毎の検索も出来るのがこの「乳もみま専科」だ。もちろん、地域検索も詳細に出来るので、自分の近所に住んでいるセックスフレンドを見つけるのにも便利な出会い系サイトになっている。

おっぱいで相手を選ぶ男性も多いだろう。一時的な割り切ったセックスフレンド関係なら、性格や相性よりも、おっぱいの好みで選ぶというのも一つの手だ。このサイトは、そうしたあくまでもセックスのみの相手を見つけるには充分な効果を発揮する。逆に永続的なパートナーを探すには不向きとも言えるので、その辺のデメリットも分かった上で利用するのがいいだろう。

攻略方法としては、検索で好みの乳の持ち主を選びアポを取る、そして出会いセックスするのが順当な流れだ。セックスが気持ちよかったらしばらくセフレ関係を続けてもいい。しかし、セフレは複数作ってもいいので、別の女も試してみるのをお勧めする。乳ごとに検索出来るので、貧乳、中ぐらいの乳、巨乳、すべて味わってみるのもいい機会だろう。このサイトはその機会を与えてくれる。