俺の姉ちゃん


ちょっとエッチな体験談モバイル

姉ちゃんは俺に対して異性の警戒心がゼロの人だ。
小さい時から俺の面倒をよく見てくれたし、母親と子供みたいな感覚だったのかもしれない。

姉ちゃんが風呂場から俺を呼ぶ。
「シャンプーが切れそう!新しいの持ってきて〜!」

俺がわざと扉を全開にして渡しても、「サンキュー」って言うだけ。
長々と姉ちゃんの裸を眺めていても、「寒いから閉めて!」って言うだけ。
俺が姉ちゃんを女としてエロい目で見ているなんて、思いもしないのだろう。

テレビ見ながら姉ちゃんの方に体を傾けて膝枕をしてもらったり、バレないように頭をオッパイに密着させても、「暑い!」って言うだけ。
姉ちゃんの肌の柔らかさや、いいにおいを堪能させてもらっている。


■メニュー
姉との体験談に戻る
TOPに戻る

筆おろし塾
童貞男性必見!綺麗なお姉さんと即会い!初体験!

Secret Love
秘密のセフレ・逆援助交際・不倫相手が見つかるアダルト掲示版!

My Slave
奴隷を求める男性とご主人様を求める女性のための無料掲示板


Copyright (C) 2009
ちょっとエッチな体験談