テレクラで悲惨比べ


ちょっとエッチな体験談モバイル

902 :おさかなくわえた名無しさん:2008/03/16(日) 16:56:17 ID:IYGFv3tv
45才。自分探しの旅に出た。旅に出たって言っても、遠くに旅行に行った、とかじゃないわけ。
行った先は新宿テレクラ「○ンリ○ハウス」。
これが俺にとっての「自分探し」。
で、もう、地べたを這いずり廻るような極北な毎日を送ってる援交女と「悲惨比べ」をしようって思ったわけ。

俺のスペックは45才・独身中年・ 定職なし・貯金なし・借金300万・小太り・小男・風俗依存・糖尿・ 対人恐怖症・腰痛持ち―
かなりいい感じで悲惨なわけ。
で、何人かと 電話で話して、これは、と思う女と会ったわけ。
――完敗。
俺が甘かった。
「悲惨比べ」完全敗北。
俺が会った女、リカ。
リカちゃん、いきなり不細工。
で、推定30才。電波キンキン。
初対面で最初の 一言が…

「先週子供おろしたから母乳出るのー」

おじさんドンびき。
で、 カラオケボックスで母乳実演。母乳がチュー---って。
それ見てたら突然手首から血が タラーって。
なななななに??とか驚いてたら

「こないだリスカしたのー」

で、満面の笑みに前歯なし。
脳下垂体にツーンと来たわけ。
本能が警鐘を鳴らしてるわけ、これはヤバイと。
で、ダーッて帰ろうとしたら片足タックル。
足にしがみついてリカちゃんが言うわけ、「援助はー?」って。

悲鳴ーーー俺の。

振りきるように逃げてきて、今、漫喫。
「悲惨比べ」は完敗したけど今になって急にリカちゃんが愛しくなってきてる自分がいるわけ。
恋?それはわからない。
・・・リカちゃん、今日は突然だったからうろたえちゃったけど・・・。
もう一度リカちゃんに会ってみようと思う・・・春


■メニュー
出会い系の体験談に戻る
TOPに戻る

ミドルラヴ
30代から見つける紳士淑女の幸せな出会い

SMネット
SMパートナー・SMセフレと出会うためのアダルト掲示版

秘密の園
大人の男女が秘密の肉体関係を始められる不倫専門出会いコミュニティサイト


Copyright (C) 2009
ちょっとエッチな体験談