アクエ○オン〜リーナ・ルーンのスカトロ外伝〜


ちょっとエッチな体験談モバイル

「黒い鏡」
リーナ・ルーン(11才)が各エレメント達に吸血鬼ではないかと敬遠されるなか、
私ことシルヴィアだけはリーナが吸血鬼ではないと信じてリーナの部屋へ・・・。
暗い部屋でベットがあり、そばの机の下に写真の額縁・・・
中央にリーナが写っていました。
突然、部屋の廊下から、リーナとアポロの声が・・・。
「まずい、この部屋に来る!!」
私はすぐに、机の下に潜って隠れました。
「なぁ、リーナ、いいだろ・・・?」
「だめ、アポロ!!今日は帰って・・・
1万2000年前の彼女がいるでしょ・・・シルヴィアが・・・」
リーナは足が悪いので、いつも車いすで移動しています。
アポロは強引にリーナを車いすから「お姫様だっこ」してベットへ。
「いやぁっ、だめ、やめてっ。アポロ!!」

つづく。
「へへっ、ピエールから借りたイイもんあるんだぜ。」
シルヴィア「(あっ、あれは・・・バイブ!?細いから・・・
アナルバイブじゃ・・・?
ピエールから借りたということは、クロエに挿入済みのアナルバイブだわね・・・アポロの奴、まさか11才のリーナのお尻の穴に入れる気じゃないわよね・・・)」
「いやっ、ホントにやめて!!不動指令に言いつけるわよ!!」
「いいぜ、リーナ。オレはあのオッサンの言うことなんか聞かねえぜ!!
オレはオレだっ!!」
昔のお姫様が寝るような大きなベットにリーナをうつ伏せにドサッと置いた。
「いやぁぁっ」
リーナのいつもの紺色ドレスをガサッと捲くり、リーナの純白のパンティーに手をかけるアポロ。
リーナは腕をバタバタさせて抵抗したが、毎日、車イスの生活なので足は動かない。
窓からの月明かりでリーナの綺麗な白いお尻があらわになった。
11才と幼いリーナのお尻は小ぶりで、ハリがありそうな感じ。
「クン、クン、クン・・・」
「このお前ェのお尻のニオイ・・・。リーナ、お前、最近フンづまりだろ・・・バロンも言ってた、ウンコを溜めると体に良くねぇって。」
「オレにまかせろ!!」
つづく。

「い、いやっ・・・やめて!」
うつ伏せの状態から、後ろを見ながら怯えるリーナ・・・。
アポロはうつ伏せで動けないリーナのお尻の穴に
アナルバイブの先端をグイッと挿入・・・。
10cmほど入ったところで止まる。
「滑りが良くねえな・・・ほれっ」
すでにリーナの肛門に挿入済みなのに、リーナの口の中に無理矢理押し込んで唾液をからめさせるアポロ。
「あぐっ、うぐっ・・・い・・いやぁ・・・」
「よしっ!これで奥まで入るぜ、リーナ。」
20cmくらいあるアナルバイブだったが、11才のリーナの幼いお尻の穴はスッポリとくわえ込んでしまった。
「リーナ、スイッチをいれるぜ。」
「ああっ・・・うくっ・・ん・・ぅん・・・」
そのまま今度はリーナを仰向けにして、いつもの紺色のドレスを胸元から破いた。
「いやぁっ!!やめてっ!!アポロ!!」
さらに純白のキャミソールに手をかけ、破くアポロ。
小ぶりではあるけれども、一度も汚されていない
11才の胸のふくらみ・・・。
リーナは腕だけで抵抗するが、アポロの腕力にはかなわない。 
リーナの乳首を舐めて愛撫を開始するアポロ。
11才ながら、すぐにリーナのきれいな桜色の乳首は硬くなり、アポロの
舌の動きに合わせて、敏感に反応し始めていた。
「す、すごいアポロ・・・うぅん・・・こんなのシルヴィアに悪いわ・・・
あはぁ・・・んふぅ・・・あん・・・」
肛門に挿入されたままのアナルバイブの振動とアポロの乳首攻めがリンクして、ヴァギナに愛液が溢れるように感じてきたリーナ。
リーナの股をゆっくり広げる・・・足の悪いリーナはアポロにされるがまま・・・
ディーバではスカート姿しか見せないリーナのカラダ・・・。
体操服とかシルヴィアのようにホットパンツのようにカラダのラインを強調
する服はいつも着ないリーナ・・・。
そのリーナの裸、誰にも見せたことのない11才の少女のカラダ・・・。
アポロはリーナのヴァギナに顔を寄せた。
リーナの髪色と同じ色の陰毛・・・。
「クン、クン、クン・・・」
アポロはここであることに気づいた。
つづく。

「このニオイ・・・ソフィアさんと同じようなニオイ・・・リーナおめえ、11才とか言ってるけど十分「オンナ」だな?」
そう、リーナは不明なことが多い人物。
実はもう十分、妊娠もできるカラダなのだ。
アポロはリーナのクリトリスを舌で攻め始めた。
やさしく撫でるようにしたり、激しく上下に舌で攻めたり・・・。
「ああん、あん・・・んっ・・・すごい・・・気持ちいい・・・いい・・・アポロわたし・・・イクッ・・・あぁっ・・・いっちゃう!!・・・」
リーナのクリトリスをアポロがじゅるじゅるっ、と口に含んで吸い上げた瞬間にリーナのおなかがビクビクッと痙攣、リーナは絶頂に達した。
「はぁ、はぁ・・・んっ・・・んふぅ・・・んっ・・・ん・・・」
久々にイッて満足そうな表情を浮かべるリーナ・・・。
「リーナ、今度はオレの番だ・・・イカせてくれっ」
野生児のアポロのオチンチンは太く、立派で良い形をしていた。
小さな口で奉仕を始めるリーナ。
「んぐっ・・・ん・・・」
じゅる、じゅぶっと、部屋にリーナの唾液の絡む音が響く・・・。
「いくぜ。リーナ。」
ナマでアポロがリーナの小さなヴァギナにオチンチンを挿入する瞬間、
「(・・・だめっ!!)」
机からずっと覗いていたシルヴィアが頭をぶつけた。
ゴンッと言う音がリーナの部屋に響きわたる・・・。
あいかわらずのシルヴィアのドジぶり・・・。

「今、なんか音しなかったか?」
アポロはそう言ったが、確信はない。
リーナは初めからこの部屋の机の下にシルヴィアが隠れていることを知っていた。
リーナには特殊なエレメント能力が備わっているからだ。
シルヴィアがいると分かっていて、リーナはアポロの性器を受け入れていたのだ。
「ううん・・・ん・・・アポロ来て。奥まで入れて・・・欲しいの・・・」
女児の言うセリフではない。
「ん、あぁ・・・いいぜ、リーナ。」
「いい・・・ん・・・すごい、アポロ・・・
そんなに動いて出しちゃったらできちゃうわよ・・・」
裸で絡み合う二人。
それを見るシルヴィアも自然と右手は自分の小ぶりな胸へ、
左手は自分のパンティーの中へ・・・。
シルヴィアは目の前でアポロを寝取られているのに、逆に興奮して一人で始めてしまった。
手で自分の口元を押さえて声を押し殺しながら「んっ、んっ・・・ぅうんっ・・・んはぁっ」
パンティーの中からクチョッ、クチョッという音がする。
普段の「ひとりH」よりもシルヴィアの手淫の動きがさらに激しい・・・。
「(リーナより私の方がカワイイし、胸もおっきい。私だってアポロのこと好きで
こんなにアソコが濡れちゃってるのに・・・。)」
シルヴィアは尻モチをついてM字開脚の状態でオナニーをしていたので、イク時は両足がクイッ、クイッと平泳ぎのように上がった。
「(アポロのバカっ、私ここで一人で盛り上がってイッちゃうから!!)」
シルヴィアは、おなかの肉を痙攣させながらビクンッビクンッと両足を上げながらイッてしまった。
一方、リーナの方はというと、11才のヴァギナにナマでアポロの大きなオチンチンが挿入されたまま。
二人はピッタリと正常位で密着、アポロはリーナの耳や首筋を舐め、リーナの顔の右へ左へとキスしながら激しく絡んでいる。
リーナはとても11才の少女とは思えない、性交の喜びに満ちたHな表情を浮かべながらアポロとのセックスを楽しんでいる・・・。
つづく。
http://www.yourfilehost.com/media.php?cat=video&file=on00393.wmv

「リーナ、これでお前のおなかを大きくしちまっても、オレは責任取って
お前と一緒に・・・。」
「うれしいっ。アポロ・・・。このまま出して・・・。お願い・・・。」
リーナはそばに見ているシルヴィアを尻目に、アポロに中出しを懇願したのだ。
シルヴィア「(ちょっとあんたたち!!何言ってるの!?アポロもアポロよ!!
ロリコン!!変態(泣)!!)」
「イクのはまだ早いぜ。もう少し楽しませてくれ、リーナ。」
「・・・・・・えっ!?」
アポロはオチンチンを抜き、足の悪いリーナを気遣いそっとリーナをうつぶせに
させる・・・・・・。
リーナの小ぶりな色白のお尻に人差し指をゆっくり挿入する。
「・・・んっ!!!・・・んはぁっ・・・ア、アポロ・・・だめっ!・・・そんなに動かしちゃ・・・あっ・・・」
次の瞬間、リーナの小ぶりなお尻の穴から、ブッ!!ブブブッ!!ブッ・・・とはしたない音が・・・。
「・・・ご、・・・ごめんなさ・・・ぃ・・・」頬を赤らめ消え入るような声で謝るリーナ・・・。
「んあっ、くせぇけど。気にすんな。リーナ。同じ人間だろ!?」
つづく。

「オレ、もっとリーナを感じたい・・・リーナを知りたいぜ・・・」
そう言ってさらに掻き出すようにリーナの肛門を激しく攻め立てるアポロ。
「・・・っ!!あっ、おなかが痛く・・・お尻が熱くなってきちゃった・・・で、でちゃう・・・
アポロっ・・・だ、だめぇっ!!・・・我慢できない・・・っくっ・・・」
次の瞬間・・・。ブリュッ!!、ブブブッ!!ブチョブチョ、・・・ブブブ・・・ブピピピ・・・
リーナの小さな肛門から大量の黄土色の新鮮な大便が・・・
「うわっ、リーナ出てきちゃったよ、お前のウンコ・・・すげぇクサイ・・・クンクンクン。」
「いやぁ・・・アポロ・・・そんなニオイ嗅がないで・・・見ないでぇ・・・お願い、見ないでぇ・・・」
「お前みたいなお嬢様のリーナでもこんなくっさい醜いウンコが出てくるなんてな。不思議だぜ。」
「あ、当たり前でしょ・・・私だって人間ですもの・・・わ、わたし恥ずかしい・・・」
「オレと違ってリーナはずっとお嬢育ちでイイもん食ってるからな・・・ウンコも栄養ありそうだな・・・リーナもっとしろっ」
とリーナのお尻の穴周辺のウンコを舐めて直に吸い出そうとするアポロ・・・。
隠れてみていたシルヴィアは失神しそうだったが、なぜか手淫の動きは激しくなっていた。
旧王女であるシルヴィアは、もちろんおいしい豪華な食事と食べていたし、きたないものをあまり見ずに育ってきたからだ。
清潔に育ってきたので、逆にきたないモノ・・・普段は目にしない他人の排泄物や汚物に興奮してしまっているのだ。
シルヴィア「あぁ、わたしのアポロがあんな小娘のリーナに寝取られてる・・・
ちょっとでも若い女がイイのね、アイツ!!・・・。くやしい。
私だってアポロが大好きなんだから!!・・・アポロが望めばわたしだって・・・生まれたときから栄養のあるものばかり食べてるし、大好きな人に排泄物を見られちゃうのは恥ずかしいけど愛があればわたしだって・・・食べたいってアポロが言うなら・・・」嫉妬から旧王女シルヴィアまで変態少女になっていた。
リーナを仰向けの体勢にするアポロ。
「ア、 アポロ・・・そんな刺激したら・・・また・・・で、でちゃうっ・・・」
「今度はオレが口で受け止めてやる。ノドも乾いたからションベンもな・・・さぁ、来い!!」
「・・・じゃ、さ、先におしっこ・・・出そう・・・・・・好きな人の前でおしっこするの初めて・・・。わたし恥ずかしい・・・ベットの下に置いてある透明な瓶を使って。」
「こ、これか?」ベットの側にあったリーナ用の大きめの瓶・・・いわゆる尿瓶(しびん)。
車イスのリーナは一人では夜中にオシッコになかなか行けないので尿瓶をいつも用意しておくのだ。
「・・・っ!!あっ・・・アポロ・・・で、でちゃう・・・音が出ちゃうかも・・・」
しゅ、しゅぴ、しゅぴしゅぴ、しゅぴぴぴ〜しゅ〜っとリーナのヴァギナから
透明っぽい薄い黄色の尿が勢い良く出てきた。
「おおっ、リーナすげぇ・・・リーナのシッコ・・・まだ出るのか?シッコも
栄養ありそうだな。」
「は、恥ずかしい・・・」と話す言葉にタイミングに合わせてリーナの尿の勢いも変化する・・・。
「よし、ノドがカラカラだから少し飲ませてもらうぜ・・・リーナ。」
リーナの目の前でゴク、ゴクッと尿を飲むアポロ。
今度はリーナの腰をやさしく持ち上げ、うつ伏せに・・・。
「今度は便のほうだ。指で刺激してやるから、ちゃんと出せよ。」
「・・・んっそんな掻き出しみたいに激しくされると、すぐ出ちゃうっ・・・」
肛門を、直腸を刺激されたリーナはすぐに・・・。
ブリュッ、ブリュ、ブブブブッ、ブピピピピ・・・
「んっ、んがっ・・・んぐっ・・・んぐっ・・・」と雑食のアポロは、リーナの排泄物を肛門から直に全部食べてしまった。

「んぐっ・・・ちょっとニガイが、さずが栄養たっぷりなメシ食ってるだけあるぜ。
オレは普段ネズミとか森の動物とか食ってるから、おめぇのウンコはチカラ出そうだ。
何かおめぇのこと、いっぱい知ることができた気がする。」
「・・・ほんと?わたしのこと・・・好き?・・・もらってくれるの・・・?」
「あぁ、リーナ。もちろんだ。かわいいぜ、リーナ。」
「うれしい。・・・がんばって恥ずかしい思いしたかいがあったわ・・・愛して・・・。」
アポロは一回目の汚物の乗ったうすい上掛けのふとんを丸めて床に投げた。
それはシルヴィアの目の前にちょうど投げられ、シルヴィアは自然とそれを手にしていた。
自分の最愛の男を寝取った少女の排泄物のニオイを嗅ぎながら・・・
ついにはそのリーナの排泄物を自分の口に入れ、苦味を感じ、鼻の中に押し込んで
その鼻をつくようなニオイに興奮しながらシルヴィアはグチョグチョになった自分のヴァギナへの手淫を続けた・・・。
シルヴィアのクリトリスは隆起し、ヒクヒクとニョキッと勃起したペニスのように大きく動く・・・「んんんんっ!!・・・んぁっ・・・リーナのこのニオイ・・・味・・・すっごい・・・んはぁっ・・・
い・・・イっちゃう・・・」
一方、きれいなシーツに小柄なリーナをやさしく、動かない足をいたわりながらそっと乗せるアポロ。
「アポロ、口の中をきれいにしてあげる・・・」
リーナはやさしく気遣ってくれるアポロにキスをした。
「んっ・・・わたし・・・あんっ・・・自分の・・・ニオイ・・・恥ずかしい・・・」
ディープキスでアポロの口の中・・・黄土色の排泄物を舐めとるリーナ・・・。
歯の裏まで舌で舐めてあげて自らの排泄物をキレイに舐め取り、リーナは自分でゴクンっとそのかたまりを飲み込む・・・。その表情はすでにオンナになっていた。
お礼にアポロはリーナの11才の薄い小ぶりな胸(アポロの指と指の間からわずかに胸の肉がはみ出す程度)を揉みまくり、感度が良くなった先端の硬く小さな乳首を唾液を絡めてチロチロ・・・と攻め立てる。
リーナはおなかをビクッビクンッとさせながら感じて、ヴァギナ周辺はもうアポロを受け入れる準備ができてきた。

「こ、今度こそ来て・・・アポロ・・・(シルヴィア見てる目の前で)・・・アポロの精液が欲しいの・・・」
「いいぜっ・・・リーナ奥に出しちまうからな!!」
そう言って11才のリーナのヴァギナへ挿入・・・。
「あぁっ、待ってた・・・ずっと。あなたのこと・・・太陽の翼ではないけれども・・・アポロニアスの生まれ変わりのあなた・・・セリアン・・・シルヴィアから奪いたいの・・・」
「何言ってるか分かんねーけど・・・とりあえず気持ちいいぜ、リーナの中・・・」
「あぁ、中でイキそう・・・もっと・・・もっと・・・し、してっ・・・してぇっ・・・」
アポロの腰の動きが激しくなる。さずが野生児、まるで動物の交尾のように
本能の赴くまま腰を動かすアポロ。
「あっ、ああんっ・・・イッちゃうっ・・・アポロの・・・アポロニアスのペニス・・・すごい・・・
出してっ・・・中に欲しいの・・・アポロの精子で妊娠したいのっ・・・淫乱なわたしの・・・
アポロの精子でわたしのおなか、大きくしてっ・・・おなかおっきくしてぇ!!・・・」
「んくっ、あっ・・・リーナ・・・お前の中で・・・腹の中で・・・」
アポロはすぐにリーナの膣の中で勢いよく射精・・・そのペニスがビクン、ビクンっとリーナの膣の中を暴れる・・・アポロの排出液がリーナの子宮を目指して大量に流れ出る。
その動きにリーナは幸せを感じ、その幸福感から11才ながらに絶頂に達する。
大好きなアポロに・・・アポロニアスの生まれ変わりをシルヴィアから寝取ったという満足感、足の不自由な自分のカラダをこんなに激しく攻め立てイカせてくれるアポロを心から愛してしまって、膣で子宮で感じてイッてしまったリーナ・・・。
隠れて見ていたシルヴィアもリーナの「アポロの精子でわたしのおなか、大きくしてっ」というセリフに同じオンナとして共感してしまい興奮の絶頂。
あぁ、私の最愛の男(アポロ)を盗られてしまう・・・。
リーナを妊娠させたくない、という思いがこみ上げ、心の中はアポロの精子の奪い合い。
リーナに激しく嫉妬。
そのリーナのきたない排泄物(大便)を口の中に入れ、苦い味と臭いニオイに興奮してしまっている自分に自己嫌悪・・・。
ついには「・・・っ!!・・・い、イクっ・・・ああんっ・・・ぅん・・・ん・・・・・」と激しくカラダをくの字に何回も大きく痙攣させてシルヴィアはイッてしまった。


■メニュー
アニメ体験談に戻る
TOPに戻る

オナニー観賞団
今日から一人オナニー禁止!女の子とオナニーを相互鑑賞でガッチリ高収入!

SMネット
SMパートナー・SMセフレと出会うためのアダルト掲示版

秘密の園
大人の男女が秘密の肉体関係を始められる不倫専門出会いコミュニティサイト


Copyright (C) 2009
ちょっとエッチな体験談