• Home
  • >
  • >

痴漢冤罪を切り抜けた男

2009/06/23 01:26┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/21(日) 03:23:50.24 ID:lSrMh0CC0
俺の経験した事だけど書いておきます(参考にならんと思うけど)
俺が痴漢に間違われた時、勿論「俺はやってない」と反論しました。
相手は女子高生風、で出るところ出ようと話が付き警察へ。
お互い意見は真っ向から違います(だって俺やってねーもん)
警察も呆れて俺に向かって「正直に言った方がいいよ?」とか言ってきやがります。

俺は提案しました。
「証人か目撃者を出してくれ、じゃないと根拠がない、完全に理不尽な話だ。
俺が痴漢した目撃者や証人が1人でも現れたら素直に認める、
しかし、やってないと言う目撃者が現れたら責任は取ってもらう」

相手は初めは「示談でいい」とか言ってながら、
最終的には「望むところだ」みたいな感じで話に乗ってきました。
俺も覚悟を決めてたので、この作戦が最後の賭けだったのです。

その後駅長に何度も頼み込み「目撃者連絡お願いします」のビラを2週間限定で置かせてもらいました。
そして約3日後くらし・・・。
警察署から連絡がありました「目撃者が2人見つかった」との事。
俺の中では不安もありましたが、これで冤罪を80%証明できると信じてました。

警察署に行くと、20歳位と17歳位の2名がご丁寧にもその場にいるのです。
そして俺に「わたしこの人が痴漢してるのを見ました」と言いやがります。
警察は日時や車両の位置、そして痴漢行為の様子を聞いてます。
物凄い説得力のある目撃談でした。

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/21(日) 03:24:53.53 ID:lSrMh0CC0
そしてその日は目撃者は家へ帰され、
俺は自らの主張で警察官と話し合いの場を持ちました。
「あの2人が被害を訴えているヤツとの関係を調べてくれ」
「絶対に身内だと思います、そうじゃなければ俺は罪を認めます」

この話に警察官は驚く事に快く引き受けてくれました。
どうやら事情を聞き込んでいる時から、でっちあげの目撃者と疑っていた様子。
結果は案の定。
1人はその女の友達(同じ学校の同じクラス)
もう1人はその女の友達の姉(同じ学校の同じクラスの姉)

救われました、正義を貫いた瞬間です。
その後警察署で俺とその女が呼ばれ、話し合い。
警察官を見方にした俺は敵なしで、その女は遂に泣いてウソを自白しました。
しかし、これで解決するような優しい俺ではありません。
女がやった事は立派な犯罪です。
その後しっかりと、その女の学校の校長および親に会い、経緯を激白し謝罪を要求。
学校には退学を要請しましたが、これはうまく行きませんでした。
しかしその代わり1年間、週に1回謝罪の文を送るよう(学校もその女も親も)要請で話が落ち着きました。
会社にも迷惑がかかったので、俺の会社にも謝罪に来させましたよ(マジで)

ま、今終わってみればなんとも思いませんが、当時はかなりヒヤヒヤしてました。
長文ごめんっす。

オススメ出会いサイト「大人の逆援コミュニティSEXY」

大人の逆援コミュニティSEXY

性的な欲求が満たされてない女性が利用しているサイト。「大人の逆援コミュニティSEXY」というサイト名の通り、セックスだけでなくお金も逆援で稼げるサイトです。

具体的には人妻ですね。結婚してから主人とのセックスの相性が悪いと気付いた女性が登録しているケースが多いです。私が利用してみた感じでは、40歳前後の女性が多いです。規約として、女性は入会金が3万必要で男性は無料になっています。つまり、入会金3万払ってでもセックスがしたい女性ということで、やや年配のお金持ち女性が多い。年配とか控えめに言う必要はないでしょう。ババアですね。でもお金が目的ならこのサイトを利用しない手はないでしょう。

最初の女性と会えたのは、登録してから4日目。34歳の主婦でした。彼女は特定のセックスフレンドは作りたくないようで、私とセックスしたのもその日から1ヶ月の間だけで、合計でも8回でした。毎回謝礼として4万戴いていたので、中々良い稼ぎにもなりましたし、いい体を味わえました。その後も1ヶ月2ヶ月限定の女性を中心にセックスフレンドになってきましたが、どの女性も報酬を下さるので良かったですね。

40歳前後の女性が多いので、ババアにも抵抗のない男性にならお勧めできます。たまにガチでババアもいるので、事前に写メなどで確認しておいたほうが安全でしょう。まあ、ババアはババアなりに出す報酬も大きいので、勃つ自身があるならチャレンジしてみるのも一興かも知れませんね。